« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月22日 (水)

ビバリーヒルス在住と歌う「黒澤ひろみ」なるストーカー女からの電話再度

Hello there

どの社会にもかならず居るトラブルメーカー、わたくしの職業であるCaregiver社会にもたた居ます。前代未聞の日米のナース資格があるとぬかし、自分が連れてきたLAPDのPoliceを証人にさせたことにも気が付かず、、同行人と一緒に不法侵入したYumiko Isaki(sakiとも名乗る)女も犯罪まで犯したトラブルメーカーですが、、このケースの加害者であるBest Care Connectionの代表者早川忍、経営者が自ら所属介護士や依頼人を加害者の輪に巻き込む、、いやはやどんな性悪女なのか?と思うくらい、、其の忍の会社に所属する黒澤ひろみなる女性、、、今も尚もしつこく電話があります、、わたくしが以前ひろみに対してストーカー行為でPoliceに通報済みである以上は、わたくしの電話番号はメモし、注意をおこたりませんけどね。、この女は介護会社ミレニア、さくら、Best careに所属し、しかしどこでも非常識な言動をしてきたので、自然解雇のような存在、、、。それが今このケースの悪玉であり潰れかけ生き残りに必死な日系新聞社Rafushimpoのクラシファイドに介護歴20年と歌い、、広告を出していますが、誰が雇うのか見ものです。「シニアの介護をします、経験20年、LA近く」と、、すでに経歴詐称をしていますけど。
eye
eye
わたくしは以前彼女と
LA市内の西南区にて交替シフトになった際(24時間シフト)には、
●依頼人がアパート経営者だったため、
●依頼人に無断で空き部屋を自分たち(夫らしき人物)と住む準備を進めた
●介護はほぼ0点、
●依頼人が起きている間に自分のシャワーを浴びる、
●自分が使ったシャンプーやタオルはそのまま床に、おいたまま片付けもできない、、、
●夜には夫と称する男が依頼先に寝泊まりし、
●さらにその夫に食事も提供しもちろん依頼人に無断で与えていた、、
●常識的な介護士の場合は、依頼人が就寝後に自分の用事を行うもの。
●食事も下手で、お米を洗う際は手づかみで分量を料り、案の定固くて食べれない
●、鉄鍋で入りた卵をつくり、、依頼人は焦げで見る影もない卵焼きだったとぼやき、
●依頼人の荷物を漁り、小切手が紛失、
●非常識オンパレードでしたしね。、
その時には介護歴13年と歌い、、当時は2014年のことですけどね。となると今は介護歴(17年のはず)といっても毎年介護を毎年してきたわけでもなく、、ブランクのみ、。介護先に同居人を連れてきて食事代を浮かす、そして極め付きは自分はビバリーヒルスに住んでいると、介護をするにあたりどこに住むかは無関係で仕事をきちんとできるかどうかが基本ですからね。
eye
eye
詐欺師の典型的構え、聞いてもない話を自らで誇張したがるもの、日米のナース資格があるとぬかした不法侵入者Yumikoと同類です。その黒澤ひろみは同じくこのケースの加害者立場であるライトハウスの代表者込山洋一の無料誌にて「友達求む」と、、その際にも自分は結婚していると、友達になるのに相手が結婚しているかどうかは無関係、詐欺師とは相手を信用させるには誇張箇所は必勝ですからね。自分に自信がないだけに、。、、、一度ひろみと電話でもすれば意味不明の内容しか話さず人の話は聞けない人と分かります。、、友達どころか電話が来た時点で完全無視ですけどね。だれがなりたいかこんな女と友達に、、自分の立場がまったく理解不能、、。
日系介護士の要注意人物
黒澤ひろみ、、
●60才代、
●前歯がウサギのように飛び出ている、
●身長だけは高い
●車社会の当地にて又介護士として必勝な運転は出来ない。
●(626)354-43#0
●ビバリーヒルスに住むと、、しかし、住まいは倉庫のような建物の2階。
電話によるストーカー女、、さてさて再度またPoliceに通報しましょうかね。Best Care Connection'所属介護士として代表者早川忍名も書き連ね、、。次回は日系介護会社としては最大と歌うミレニア所属のトレブルメーカー日本人女性(神戸市出身)これ又非常識のみの介護士の情報、、今やミレニアにも見放され、キッチンヘルパーとして、どこかの日本食レストランで働くしか無い、、この女もミレニア社を騙していた事実があります。、、、いやはや介護士のなかにもたくさんいるトラブルメーカー達、、、、、しかし正直な仕事をする介護士もたくさんいますけどね。正直な介護士はむやみに自分を誇張しませんし、する必要も無いものです。Feb/22/2017-----------------------------------------------こんな最低な人間にはならないようにという見本をここから学んでくださいませ。

Bestcare connection 所属黒澤ひろみなる

2017年2月15日 (水)

日本国の政治家も間接的に加担したこのケース「小泉純一郎以下」」

Hi there.

この地球上では、例を見ない前代未聞の集団ハラスメントケースには、日本の政治家も間接的に加担しています。当地の日系社会は偽善者の宝庫ですからね。これらの政治家などは知らない間に利用悪用された側なのですが、日米のナース資格があると言いながら其の証明書を一切みせようとしなかったYumiko Isaki(Torrance在住)も自身の犯罪行為を自分が連れてきたPoliceがいれば、もはや自身の犯罪もなきものになったと薄ら恥ずかしい勘違いをして、Policeの前でわたくしを訴えると宣言しながら、いまだにわたくしはその訴状すら受け取っていませんけど、、、今裁判が始まったわけでもないうちから、あわてちゃって、、一人では何も出来ず、Yumikoの旦那かボーイフレンドなのかは存じませんが、一緒に不法侵入をしたその男が必死でYumikoから聞いた話を真に受けて、英語でまくし立てていましたが、「何を慌ててんのよ、」と、、「あ~そう訴えてくださるの、喜んで受けて立つ」と伝えましたが、、、YumikoにもここのBlogを紹介すると、、もはやなすすべもなく、自身の浅ましい言動を自分で証明したように、、不法侵入を犯した以上はもはや日米の看護師資格も剥奪でしょうが、、自分に自信や真実が無いものほど圧力で人を黙らしたいという低次元、Yumikoは自身の言動にて自身の過去の仕事先でもこんな悪態を優先してきたことも、今回の逆ギレでバレましたね。
ここでも何度も伝えているように、問題を起こして受け止める側にたったときに初めてその人の人間性が判明すると、、Yumikoでいえば? 自身の犯罪行為を隠すために、Policeを同行させれば自分の犯罪行為がそこで終了したとおもいこんだ浅はかさ、Policeを同行しただけ自分が損をし、、その自身の言動の矛盾点すら理解してないように、、Yumiko Isaki(本名かどうかも不明)公的職業人を持ち出す側とは自分では何一つ証明できない、、ならばPoliceでも政治家でもいいから、それらを盾に動けばわたくしが黙るはずだとおもいこむもの、、Yumikoの言動はすでに、この日系社会の逆ギレ次元をさんざんしてきたことです。たとえば安倍晋三の妻の実家が有名な森永系列社、、その系列で当地でパック入り豆腐を広めた男が居るのですが、2000年当時のこと、わたくし発行していたこのケースを取り上げた「玉手箱誌」にて、この男がこのケースに加担していると記載すると、それに慌てふためいた日系社会の偽善者共が当時の首相小泉純一郎や小泉側に属する政治家に賄賂を渡し、自分たちの会に出席させ、首相と親しい自分らがこんなケースの加害者ではないと思わせるために、その記事を載せたのが、このケースの悪玉Rafuchimpoなのはいうまでもなく、、。政治家などは無報酬でどこそこの会には出席しませんしね、多忙な分刻みのスケジュール、自身に実になる報酬がなければ、どこの馬の骨かわかないような集団のために動かないように、、。
そんな姑息なマネをした分、森乳豆腐の雲田社長(ちなみにわたくしは、森乳のっパック入り豆腐は食べたことがない、同じく加害者立場のハウス食品社の豆腐は食べていますが)、や他の偽善者どもの悪事などは、わたくしの出版する本に其の内容がそっくりそのまま記載するだけ、彼らの言動などは「ネタをありがとう」なんですけどね。「何を慌ててんのよ」、、とここでもいえますしね。
Yumikoや早川忍も含めて
一人では何も出来ない
つまり真実が無い以上は、手も足も出ない、、
でも、なんとかわたくしを黙らせたい、、
Policeや政治家を利用しようと思い込み、珍芸を実行、、しかし其の結果得たものは自分らの悪事を自分たちで証明したように、、無駄な抵抗、わたくしには圧力は一切効き目ありません。
それでもナニクソとおもったYumiko&早川忍もしてきたPoliceを悪用同様に、
雲田を含む偽善者たちは何かしないと自分の立場が不安でしょうがないと政治家を利用したのですけどね。また雲田らは小泉は当時の大統領Bushと親しかった、Bushも自分たちの味方になってくれると、、そこまで計算した上での小泉元首相を利用悪用したのですが、、、笑ちゃうほどの低次元。真実がある側は姑息なマネなどはしなくても100%の証明できますからね、まさに慌てる乞食はもらいが少ないの標語どうりに→「慌てる加害者に利益は無い」でしたね。この実話が日本の出版社からも本になれば、日本の政治家達の汚いお金の流れも明るみに、、、、。さらに日本の芸能人達も加担している以上は、、日本でも興味を持つ人はいると思いますが、、。
日米の看護師資格があるといいながら、、投稿名を変えて再度「びびなびロサンゼルス情報サイト」にて仕事探し、、。依頼先にて第二第三の被害者が出ないように、、わたくしが監視していきますわよ、、Feb/15/17ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017年2月13日 (月)

日本国サイドの加害者の妻の🎤松本伊代🎤が書類送検だとさ、、

Hello there.

知人からの情報で、「日本の松本伊代って知っている?」と聞かれ、「日本在住時代に確かにそんな名前の少女歌手が居たような、、歌はうまいとは言えないけど、芸能に関するなにか才能がありそうな子だったどけ、、其の子がなにか?」と伺うと、もう彼女もすでに50才くらいの大人に成長とは時のすぎるのは早いこと、「書類送検だって話よ」と教えてくれたのですが、ふむふむ、どんなケースなのかと伺うと、「線路に入り写真まで取りそれをBlogに堂々と載せた」というから驚きです。子供がそれをマネをしたらどうなるのか?人様にテレビを通して何かを伝える社会的な職業人が立ち入り禁止区域に入り、、それを公表とは、、自分たちの行動に何も責任も感じなかっ????、、、なんという愚かな行動でしょうかね。写真という徹底的な証拠がある以上は容疑を認めて当たり前ですが、。
🎤
このケースの日本側の加害者漫才師北野武が、、「自分の行動には責任を持たなければって、「ほざいたとか、「あんたがいうな~次元」です。」その松本伊代の夫で同じく芸能人のヒロミなる男も当地で起きた前代未聞の集団ハラスメントケースの加害者立場ですからね。ヒロミを遡ると、
歌手西崎緑
研ナオコ、それをさらに遡ると
当地にある無料誌のライトハウス社長込山洋一に行き着きます。
込山は、自社の誌に日系社会の悪玉代表のRafushimpo(このケースから廃業に追い込まれた新聞社)_から、頼まれた加害者である、杉洋子や西崎緑の記事を載せましてね、、何を今から慌てて加害者を美化したがるのが、、語るに落ちた版ですが、、
また研ナオコはヒロミだけではなく、多数の芸能人を加害者の輪に巻き込んだ日本側の張本人です。日本の芸能人や現役弁護士紀藤正樹、(紀藤はインターネット不正入力の犯罪者でもあり、簡単な矛盾点も理解できない程度の弁護士と判明しています。宗教にいまだに、、自分も犯罪者でありながら人様のケースを恥ずかしげもなく語るその非常識さ、、統一教会がどうのこうのあんたが言うな次元の一人です。)、弁護士会ではそれもひた隠し、調査すらしない、こんなのが弁護士会ですからね、日本の弁護士会も落ちましたね。其の犯罪を世間にバレなかればと延々と行う弁護士紀藤正樹の後輩弁護士山口貴士、揃いも揃ってても、足も手でず、、こんな前代未聞のケースは世界中を探してもないですからね、ただいまひとづてに日本側の出版社にコンタクト中、法に詳しい弁護士でも身動き出来ませんし、、北野武のような有名な芸能人でも同じく、、、なぜならば、一箇所が動けば、このケースを最初に作ったCalifornia州アルハンブラ在住の今泉輝夫を始め、無能弁護士4名(住友銀行を含む、尚住友銀行はこのケースからCalifornia州から撤退)による裏取引をLAPD分署で行われたことなどの、すべての加害者が動員されますからね。
🎤
慌てふためいて、わたくしをどうにかしたいと動き出せば、日系介護士派遣業代表早川忍やYumiko saki(日米のナース資格があるといいながら、社会的地位に属する医療関係者が、依頼先に「不法侵入&脅迫」まで犯したことの証明を自身でしたように、自分から慌てふためいてわたくしの行動を制止せたい、、無駄なのよ、その結果、得たものは自分で自分の犯罪行為を証明しただけだったように、、慌てるもの乞食はもらいが少ないと日本語にありますが、そんなに今から慌てたなさんなです。慌てなくても各ケースは絶対に逃げませんから。松本伊代ね、、、、あの少女がいまや中高年世代とは、、、まあ2度と同じ馬鹿なマネはしなさんな、、ですね。松本伊代に関係している芸能人及び、夫ヒロミも含めて、日本国サイドでも当地で起きた刑事事件を本として実名にて出版したいと思っていまFeb/13/17、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、年々加害者立場が悪質化するとここで、何度も申しているように、、出るわ出るわ悪態人間どもが、逆ギレをすればするほど自分の悪事を自分で証明、、改めて、、、、。
出版社をご紹介くださる方はぜひこちらに→、lalive305@hotmail.co.jpまで、。

2017年2月 8日 (水)

Yumiko I. Torrance在住の不法侵入事件墓パート3

Hello there

Yumiko I 
日米のナース資格があると言いながら、Interview時にはその資格証明書すら持参せず、普通に考えて自分は医者だの看護師だの弁護士だのというのであれば資格書またはその資格ナンバーは必ずありますからそれを提示するとか、、常識的に見て口だけでは何の証明にもならず、、日系社会でもこんな凄まじい次元の低い人はなかなかお目にかかれません。このYumikoは、自身の立場がまったく理解出来てない、このケースの加害者より、さらにすさまじい逆ギレ次元でしたね。介護士派遣業者代表の医療不正行為を含めてこのケースの加害者である早川忍と比べれば、忍のほうがまだまし。早川同様にYumikoも性格は悪く、自身の立場をまったく理解してない分、自分のためならLAPDを悪用利用してでも、正論を言うわたくしを圧力でだまらせようと、、そんなものはわたくしには一切通用しないことも知らず、、それを実行した日には、自身とボーイフレンドの不法侵入を自分たちが連れてきたLAPDが証人になったことも理解出来ず、こんなのが日米のナース資格がある、、まじ~???としか言いようがない。
🏥
Yumikoが仕事に関しても常識がないとわかった時点で「首」を言い渡し、荷物を取りに来てくださいとつたえれば、なんと言ったと思います? 「私物に触らないで、Policeが個人の私物には触れられ無い」といったというわけです。普通に考えて、すぐさま私物を取りに来れない場合は、、「お手数でも今は仕事がつまっていて取りに行けませんのでしばらく預かっていただけませんか? よろしくお願いします」くらいのことはいえますよね。ところが首にしたことに逆恨みしかできませんから、私物に触るなと、、で、、わたくしが「どこのPoliceが申したのか?そのPolice名をください自分で確認しますから」というと、それには一切答えられず、、常識的にみて、首になった人の私物を雇う側の我々が大事に管理して保管してあげる義務はないですからね。それを伝えると初めて自分の愚かさを知ったようで、、。Policeがいったなどというのは真っ赤なウソと自分で証明してしまい、、この手の人とはどこでもそんな辞め方をしているのでしょうね。
🏥
ですから、「いままでの依頼先ではそのような、あなたのやり方で通ったでしょうが私はそうは行きませんよ」と伝えると更に逆ギレをして、、LAPDのPolice2名を連れて登場、その際にはボーイフレンドの後ろに隠れていて、、私物も一人では取りに来れない小心者次元、Policeの登場で、Yumikoとしてはわたくしへ圧力を加えようとしのでしょう、彼女の連れてきた男をYumiko曰く、通訳者だといいながら、名前も名乗れない上に、家の中に入ってもいいかとも了解もえず、、不法で家の中に入り、Policeに向かいYumikoから聞いた話を其のPoliceに延々と庇う英語で伝え、、Policeは判事でも裁判官でもありませんけどね。何を慌てふためいて、そんなのは裁判所で宣誓してから主張すれば良いことを、、、、このボーイフレンドも常識も無い、、さすがYumikoの知り合い、類が類を呼ぶ非常識を自分たちで証明、ボーイフレンドもすでに加害者、、そして、、、Yumiko曰く、この家の依頼人の後継者にはお礼を言いたいと電話番号を知りたがっていましたよ、どこの世界に依頼先を脅迫し、不法侵入をした犯罪者にお礼を言われて喜ぶ人がいますかね?迷惑なだけ、、それすら理解不能、。
🏥
要するに私物を触れば犯罪だと、、Policeがいったなどという真っ赤な嘘がバレてそれを指摘されたことで更に逆ギレ、で、、なんとかわたくしを黙らせたいと、ボーイフレンドに頼み、自分たちの言い分を、今、裁判が始まったわけでもないうちから裁判所以外の場所でLAPDのPoliceに、自身の逆ギレを正当化出来たと勘違いをして、1日分のサラリーを払ってくれた後継者にもお礼をと、、、、どんだけ次元が低いのよ、、でしたね、私物を手にしてもお礼すら言えない、家の中に無断で入り込み、引き上げる時もなにも言わず、、非常識な人は最後まで非常識、、で、、わたくし、「あなたの弁護士名をくださいよ、、あなたがたでは簡単な矛盾すら理解出来てないですから、自分でコンタクトを取りますから」と伝えても何も言えず、、こういう性格の悪い人を本気で助けたいなんていう弁護士はどこにも居ませんけどね、居たら最後、わたくしが徹底的の其の弁護士の矛盾点を指摘し、許しませんけど。さてYumikoの逆ギレ次元は後継者にお知らせ済み、後は2名のLAPDのPoliceに詳細を郵送するのみ、、あなたがたは不法侵入の証人になりましたねと、いやはや驚きのナース(日米のナース資格保持が事実の話ですが)Yumiko I.Torrance Ave在住者、Yumikoのラーストネームは本にて実名で公開、、。こういう種類の人は他の依頼先でもこんな調子なのも逆ギレで証明されているように、、ナースが介護をね、、普通は介護職にはつかないでしょうよ、と知り合いが、、、、ナースの資格がありながら、ナースには就かず、、なぜゆえに「びびなびロサンゼルス版」で仕事探し、、???
、、Feb/8/17-----------------------------------🏥

2017年2月 1日 (水)

日米のナース資格があるという「YumikoーTorrance在住」の事件簿パート2

Hello there

さて、、
原稿全面書き直しにあたり、本日、出版社には、、アメリカ人、アメリカ企業、その他の南米系、アジア系、カナダ人夫婦などを含めて、彼らは原稿から完全に省くことのお知らせを出しました。もともとこんな日系社会が存在しなければアメリカ人や多人種もこのケースの加害者などには立ちませんでしたからね。これらの日系社会の偽善者達は一種のテロリストのようなもの、、アメリカ国を集団で汚してきたのですから。
📕
📗
さて、、世の中には非常識な人はたくさんいますが、、Yumikoは最初から最後まで凄まじい非常識な女でした。Yumikoと同じ言動したのが、このケースの加害者立場でもあるBest Care Connection代表の早川忍、、二人はみごとなまでに精神の悪さは瓜二つ、、忍もこのケースの加害者であることを隠し、それはLAPDには一言も告げず、、わたくしから事実を指摘されることの恐怖から逃れたいために、、LAPDを表に出せば、、わたくしが何も出来ないだろうと、、しか~~~し、わたくしなどは「あ~そう、じゃ良いわよ、あなたの犯罪行為をそれらのPoliceに知らせるまで」と実行すれば、、後はだんまりを決めるだけ、、。粗末の対処法しか持ち合わせて無い上に逆ギレ性格者ですから、結局、自分で墓穴を掘り、ここで公にされ、、大恥をかいただけだったように。
📗
📕
其の忍にウリ2つなのが、前代未聞の日米のナース資格があると歌う(証明書は見せ無い以上は今のところは自資格うんぬんは称ですが)、Yumiko Torrance在住、びびなび情報サイトにて、仕事口を探していた人、そこで、雇えば、、非常識差だけは一人前で、、まるで対処法が早川忍と一緒、反省は無く、ただ逆ギレにつっぱしるのみ、こういう種類は忍もそうであるように、自身の家族や友達も性格が悪い、Yumikoの男友達(一緒に不法侵入)もそうだったように、、では早川忍と双子?と思うくらい性格を持つ、自称ナースYumikoの犯罪行為をここで一足先に、、。本の表紙タイトルも変えます、「第1作めは日系社会は偽善者の宝庫」、そして二作目は「日米のナース資格があるというYumikoと男友達の事件」として、、Feb/1/2017------------------------📕📗

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »