« CA州発、ダイソー、資生堂会社なども登場する:原稿の半分は完了 | トップページ | 山形県人会元会長Jack Y. Katou に圧力をかけた弁護士 »

2017年8月30日 (水)

Rafu新報らの裏取引とは知らされ無かった日系弁護士の存在

Hello there.

あ~という間にもうすぐ9月、CA州は依然すさまじい猛暑中です。
加害者の実名を大幅に削除した新原稿は、まとめが終わり清書に入りました。このケースの一番の悪質立場の姑息な作戦が笑えます。Rafu新報とは当地にある日系新聞社のこと、先代の時代は悪に染まることもなく本当の報道心のもと新聞社として恥ずかしくない立場でしたが、得てして2代目、3代目となると土台に泥を塗りたくる存在に成り下がり今やこの悪質新聞社が無くしてこのケースは語れないほど。新原稿を作成中いちばんお気の毒だったのは、Rafu新報の姑息な手段と知らず、裏取引の場に駆り出された日系弁護士男性とその依頼人達、、今のRafu新報の存在などは当地でも知らない人のほうが多いですね。廃れ過ぎ、、。其の新聞社が考えた、お粗末な作戦とは知らず、、風月堂(和菓子)の息子であるブライアン鬼頭も(先代の屋号にドロを塗った立場)が考えた浅知恵による裏取引、、同じ加害者の中でも、悪質弁護士には依頼しないで、この問題に真摯に受け止めた加害者も実は存在するのです。
eye
eye
悪質新聞社とともに行動をともにした元住友銀行(リトル東京支店)とボブ岩崎弁護士(元横浜岡田屋顧問)、デイビットラサール弁護士(依頼人住友生命トーランス、ゆり子アイリーン山川、のよ山川親子)、デイビットジョンソン弁護士(わたくしの元弁護士)らはRafu新報とともに裏取引作戦の乗った弁護士達です。そして、もうひとりの弁護士、悪質弁護士らの意向を知らされて無かった弁護士が存在したのです。元来、どんな社会でも誠実な立場を悪の輪に巻き込むのは悪質優先者らにも容易ではなく、ボブ弁護士らとしては自分たちの作戦に対して、其の弁護士が反対でもされたら、、という心配からもう一人の弁護士には交番に出向いてもらうのは裏取引であることは知らせなかったのですがね。、さぞかし交番に着いた其の弁護士は、、寝耳に水だったことでしょう。加害者の中での最悪立場は以下の通り、依頼人が悪質ならば其の弁護士も同じく悪質。
元住友銀行リトル東京時代の行員全員と裏取引に来たジョン中村
住友生命トーランス、ゆり子アイリーン山川(チノヒルス在住)
元横浜岡田屋、元渡辺支店長、ノヨ山川、トシ子ロイ、(サンタモニカ在住)
ブライアン鬼頭(交番関係者)
世木光夫、南加詩吟関係者
古木早苗健康食品店経営者(西南地区在住)
杉 葉子元女優(パロスバーデンス在住)
eye
そしてこのケースの張本人である3名、
今泉輝夫(アルハンブラ在住)
●駒野マサ子、サンビデオ(東京都出身)
桑原豊(モントレーパーク在住 山口県出身)
其の仲間である
渋谷栄、元しぶ長
●横山ヨシオ、小東京回転寿司フライングフッシュ
山中ノリ子、ピアノ教師、ミヤコイン2階レストラン勤務(バーバンク在住)
タチバナフサコ、ホンダプラザ、フランセス経営者(ブレンドウッド在住)
などは、こんな種類の弁護士に依頼した結果、更に最悪な状況に成り下がり、これらの加害者たちと弁護士らなどは、このケースが刑事事件とも知らないほどのお粗末さ、まして会社法専門弁護士ですからね。こんなケースを扱ったこともなく、、慌てふためいた結果さらに依頼人の立場が泥沼にハマり、、依頼費用が無駄になっただけですね。だからいう弁護士などは信用できない職種だと、、、。日系社会のみならず、世界に例を見ない偽善者の宝庫として、、海外在住者にも読み応えのある満載本になることでしょう。ひとえにわたくしの本が読み応えのあるものとしてくれたのはこの悪質弁護士らの存在と、Radu新報のおかげですね。ネタをありがとうというべきでしょ。eye 、、、ちなみに裏引きとは知らずに出向いた弁護士に依頼したのは、紀伊国屋書店の元店員ノリ子ホゲッテイ(Down Town店)です。Aug/30、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、eyeeyeeye

« CA州発、ダイソー、資生堂会社なども登場する:原稿の半分は完了 | トップページ | 山形県人会元会長Jack Y. Katou に圧力をかけた弁護士 »

心と体」カテゴリの記事