« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月31日 (水)

ストーカー女、黒澤ひろみ「BestCare Connection所属」の詳細。

Hello there.

この刑事事件の容疑者立場である、BestCare Connection日系介護士派遣業代表早川忍の会社、早川自身もこのケースの最悪な加害者立場(Culver City)に所属するストーカー女、「黒澤(沢)ひろみ」なる日本人女性。わたくし以外の被害者が出ないためにも、女の情報をお伝えしておきましょう。
●ロングの黒髪、
●前歯2本が、うさぎの歯のように長く飛び出てる
●身長があり、水泳や自転車が得意と言う、趣味だけは「健康派」
愛想はとても良く
●他人からはそれだけでも「良い人」と思われがち、
しかし詐欺師ほど口はうまいというように、
●わたくしは愛想が良すぎる人はまったく信用をしてません。
●おしゃべりな人はとかく「2枚舌に多い」
●このケースでも加害者のほとんどが愛想が良いおしゃべりと判明してますしね。
●やたら愛想がいい人は裏に何かあると見て正解です。
自身が住む地域を意識して言う、ビバリーヒルス在住と、
●しかし一軒家の高級住宅とは違う倉庫のような集合住宅暮らし。
●住所だけは高級住宅を「連想させる」ことの認識あればこそ、
●聞いても無いのに自身の住所を自分から語りたがる。
●当地の介護士には必要な車の運転もできません。
●介護士ではない「夫」に、依頼人宅の用事をさせたがる、その理由は?
●夫婦で依頼人を信用させ依頼人宅に入り込むため。
夫はアメリカ人、ラーストネームの違う男女ですけどね
この女は「詐欺師」になり得る条件が揃いすぎ、、過去の介護の仕方からもそれが判明していますしね
「人を見たら泥棒と思え」、、とは、よく言ったもので、やたら愛想がよく親切の押し売りをしてくる人には注意をしましょう。実はこんな女だったと後から知っても後の祭りです。高齢者にとっては、この女から受けた被害があっても、肉体的&精神的にみても裁判で戦うだけの気力はありませんので、皆泣き寝入りでしたね。高齢者を騙すだけではなく、電話によるストーカーでは、「友達になりたい」思う人はこの地球上には居ないでしょう。電話の掛け方すら非常識で、、普通、友人ではない相手に電話を掛けたら、「こんにちわ」「今、お時間ありますか?」ぐらい言いますよね、それがこの女ときたら、自分の名前すら言わず、いきなり、くだらない話を一方的に長々と、、相手には一切話もさせない、、それでは鏡に向かって話しているようなもの、、一般社会の常識すら無い、だからこそ詐欺スレスレ言動が出来てしまうのがわかる。心身ともに弱った老人をターゲットにして、、世間にバレなければと延々と、、しか~し、この女もわたくしと出会ったことで悪運も尽き、、。 悪どい事をすれば、それと同じ位の「罰」が必ず自分にも戻ってくるもの。Aug/31/16ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー❌❌❌

2016年8月30日 (火)

Bestcare Connection所属「黒澤ひろみなるストーカー女、再出現」

Hello there.

このケースの加害者である日系パーソナルケア社代表者早川忍の会社に所属する女でわたくしに対して電話によるストーカー行為をするのがいるのですが、女については早川の逆ギレ次元優先で、早川がCulver CityのPoliceに通報したので、(自分の悪言動は隠して、)ならばと、目には目をで、わたくしもそのPoliceには、このケースの加害者立場であることや医療不正行為も、また会社に所属するCaregiver女から度重なる電話によるストーカー行為も含めて、逆通報したのですが、、、女はPoliceから注意を受けているにもかかわらず、またわたくしへの電話が始まり、。女の情報は、ライトハウス誌上に「話し相手募集」と載っています、このストーカー女、「なぜ自分が誰にも相手にしてもらえないのか?」が全くわからない人、、わたくしも一度、運悪く電話にでてしまったのですが、「女の性格が完全にずれているのがわかります」。
このストーカー女とわたくしは過去の介護先で一度交代時に(24時間シフト)、直接会ったことがあるのすが、特にかくひどい介護の仕方、介護経験13年を名乗るのが疑わしい位、
仕事中に自身のシャワーを浴びる、
●クックで使用した道具は出しぱっなし、
土鍋でスクランブルエッグを作り真っ黒に、
●ご飯を炊く時の目分量は片手、水もいい加減目分量、固くて食べれないと依頼人が。
依頼人宅の置物を無断でに売ろうとしたり、
●依頼人の小切手も紛失、依頼人のバックも下に落としたままでも平気
当時の依頼人宅はアパート経営者でしたが、
●空いた部屋を自分の「夫」と依頼人には無断で住む準備までした。
あわよくば人認知症を抱き込んで、介護に無関係な夫と移住むことまで考えた女です。
しかし、わたくしがこの女の詐欺寸前行為に一早く気がついたので、それは阻止できましたが。そして、早川忍が代表のBest Careで、運悪くまた再会(介護日誌上にて)、仕事上に必要だからと、わたくしも電話番号をその介護日誌に残したら、、私生活タイムにまで電話によるストーカーが始まりましてね。、普通に考えて、介護日誌とはあくまでも仕事範囲タイムに利用すべきこと、私用電話を仕事以外のタイムにする必要はないですからね。、もし依頼人が急病であれば、依頼人から早川に連絡がいきますしね。早川経由で我々介護士に連絡が来る仕組みですから、、普通、かかってきた電話に「出なければ自分とは話したくないんだ」と察しますけど、「折り返し電話して」と伝言があっても、かけ直さなければ、そう感じ取るでしょうが、し~かし、この女はわたくしが電話に出るまでかけ続ける、、わたくしは女からの電話は完全無視を貫きましたが、、、。そしてほとぼりが覚めたころまたですよ、。女は「自分には友達はいない」と言ってましたが、、、友達??、、できるわけがない、、、、女だから同性にストーカー並みの行為をするわけがないとはいえません。ではここでそのストーカー女の「友人募集」記載分をここでご紹介しましょう。
60才以上の方、友人になりましょう。West Sideのお住まいの方、話し相手、当方結婚しています。626-354-43❌0」、、紙面の「情報交換広場」なる項目にて、数ヶ月前記載中、しかし未だにわたくしにストーカーをするくらいですから、友人はおろか話し相手すらできてない証拠ですね。「誰が、、相手にするか?」 って次元の女です。早川や同僚の陰口から始まり、リタイア後は、農業をしたいだの聞きたくもない話を延々と支離滅裂な会話に付き合うほど皆、暇人ではありませんしね。次に電話がかかってきたら、早川の会社に所属することや、ライトハウス誌社名も含めて詳細なる被害届を作成し、刑事事件としてスタートです。さて、早川の会社に所属するほぼ50%の従業員がこのケースの加害者立場であり、早川自らが率先し、依頼人多数をこの事件に巻き込んだ張本人立場でもあります、そして、さらに最悪なストーカー女が所属存在したもんだ、となればどれだけまともじゃない会社ではないが解るというもの。ちなみにこのストーカー女はこの刑事事件には加担していません、なぜならば、早川も、女がトラブルメーカーだ知っていましたから、女とは密接にはならず1線を引きたことだけは「女にとっては幸い」しましたが。
Aug/30/16、、、、、、、、☏☏☏

2016年8月26日 (金)

「死のうとおもった?」と、高橋裕太なるレイプ犯の甘さ

Hello there.

いやはや驚きの自己中心人物と判明、「高畑裕太」←題名の日本国の俳優でレイプ犯、事件を起こし、その被害者には生涯の被害を遭わせておきながら、自分だけ楽になりたいだと「死のうとおもった?」 「甘えてるじゃないわよ」の一言です。「被害者には生涯をかけて謝罪をして行く」というのならわかりますけど、要するに自身が犯した被害には何も考えてないのがよくわかるというもの、同じく日本の俳優でもある母親が謝罪会見で、伝えていましたが、親も相当に甘い過保護、、「死のうと思った」と言葉を聞いたら、「被害者はどうなるだ」と、説教して当たり前ですけどね。自分だけが、今の状況から逃げ出したい、、自分が犯した犯罪の重さをまるで理解していないからこそ、起こした事件。このケースでは「親が責任を問うべきか?」、、一昔、同じく日本国にて幼児に対しての性的犯罪を犯した男がいましたが、幼児を誘拐し、欲望の道具にし、、欲望が収まればそれらの幼児数名を殺害したという冷酷な事件でしたが。その犯人の家族には結婚間近の妹がいて、事件発覚後縁談は破談となり、父親は自殺、他の家族はその地域に居られなくなり引っ越しを余儀なくされて、、と、、家族が事件を起こしたわけではないですが、、親も責任を追わせられる世の中、一般人でも、この家族のように事件による犠牲となりがちですから、今回は一応日本の芸能人と呼ばれる立場である以上は、親は責任を取らなくてはいいとは、言えませんね。母親の謝罪の場で見せた母親の過保護な間違った価値観も、かいまれましたし。
レイプ犯にあったかどうかの「計画性の有無」、、
何時間前なら「計画をたてた」と呼ぶのか?、例えば、どこそこへ旅行へと何週間前から休暇も取り、旅行への計画を立て、、準備完了と、、しかしいざ出発の数日前から、その地域で台風となり、交通の便に支障が出てきたと、予定日も迫っている、、休暇も変更できないとなれば、行き先を変更しざるにおえないとなれば? 急遽、その計画を練り直しますよね。 その新しい計画が終了したのは出発の前日だったとしたら? 期間に関係なく計画はなしえるもの。レイプ犯は、確かに計画を企てたのは事実。、、従業員を電話で呼び出し、サービス業である以上はお客さまの要望を断るはずがないとまして深夜となれば、ほとんどのお客様は寝ている時間、従業員もその時間なら希望品を届けても他の仕事範囲に支障は無いと思い、わざわざ、希望品を運んでもと、、この被害者女性が仕事熱心な方なのは解りますしね。それを逆手にとっての犯行である以上は計画性有り、、普通に考えて、その施設やホテルでは歯ブラシなどの洗面用品はセルフサービスである以上は、自分の必要な物は自分で取りに来て当たり前、それをわざわざ深夜に電話で呼び出し、ドアを開けたとたん女性従業員の手を引っ張り、部屋の中にいれ、手足を抑え込んたことも「当日から犯行を企てた」からこそ出来た言動、部屋を開けてそこに居たのが女性だった、と、、そこで初めて女性従業員が勤務していたのを知ったわけではない以上は、このレイプ犯の計画性は自身の言動ですでに明るみになっていますし、レイプ後、相手の受けた被害に無関係に熟睡できる自己中心的な余裕も加えて、「死のうと思った」という逃げの甘い考えの責任逃れ発言もさることながら、、本来なら女性の心情を考慮したら「無期懲役、終身刑」次元です。
人に与えた苦しみより、自分が死んで楽になりたいだ~あ?わたくしがその男の親なら、、「何を甘えてんのよ」、、と一喝しますけどね。ただこの母親に言えることは、息子が自分と同じ世界で仕事をした以上は、こんな卑劣な犯罪に染まることだけは決して無いだろうという信じたかった気持ちは持って当たり前ですが、、、各事件から見る、容疑者(加害者)と呼ばれる立場の「言動と矛盾点」、、AUG/26/16ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー❌❌❌
 

2016年8月25日 (木)

高畑裕太(日本の俳優でレイプ犯)と加害者の共通点

Hello there.

今や日本の番組をインターネット上から見れる時代、便利な世の中になりましたよね。特にわたくしは日本のニュース番組をよくみるのですが、、日本の俳優男が性的暴行で逮捕とあり、自分の欲のために、他人に被害を遭わせる、自己中な性格が見て取れますね。 ひところやはり日本の歌手や俳優などが、薬物で逮捕なんていう次元がいましたが、これまた犯罪ではありますが、「薬物使用」は自分自身の体に悪影響を及ぼし、それらを支える家族やビジネス関係者にも多大な迷惑をかけるのは今回と同じではありますが、、レイプとなれば、他人を自身の性の「道具」にしか考えてない事件は、もはや言語道断、容疑者はレイプ後は、Bedで熟睡していたというから、悪質極まりない、絶対に許されない事件。その被害者女性の精神&肉体的苦痛を考えたら、このレイプ犯には終身刑に等しい、なぜならばその被害者女性は今後も生きていく以上は、一生忌まわしい事件から離れることはできませんからね、。
👇
👇
とかく、
日本の法律は、犯罪者に対して「更生」の余地や可能性があるからと、被害者立場より、優先されがちですが、、と、、なればそもそも刑法事態不要というようなもの。刑罰を受けたくないのなら、犯罪行為を犯さないなんていうのは常識範囲です、いっときの快楽を求めた軽はずみな行動で、被害者女性はこの「傷」を一生涯背負って生き行くのですから、お気の毒です。、犯人がまだ若いし更生の可能性があるなんて考えるほうが間違え、、レイプ犯罪は「重罪」です。アメリカではレイプ犯に温情は無いです。性的暴行犯が刑を終えて住む地域では、実名を公開し、常に過去の犯罪行為を知らしめられます。誰しも人は一人で生きているわけではない、、、、必ず誰かしらの関係者が存在するもの、、それは親だったり、友人知人、ビジネス関係者だったり、、自身の欲望のために他人に被害を与えても何も感じない、もはや卑劣極まりない冷酷そのものです。どんな時も先のまた先まで見通して行動しないと、いとも簡単に「容疑者」と呼ばれる立場に成り下がるだけ、、わたくしが受けたこのケースでも、加害者等は自分が「容疑者立場」という自覚さえ無い者もたくさんいますが、、、、、。 Aug/25/2016ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー👇

2016年8月19日 (金)

弁護士や加害者の人間性は、、いとも簡単に「判明」するもの、

Hello there.

さて、
今回、出現した弁護士には、8月末日までの猶予を差し上げてました。わたくしがその弁護士に郵送した手紙の内容を見て、自分では依頼人を守りきれなかったことの「責任感」が芽生えたのかもしれませんしね。とかく各人間の本性が、かいまみれるのは、このような種類の問題を起こした時点で、それをどう受け止めるか?、その結果それらの人々の本性がはっきりと分かるものです。この日系社会で、とかく名の知れた立場のほとんどがこのケースの加害者ですが、それらは、自分たちが起こした問題から逃げることだけを再優先してきて、人に与えた被害などには無関心、、それを実行するためには同じような人間性を持つ弁護士を必死で探す、、まさに「その依頼人にその弁護士あり」と簡単にわかるような、、同じ人間性はいとも簡単につながるものです。
たとえば、
日本のTV局でも知られている、LAPDアジア特捜部元所属のJimmy Sakotaが、リトル東京1番街の風月堂経営者であり、リトル東京交番勤務のBrian Kitouの悪言動を隠すために、LAPDを利用&悪用し、Brianのために用意したニセの賞状を手にした写真(原稿にはその写真とともに記載済みですが)この男、、日系社会では街の安全を守る立場として、このケースをしらない市民からは、賞賛されていますが、なんてことはない、、ただの偽善者、、自分たちの犯罪隠滅のために無能弁護士4名とともども、裏取引の場を市民の税金を悪用し、、、、。先のまた先まで見通せない程度の弁護士作戦は完全に失敗に終わった、その結果、自分たちの依頼人は生涯このケースの加害者立場から離れることができず、、、、またそれらの弁護士名には出版にて、この「ケースを最悪な状況」にした弁護士としての汚名状況だけが待つだけとなり、、、、、。ニセの社会的地位などは持っている方が恥ずかしいとは思わず、、「ニセ」でもいいから賞賛されたい、、これは自分に「自信」がない証拠ですけどね。どんな種類の賞状でも一つでもあれば、それが自分を守ってくれると本気で思うからこそ、嘘100%の賞状や役職でも、、必死でしがみつく、、、元日本の女優杉葉子も、、裏取引の場にのこのこ現れ、、後々証拠になることさえ気が付かず、、自筆で名前を書き、、、.これらの偽善者たちのために、、新たに加害者立場にされたほうは、これらの偽善者どもの被害者ともいえますが、、BrianやJimmy、杉葉子らも、必死でその偽の社会的地位にしがみつき、人間で一番大事なことの意味を考えられず、、自分で自分の人生に❌をつけた加害者達でしたね。Aug/19/16,,

2016年8月17日 (水)

Top Lawyerと呼ばれている弁護士からのコンタクトagain

Hello there.

さて、
今泉輝夫(レストラン東京會舘出身、東京都北区立神谷中学卒、現在アルハンブラ市在住)なる前代未聞のホラ吹き男が起こした前代未聞のこの問題にて、いままで加害者側の弁護士がたくさん登場してきまして、弁護士力も全く無い者に限り、わたくしの住所へ、わたくしの言動を阻止したいがために、無意味な法律用語を持ちだして、、手紙を送ってきましたが、読むだけ時間の無駄ですから、最近は開封しないで、そのまま返送処置あるのみを実行しているわたくしです。今回、加害者と指摘して、動いたのが、日系アメリカ人を依頼人にもつのが、白人弁護士男なのですが、、第一法的対処を拒否したにも関わらず、、本日もわたくしに接触してきまして、「あなたの手紙はちゃんと読む」と言われましてね。、その手紙とは? 「他の弁護士同様に、、依頼人の矛盾点を指摘した内容と、、目には目を、、後は他の依頼人同様に第二ステージにて、移動あるのみ」とお伝えして、、。 その時点で、第一法対処は不要という意味は、この先、わたくしがどんな行動を起こそうが、痛くも痒くもない、あるいは、弁護士の存在をわたくしに示せば、、わたくしが黙るはずだなんていうのは作戦失敗を物語っただけ、、、、どちらに転んでも、もはやToo Late、、。
mailto
わたくしが加害者と指摘した立場に、反論するだけ無意味で無駄、、でもまあよろしい!、その弁護士が何をいまさら、わたくしに接触したいのか?、、見せていただきましょう。さて、この弁護士の依頼人家族の言動もすごい、、年々加害者の悪質さが増していますが、、日系介護会社代表の早川忍のように、自分の犯罪行為を隠して、Policeに通報し、「あ~そう、そうきたか、」、と、、じゃあ目には目をで、、忍の医療不正行為とこのケースの加害者立場も、そのPoliceに逆通報し、後から忍が大恥をかいたように、、、そんな作戦はとうの昔に、アメリカ人加害者が散々してきたこととも知らず、、、忍も加害者だから他の加害者と同じ行動と、、自分で加害者立場を証明しただけ、、、、、、。Policeも、自分達の言動のために、悪用&利用の世界、、まるで今泉とその悪の仲間達がしてきたように、、、、早川には「恥を知れ、」、なんですけどね。、、、さて、、わたくしは、、また忙しくなりますわよ、刑事事件を起こしていることの自覚の全く無い加害者やその依頼人弁護士が出るたびに、原稿作成をよぎなくされて、、Aug/17/16mailto

2016年8月16日 (火)

Attorney at Law、、日米の弁護士の呼び名

Hello there.

新加害者の弁護士は年齢的には若そうな男性弁護士ですが、弁護士のほうから「わたくしに接触したい」というのでこちらから依頼人に関するコンタクトをいれても数日遅れですので、あなたの依頼人の質」と「あなたでは依頼人を守れませんでしたわね」、、というお手紙を読むのも時間がかかるでしょう、が、、もはや返答のしようがない状態ですが。さて、日本では弁護士なんぞに「先生」をつける媚社会ですが、わたくしがすれば、依頼人が費用を払い雇ってあげている立場に媚てどうする?、、またたいした力もない身分でありながら、当の弁護士は先生とよばれて当たり前だと思ううすら恥ずかしいのがいますが、アメリカでは決して先生などと媚ませんし、依頼人や弁護士は、依頼契約をする前から自己紹介をすれば名前で呼びあいます。学校の先生にも「先生~」などとはいいませんしね。既婚者教師であれば「Mrs、、、」その後にラーストネームをつけたりの呼び名、、日本の場合、弁護士を雇う側の依頼人はいわば、同じ資格保持者の自動車修理工場に費用を払い、車全般に関する修理をお願いするのと同じ、なぜゆえ弁護士や政治家のみにこぞって先生よびをするのか?。摩訶不思議な社会、、わたくしなどは日本の弁護士であっても名前で呼びのみ、、そうすると先生などと呼ばれて当たり前だと思っている弁護士に限って嫌な態度や顔をみせ、「先生だぞ」を意識していますから、ムカ~とする弁護士もいましたね。
高額な依頼費用を払いながら、依頼人を守れない「弁護士は詐欺師」と同じ、そしていざ弁護士側の旗色が悪くなると、無駄な法律用語を書きならべ、自分の依頼人を必死で黙らせる、、、まさに詐欺師弁護士も一部ですが現実に存在している日本と覚えておきましょう。一般人は法に素人だと、、弁護士先生がいうんだからとそれを受け入れるしかないでしょうが、、、、当地でもそれは同じで弁護士ほど使えない立場無い法を熟ししている分、その法を悪用もできる立場ということです。わたくしはこのケースの被害者立場となり、、弁護士に依頼するだけ時間の無駄を確信。このケースを経て加害者側弁護士達がたとえ1万人位団結しても、、わたくしを黙らそう作戦はすべて、無駄な努力と思い知るだけ。それほど加害者側弁護士の考えることはすべてお見通しなのです。
Aug/16/16◇資格◇、、、、、、、、。

2016年8月13日 (土)

Attorney at Law による「依頼費用詐欺」の可能性にも要注意、

Hello there.

さて、
2015年から16年にかけて加害者となった男とその家族と弁護士、、本来弁護士とは日米間でも、多忙な人が多いですけど、、自分の依頼人に関するコンタクトであれば、「忙しかった」は理由にはりませんからね。よくいうあきれた種類の弁護士の言い訳、「忙しかったから」と、、忙しいのを承知で依頼を受けている以上は、それに関する連絡があればその日のうちに返信を怠ってどうする? です。 依頼人に関する電話もMailにも時間を当てる暇は無いけど、食事をする時間はあるなんていうのは言い訳でしかない。そのための依頼費用ですからね、わたくしが前に依頼した韓国系アメリカ人弁護士は(この弁護士自身も加害者に成り下がり、原稿に実名あり)、事細かいに費用の明細を送ってきましたよ。⚖、ミーテングと称して、何時間費やしたと、、しかしそれは文章上だけであって、我々依頼人にしてみたら、本当に自分の依頼のための会議かどうかわかりませんものね。中には他の依頼人の会議かもしれませんし、自分のコーヒーブレイクタイムを会議だとしても、、判断しかねますでしょ。しかし、後からどんな種類の弁護士だったかの判断ができれば、その明細書も疑わしくなります。
ですので、わたくしはその弁護士には依頼事項のどの内容部分の会議だったのか?
根堀葉掘りききましてね、それで弁護士が言葉に詰まりった時点で、明細にある会議1時間というのも、、明らかに嘘だったのが後から判明していますしね。現在当地にて数年の経歴がある弁護士の時給は最低でも、$300(3万円)が相場だそうです。 その高額時給が、なんだかんだもっともらしい会議だと言われ、、どんどん差し引かれる、、詐欺のような弁護しかできないのに、肩書だけは一人前の弁護士たち。そんな種類の弁護士依頼するだけバカをみるのは依頼人でございます。
誠実な弁護士であれば、
会議に何時間費やしたと明記後
その会議内容は以下の通りだと補足文章があって当たり前なんですけどね、ただ、たんに会議と称して数時間費やしたと数百ドル差し引き(預け金は前払い)スタイルでは弁護士なんぞはどこでも「会議」をしたと嘘も言える職業です。そうさせないためにも、「会議」と明記があれば、依頼人は遠慮は無用です、その弁護士には根掘り葉掘り聞きましょう。その弁護士が言葉に詰まったら、更に厳しく追求、、そうしないと弁護士による依頼費用詐欺被害者になりかねませんから。、、、さて、、Top Lawyerと呼ばれている方に、あなたの依頼人の矛盾と加害者立場という名の手紙を郵送済みです。さてその弁護士はどんな反応を見せることでしょうか?Aug/13/16、、、、、、、、、、、、

2016年8月10日 (水)

「Top Lawyer」からのご連絡あり

Hello there.

今朝8月10日にて、
2015-2016年の加害者側の弁護士から、私が連絡を入れてから数日後にて、弁護士自らでご連絡をしてくれました。残念ながらすでにその弁護士の「質」もみえてます、またもや依頼人を守れない新弁護士登場となりましたが、わたくしはこれから、その弁護士の依頼人が100%加害者立場だという根拠と、その弁護士の言動で、すでに依頼人が窮地になったことなどを詳細にまとめ、その弁護士事務所のFAXをする作業にとりかかります。
📔
改めて言う
弁護士ほど信用ならん~職業は無いの一言です。このケースは世界でも例を見ない前代未聞の刑事事件ですから。、必然的にCA州の弁護士が全員集まったとしても、興味深いかもしれませんね。その弁護士とて、それは同じですが、、一応どんな種類のTop Lawyerなのかは存じませんが、それに敬意を示して、弁護士にFaxした後、ここでどんな弁護作戦だったのか? すでにその弁護士の依頼人は100%逃げられない加害者立場側という根拠などをご紹介しましょう。では、、Aug/10/16📔

2016年8月 8日 (月)

逃げた ?「Top Lawyer」と呼ばれた男弁護士

Hello there.

さて、、新加害者側の弁護士自らで、「わたくしと話したい」と言いながら、こちらからその弁護士に何度か、ご連絡しても応答なし、「あなた、何年の弁護士歴ですかね?」などといわれたことで、、自身の弁護士力を思い知ったようです。小さい犬ほどよく吠えるとよくいったものですが、この弁護士、人を介して一応、自分は弁護士だ、といってみたかっただけ、、、しか~しわたくしなどは加害者側の弁護士の主張など、はなからその程度とわかっていますから、、、。
XXX
XXX
この手の上辺だけの弁護士は、
とかく、なにか言わないと気がすまないものなのです。自分という弁護士に向かい、わたくしのような言い方をする人はありえないとおもっていたようです、、自分でわたくしと話したいと言いながら、その本人のわたくしが、誰にも媚びない主義とも知らず、こんな言葉を投げかけられ、、いまさら自分の見解とやらをわたくしに言うだけ無駄と察したのでしょうね。こんなのが、Top LawyerになれるCalifornia州Barなのですから、、。ご連絡を入れて、早3日目、いまだに弁護士からのお返事も無く、、、。弁護士を選び間違えた加害者という逆ギレ次元依頼人と、圧力専門弁護士が手をリあって、自分たちの方から、わざわざ、崖から飛び降りたような結果になっただけですね。お二人には、「はいはい~無駄な努力をご苦労さん」とでもいいましょうかね。XXXXXXXXX、、、Aug/7/16、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、弁護士ほど使えない職業は無い、、、その弁護士名とは? 次回に続く。

2016年8月 6日 (土)

いまだに、応答無しの「Top Lawyer」を名乗る男弁護士

Hello there.

今回の加害者は、
West LAに近い、Culver City在住の日系アメリカ人男とその家族です。ですから日本語のこのBlogさえ読めません。それが最悪な道へ行き着いたことやもありますね。、さらにもともと性格が悪いのもあります。また選んだ弁護士の肩書重視だったため、と、さらに肩書とは裏腹にその弁護士には依頼人も守る「力」もなく、と最悪な3銃士に。、、、。わたくしが何度かここで申しているように最近の加害者はだんだん悪質化し、それらの弁護士もさらに弁護士力が無いのを、わざわざご自分で披露目に来て、、、一応「弁護士だ」を名乗りたがる、そして他の加害者側弁護士のように無意味な圧力のオンパレード文章を作成したがるものなのです。弁護士なんぞまるで信用していないわたくしは、、やはり間違えなく、あなたの依頼人は加害者だとあなたが証明しているじゃない、気が付きません?と言える訳です、、。
???
???
その弁護士、ご自身でわたくしとコンタクトをとりたいと言いながら、いまだ、なんの応答もせず、、わたくし、その弁護士にも「あなたは何年の弁護士歴ですかね、簡単な矛盾も理解できてませんけど、Fax番号をおしえてくださればあなたの依頼人が100%加害者であることをあなたにも理解されるでしょう」と伝えてあります、、そんな程度で「弁護士だ」なんて名乗りなさんな、、聞いている方が恥ずかしいと、もし、次回伝えたら、さてその弁護士の反応はいかに、、、、。、これらの加害者家族も、その弁護士も、今泉輝夫率いる悪質な加害者とその彼らの最初の弁護士の実力の無さがなかったために、2015~16年にまで加害者が増え続け悪の巻き込まれたようなものですが、、、California州のBar Memberなんぞは、90%がこんな程度です(交通事故、移民、雇用問題専門弁護士以外は別ですが)。当地では宇宙へ行くより良質な弁護士を探すのが至難の技。まずはいないと思ったほうが良いということ、「弁護士ほど使えない職種は無い」と改めて判明です。それを証明したのがこの加害者の彼とその弁護士登場で。その弁護士は男が住むCulver City市内に事務所は無く、更に北東のVentura方面の弁護士です。さてその弁護士から、応対があれば、それもここでご紹介致しますね。Aug/6/16,,,,Top Lawyer ???????

「Top Lawyer」の肩書を持つ弁護士の実力は「無い」に等しいもの

Hello there.

このケースから悪質かつ無能な弁護士をたくさん見てきたわたくしだから言えること、、今回の新加害者の弁護士は、Topレベル弁護士とインターネット上では歌われていますが、、わたくしの感想は、、「どこがTopなのよ、Topに選んだ側は節穴ね、」と、、言いたい、今までの加害者弁護士と同じ次元、、、。とかくTopだのと、さも実力がありそうな肩書を持つ弁護士ほど当てにはならないもの。わたくしへの異常な執念でインターネット上で不正入力というストーカー行為をする(この男もこのケースの日本国サイドの加害者立場でもある)日本の現役弁護士紀藤正樹も実は日本の弁護士雑誌にそのTopという偽の称号を受け満足している側なのですが、この男の弁護士力もまったく何等しく、、警察が先に動いた事件しか扱わない、、なぜならば自分のお粗末なで事件の全容を考えないで済むから、この男の弁護士姿勢は、自分の名誉を得るためには被害者を置き去りにして本気で都知事に立候補しようとした名誉欲の塊男でしたからね。自分で各弁護団長を名乗りながら、都知事は分刻みのスケジュール、、そんな過酷な予定立場にどうやれば被害者をも、もれるのか、、要は被害者立場も自分の名誉欲のための道具でしかない、、それさえも全く気が付かない次元の低さでしたから)、何を持って「Topなのよ、」、弁護士という詐欺師でのTopなら「正解」ですけどね。
👀
👀
今回のこの弁護士
Susan K. Hori
紀藤正樹の3人は、各地域の弁護士会では「Top」だとさ、、
👀
👀
得てして「美化表現」でさも実力があるなんていうのは、そもそもその「美化言葉の飾り」がないと弁護士業一つもまともに出来ないというようなもの。さてわたくし流辛口伝言をその新加害者側の弁護士に、送るための作業にとりかかります。それを読めばその弁護士もすでに反論するだけ無駄を思い知ることでしょう。またこの依頼人の母親は、他の刑事事件を起こしています。老人虐待、不法滞在者を匿う、、家族総出で精神が変、、自分の子供すら守れない親とその弁護士でしたね。と、、その弁護士にも伝えますが、、このケースで逆ギレをする加害者側の弁護士は自分らの依頼人は守れません、、さらに最悪な道へ導いただけ、、その見本が、1997年集団訴訟時に裏取引をした弁護士達には、弁護士としての先のまた先まで見通せる弁護士力が全く無かったですからね、あの時点で、弁護士たちは依頼人をさらに、最悪な状況へ導いただけだったように、、、、、美化表現に頼る弁護士を根拠を持って黙らせることは大得意のわたくし、、「そんな程度で弁護士を名乗りなさんな~」です。 さて、新加害者の依頼人を持ち、弁護人自らで依頼人とその家族をさらに最悪な状況へ誘導しただけの弁護士名は? 、、(すでに新加害者家族名はこのBlogの何処かに登場しています)Aug/6/16、、、、。👀、👀、👀

2016年8月 5日 (金)

「Top Lawyer」=弁護士としての中身の低さが「Top」の間違えですわね。

Hello there.

わたくし、
今日、2015-16年にかけての新加害者の弁護士にコンタクトをとり、わたくし流伝言をお伝えしましたら、相手はそれきり、なにも答えず、、伝えた内容とは、、「あなたは簡単な矛盾点をご理解してませんけど、、わたくしがその矛盾点をお伝えして教えて差し上げますから、事務所のFaxナンバーをください、それを読めばあなたの依頼人が本物の加害者だというのがあなたにもお解りになるでしょう」と、、。普通の方なら弁護士からなにか文章を受け取ったら、マジで信じちゃうでしょうが、、わたくしは、あららら~またこんな程度の弁護士なわけね。はいはい証拠を提供してくれてありがとうさん、、、で、、感想は終了、、、と何度もここで申しているように、、。 今はそのお返事待ちでございます。
👀、👀
👀、👀
この弁護士の「力」を分析すると、、
●依頼人の嘘を見抜けないのか?
●もともと、圧力専門のその程度の弁護士力なのか?
のどちらかでしょうね。こんなのが、Top Lawyerに選ばれたとは、世も末ですわね。
だからこそ言える弁護士などは信用して、高額な依頼費用を払うだけ無駄な努力とね。それらの弁護士の言動で自らの依頼人がまっ黒さだとわざわざ証明するだけ、、無能弁護士ほど無意味な法律用語をしたためた文章を送りたがる、しか~~し、自分らが作成した文章になんらおかしな点は無いと信じこんでいますから、、その作成した内容にたくさんある矛盾点すら、全く気が付かないお粗末さ、、今度、この弁護士のお返事が来ましたら、その内容もここでご紹介、、「あなた、何年の弁護士歴なのよ?、、」って伺いたいくらい。、Aug/6/16、、、👀、、👀

Top Lawyer、、、だとさ、、

Hello there.

今、
コンタクト中の加害者家族の弁護士が、巷では「Top Lawyer」と呼ばれているそうな、インターネット上にて、、「へ~こんなのが、、まじ~?」と聞きたくなるほど、お粗末な対応なんですけどね。そういえば、、2012年からのこのケースの加害者立場のCA州弁護士資格(不動産専門)を持つSusan .K Horiも、Top Lawyerだそうな、、、、どこを見てのTopに選ばれるのか疑わしい、Susanも自分の犯罪行為の矛盾点すら理解不能の弁護士でしたしね。「Top」なんてどんな基準で選ばれるのかわかったもんじゃない、、。
👀
👀
そして
今回、新しく登場した加害者側の弁護士も、加害者が陥る簡単な矛盾がまったく理解できない、すでにその弁護士の行動でその依頼主はさらに窮地に立たされていることも、その弁護士は全く気が付かない程度。だからいうCA州所属の弁護士などは90%信用できないとね。弁護士力ゼロ1人新たに、原稿追加はほぼ決定かも、、何度もいうように依頼人の暴走に乗るような弁護士は無能かつ悪質弁護士なんですけどね。その程度で「弁護士?一体あなた何年の経歴なんですかね?」とその弁護士にもしっかり伝えて、やれやれって感じ、その弁護士の存在で依頼主の性格の悪さが改めてわかりましたと改めて言える、「弁護士という法律家の詐欺師達」と覚えて正解Againでした。
👀
👀
今後はわたくし流辛口表現全開で、その「あなたのどこがTopなのよ?」といいたくなる弁護士とコンタクトをとりますが、、、加害者の弁護士なんぞを、根拠を持って伝えれば、無駄な努力をしたことを認めるしかなく、わたくしにとってはそんなこと朝飯前、、その成り行きによってはその弁護士の実名を出版より一足先にここにて公表することもありえます。このケースにてわたくしにものを申せる弁護士はまずいません。どんな著名&有名弁護士が出てきても、わたくしをだまらせることは100%無理。真実にまさるものは無いということです。こうお伝えすると、弁護士の意地にかけてと、、なにくそ~と思いさらに登場してきた弁護士がいましたが、、、更にその矛盾点を指摘すると、、あとはだんまりを決めたり依頼人から逃げたり、、。CA州では弁護士資格修得などはLaw Schoolへ行き、勉強さえすればなれるもの、、、いざ弁護士としてお仕事を始めた時点で、受けた依頼に対してどんな作戦を練るかで、その弁護士の力が判明、、今まで登場した加害者側の弁護士は皆、優秀とはかけ離れた、、「え~そんな程度で弁護士を名乗るマジ~?系」ばかり、、、。
👀
👀
今回の加害者も自分の言動を顧みず、依頼した弁護士のTopという肩書だけに惹かれ、その弁護士もすでに依頼人を窮地に立たせただけ、、その逆切れ次元の依頼人ともども奈落の底へまっさかさまに自分たちで落ちていきました。これからわたくしの作成する文章でその弁護士と逆ギレ次元の加害者は、それを思いすることでしょう、、読者のみなさまも、どうぞCA州の「弁護士ほど使えない職業はない」というのをお忘れなく、ーーーAug/5/16

2016年8月 4日 (木)

リトル東京の「とも子」なる女性と、、3つの新情報

Hello there.

さて、今回は3つの新情報のお知らせをしましょう、、。
一つ目は、わたくしが長年探してきたリトル東京で幾つかの飲食業を手掛ける「とも子」なる人物のラーストネームがようやく判明しました。その飲食店に勤める従業員立場がこのケースの加害者でしてね、経営者の氏名がなかなかわからずじまいでしたが、、.日系社会は狭い、へ~こんなところで、、と、、そのつながりがあり、、、って改めてわかりました。
二つ目は、私の被害に共感してくださる方経由で、今、弁護士探しをしていただいている最中ですが、その方も「弁護士は使えない」といわれる立場ですが、、松秀二郎(元Marukai社長)この男はMKKから社名を変更したようです。社名を変えても、腐りきった精神はそのまま、、さすが加害者社の代表各ですが、、。社名を変更しても後の祭り、本には顔写真がそのまま載りますけどね。わたくし、資生堂、ダイソージャパンを含めた日系企業と、松秀二郎も確実に訴えます。そのための弁護士探しをしている最中、加害者といえども社会人なのですから、起こした犯罪行為の責任はとって当たり前。
そして、3つ目の情報は?
でました、とある加害者側の弁護士が登場、、弁護士ほど当てにはならないのはこのケースでさらに確認できてますが、その弁護士も依頼人をすでに守れず、それさえも気が付かない程度、、自分は「弁護士だ」を強調してきましたが、、一応、今はその弁護士の依頼人に関する事項を、人を介してのコンタクト中なので、その弁護士と加害者の実名はここでは避けますが、、新たに無能弁護士として原稿に追加記載があるかどうか、、です。これらの加害者もすでに無駄な抵抗をしているのさえ気が付かず、、弁護士が自身の立場を強調し始めたら、、依頼人の犯罪行為をさらに自分で証明したようなもの。「弁護士だ」と誇示しても、わたくしからみれば、、「だから?」で感想は一環の終わりなんですけどね。、、、
次回はメンバーズカードを投げ捨てた前代未聞の加害者側の会員制マーケットの場合と、裏取引に参加したすべての悪党どもとその弁護士名を再度ご紹介、、彼らの問題の受け止め方が最悪だったため、、日本の芸能人らもアメリカ社会もこのケースに巻き込まれたのですから、このケースを作った今泉輝夫張本人(アルハンブラ在住、南加レストラン協会会長に祭り上げられた本物の偽善者)を含め一番最悪なメンバーです。、資料整理中の今、、出てきた、当地にある住友生命勤務の「ゆり子アイリーン山川(裏取引に参加)のお粗末な矛盾点100%のお手紙をわたくし宛に、、自身ではその粗末な内容の手紙でわたくしが黙るとおもったようですが、、加害者ならではの発想ともまるで気が付かず、ゆり子はその手紙にて自身の犯罪行為を証明したことさえ気が付かない、また、ゆり子の弁護士名を含めて、のご紹介です。、、さて、🐎、馬も毎回登場する、日系社会恒例の二世週祭が始まります。そのパレードの安全を取り締まる男が、今泉の次に位置する最悪な立場のBRIAN KITOU、、、そしてこの時期にリトル東京へ行けば、このケースの加害者が一気に見れます。★ではまた。、、Aug/4/16.

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »