« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月 6日 (木)

ミレニアとケアライフ日系介護会社の悪関係度

Hello there.

日系社会の加害者達は同業者同士が多い、食品店のマルカイ、ニジヤ、ミツワの関係は密ににあるというように、、狭い日系社会ですからね、、同業者はお互いに無視するわけに行かず、、ということで、、それは介護社会でも同じでしてね。、ミレニアパーソナルケア社は日系最大と誇示していますが、社長の垂井は最初このケースで謝罪してますけどね。、その後が最悪、垂井自らが加害者になりと、、、謝罪の場で「あなた方も大変でしたよね、、、、ラフ新報と、交番勤務のBrian Kitouらの尻拭いをしているようなものですから」と伝える、、完全に偽善者の宝庫日系社会共知らず「Brianがそんなことをするわけが無い」と、、お気の毒なくらいのおつむの持ち主、、Brian Kitou (風月堂店主)なんぞは典型的な偽善者、其の結果、ミレニア社長の垂井が今度は加害者の先頭に立ち、、ミレニア所属だったケアライフのリチャード宮里を巻き込み、、リチャードは垂井じゃだめだと、、それを感じたのは正解でしたが、ミレニアから離れ、独自で会社を起こしたわいいが、依頼人が少なく、、介護士は登録しても1ヶ月以上も仕事を得られない状態だと介護士仲間は言います。
そして垂井の手下のような、Hope Internatinal介護会社、この経営者は韓国系アメリカ人、そのだんなが日系の医師で夫も加害者の一人です。Hopeは過去に受け付けが6ヶ月のうちに、10数名入れ替わりという会社体制は最悪でした。それをここで公表すると、介護士仲間は発信元がわたくしとは知らずに「聞いた聞いた、、まじやばい会社なんじゃない」と、、それからですよ、受付係の動きがなくなったのは恥をかいて学ぶ、、ですね。、、この会社も介護士を守る法律すら知りませんでしたので、それをわたくしがお伝えして、初めて知る酷さ、、。、そしてホーリーサービスの中島淑子と、ベストケアコネクションの早川忍とのつながり度、早川などは、依頼人の息子が独身だとわかると、自身の体を密着させ、、とハグと称したセクハラまがいの、、依頼を取るためにそこまでしてきた下品さ見るにおぞましい光景を堂々と、、、、、日系パーソナルケア会社なんぞとは名ばかりで、依頼人にはひたすら媚、仕事を得る、、介護士には家政婦並の仕事をさせと、、労働法違反に値するような、、、、、、April/5/17☂☂☂、、、経営方針が貧弱で、、社長の精神度がどしゃぶり雨的な最悪な経営者達のいきざまに続く。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー、

2017年4月 5日 (水)

ミレニア、CarLlife、Holly Service、Hope International, Bestcare等は加害者達

Hallo there.

わたくしは、当地California州にて職業がCaregiverというのはすでにここでお知らせしていますが、、。題名の日系介護会社は皆このケースの加害者立場です、、それも全社の経営者自らが加害者、、これらはそしてCaregiverを守る法律さえ知りませんでした。会社を経営するのは大変なのはわかりますけど、所属介護士を守る法律もわからずそんな程度で経営が出来たもんだ、、の一言です。これらの経営者は依頼人を得ることのみを優先、、、わたくしは近い将来、当地にて「Caregiverの輪」なる情報誌の発行をと、、考えています。得てして日系介護会社とは利益を得ることだけに重点をおき、安い賃金で雇い、ミレニアなどは日系一大きな介護会社と歌いながら、時給の低さも日系一、、そして依頼人にはへいこらと愛想をいい、そんな介護会社は言葉は悪いですが「クソ食らえです」。わたくしが情報誌を発行となると実名と思われますが、このケース以外のみ実名公開はありません。。
🌸
発行物の内容は
↓、
良質なCaregiverさんのご紹介
Caregiverさんを守る法律、
介護に関する悩み相談、
依頼人家族(仮名)のお話
トラブルメーカーCaregiverなどの情報
等、、、内容豊富です。
日本在の方には残念ながら誌は得ることは出来ないと思いますけど、、当地の介護士にとっては必見となるでしょう。誰もやらないことをやる主義のわたくしなので、今、考え中でございます、、。、🌸April/5/17。

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »