« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月25日 (月)

PL教団幹部の娘、、、情報は加害者の早川忍によるものです。

Hello again.

West LA在住のAzamaなる女性、、
この情報はわたくしがBest Care Connectionに所属して居た際に代表者の早川忍から聞かされた内容です。早川もこのケースの悪質な種類の加害者立場ですが、自社の依頼人でさえも自分の悪言動の正当化のために悪の輪に巻き込む相当したたかな性格者、残念ならPL教団関係者もこのケースに巻き揉まれています。同じくWest LA在住の吉田サキ、ヒロシ夫婦の姪御さんに当たるそうです。この吉田家の息子も、息子の共同経営者たちも早川忍が加害者の輪に巻き込みましたが、、PL学園とは確か関西方面にありましたよね、高校野球で有名だとか、、.。
🙏
🙏
どんな宗教に入信しようが個人の自由、それを早川は肉々しく、Azamaと早川が同じ年令で相手が美人系なのが悔しかったのか、、「PL教団幹部の娘だから」と、、依頼人の前ではひたすら口からでまかせのおせいじ三昧、、ひとたび依頼人の居ない裏へ回れば、、黒人だの教団だのと、、罵倒三昧、BestCareを辞めた元介護士曰く「忍の性格は下品だから、、」と、、一部当たりですね。、下品な性格者でなければ依頼人を加害者の輪には巻き込みませんから、、。さてこのケースの加害者情報尋ね人として、某情報誌にこのPL教団幹部の娘について載せます。ちなみに早川忍は女性演歌歌手の一人に似ています。そのお名前を出したら演歌歌手の方にご迷惑でしょうから、、避けますが、、「あなたにあげる♪」という歌詞が出てくる歌手です。極道の妻なる映画にも出ていた方で、、こんな非常識なケースとは無縁の常識ある女性ですが、、、。
🙏
🙏
今回、尋ね人にのせる人は以下の通り
●九十九やすじ=板前(元桑清レストラン板前)
●河田志織=美容師
●山中のり子=元フランセス店員、都インレストラン、ピアノ教師
●森 まゆみ=元ライトハウス社員
●込山仁、純子夫婦=さぬきの里元経営者
●薄井ゆみ子の同僚だという方、今一度お電話を下さい。
●West LA在住のPL教団幹部の娘Azama
●やまだゆみこ、漫画家
●Jack Y Katou(元山形県人会会長、依頼費用を騙しとった詐欺師)
●今泉輝夫、妻はるよ、(このケースを最初に作った張本人)
等々です。前回はアリゾナ州、NY州、日本国からも問い合わせがありまして、ありがたいことです。🙏🙏🙏、、、、、April/25/2015------------------------

削除と付け足し要請も終了、後は出版社の構成成果を待つのみ

Hello there.

長年に渡り、わたくしへのストーカーのような日系社会の悪質な種類の人々がおこした前代未聞のケースでの壮絶な被害をまとめた原稿と資料、其の中から出版社が、これは外さないほうが良いとを前提で構成を手がけてくれてできたサンプルがわたくしの手元に届き、それでOKであれば、、または修正したい箇所や削除ページ、新たなる原稿があれば承りますということでしたので、ではと削除ページと付け足しページを出版社に提出し終わりました。本を出版するという工程はなかなか大変ですが、この世界でも例をみない集団による刑事事件はいよいよ公になる日も間近のようです。日系社会がひっくり返る位の加害者側の出演者達です。
📖
📖
ほんの一部ご紹介すれば、(なにしろページ100を超える大作ですから、、)
◆ロス事件を担当したLAPDアジア特捜部Jimmy Sakota、、日本国でも名前を知る人も居るでしょう、其の男が、、後輩のBrian Kitouのために、、まさかのLAPDや政府を悪用利用した捏造行為、、、、写真付き・
◆Rafushimpo社の訴状とこのケースの悪の見本と役割
◆Jack Y Katou、(元山形県人会会長)その妻が日系教会の牧師、、Jackの詐欺が世間にバレなければ、妻もそのまま牧師を続けていたとは、、、しかし、わたくしが被害にあったら最後とことんその追求しますから、、その結果その妻はどうしたのか、そしてJackは、
📖
弁護士という名の詐欺師達の実名と所属法律事務所名公開
◆ハンチントン図書館勤務の男の姉が不動産系弁護士で親虐待とこのケースの加害者、弟も加害者でそれに加えてセクハラ行為、、、。
◆Wesy LA在住PL教団幹部の娘、、この教団うぬんぬは介護士派遣業代表者早川忍からの情報ですが、PL教団といえば高校野球でお馴染みの名前ですよね、、とうとう早川忍の偽善行為に巻き込まれてしまいした、、。
📖
◆日本国側の加害者で、このたびHollywoodの映画会社と契約したという漫才師兼映画監督の北野武も加害者として登場となれば、映画会社から北野に対して莫大な損害賠償請求もありえますね。こんな事件の容疑者立場を隠しての契約ですから、本のサンプルが届く前には、日本国側の加害者も許して差し上げる予定でしたが、出版社のほうで、原稿に載せていたので、そのままの登場とあいなりました。この男自分の犯罪行為を棚に上げて、自身が講義をしている明治大学にまで、わたくしの汚名を広めた立場ですから、残念ながら明治大学名も本には記載済みです。
📖
Daiso-Japan 
Shelly Moritaによる「時効」の意味すら理解不能な次元、、などなど
偽善者の宝庫LAの日系社会、、さてその反響はいかに、、、、April/25/16----📖📖📖

2016年4月18日 (月)

羅府新報の記事から「敬老」にまつわる話し

Hello

新聞社としての廃刊まじかの羅府新報の記事内にて、
当地に「敬老=Keiro」という、老人介護施設があるのですが、というか「あった」のほうがただしく、現在は売却されましたからね。これも日系の市民団体などが敬老売却反対などと動き、、市民の税金で賄われている市議職などへの反対意向要請などで動いたり、こんなのも羅府新報と同じで只の会社としての経営がうまくいかなくなっただけのこと、民間の介護施設が、経営難におちただけのことを、敬老売却反対だのなんだのと、、大騒ぎして、また、、敬老が売却するにあたり今まで働いた介護士や職員らに一時金のようなものが支払われたらしい、、長年働いたのにこんな僅かな金ではとか、、、また女性介護士は口止め料だのと、、あさましい限り、、どこが敬老売却反対なのよ、、と、言いたいですけどね。、
eye
eye
民間の会社が、会社継続が難しいから同業者に引き継いでもらうのと一緒でしょうが、また売却後に南加日系庭師組合なる立場が、今頃になって売却反対を唱えて、、あらららら、、あなたがた今まで寝てたのsign02、、と言いたくなるような、、介護士などをしていると「敬老問題どうなったsign02」、、なんて聞かれることもありましたけど、わたくしは全くj興味なし、、たかが一つの日系介護施設が無くなるだけで、、何も大騒ぎする必要もなく、どこそこの市民団体が売却反対と、、自分たちはこれほど敬老に思いがあると、恩着せがましく、、ならば売却後にあたらしい施設運営のために奉仕活動社として何かお手伝いするとかすればいいじゃない、、売却されたからとはいえ、日系の老人たちが今後もそこで生きていく人もいるのでしょうが、、、、、市民団体を名乗り「敬老には思い出がある」と、、、そういう人らには、あなたがたは売却したら其の思い出は無くなるのか、、、と、伺いたい。わたくし何が嫌いっていえば、その時期に起きた問題に名乗りを上げて参加し、自分たちは、、恩着せがましくシャシャリ出て行動を起こし、自分たちも老人のために考えているよと、、
eye
eye
で、、売却後はこれらの人は、口を揃えたようになにもしない、本当に売却後の元敬老にて生活をしていく老人達のことを考えていたのなら、、売却後にこそ、何かお手伝いしたり、奉仕をしたり、してこそ、、、、、敬老売却うんぬん時などはお祭り騒ぎのように関わり、市民の税金を使ってまで、、たかが民間の介護会社のためにって、、、、羅府新報も会社としての経営が難しくなり廃刊しざるに終えないうえにこんなケースを作ったのも原因の一つだめのこと、、敬老も同様に、、、。これは例えば、日本国にて大地震が起き、すこしても何かお手伝いをができればと、、大震災に日本人の若者が、被災地に行き、土砂を運びだしたりして、、復興のためにと良い汗をながしたと、、これがほんとうの意味のそれらの立場への思い入れ、、売却後はこれらの市民団体の人々は、、どこへ消えたのか、、今もなにもせず、、、、。後ろ向き思考者とは得てしてそんなもの、その場その場のことしか頭にないで、、その後は、しらんぷり、、、どこが反対なのよ、、です。April/18/16、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

日系新聞社ラフ新報が廃刊、、大賛成

Hello there.

この刑事事件のなかでも最悪な立場である羅府新報、、この新聞社が経営難で廃刊だそうで、、、、わたくしは廃刊には大賛成。もはやこの新聞を読む人などはインターネットをしない老人のみ、いまやネットにとどまらず携帯☎を開けば無料で世界中のニュースが見れる時代に購読料を払ってまで見たいとは思わない新聞、、なにしろ自社のニュースはほとんどなく、このケースで家来となった共同通信、毎日新聞などの引用記事のみ、、現在の社長がマイケル駒井、、このケースを起こした時点で、廃刊になることはわかりきっていたこと、、、新聞社と言うよりは、購読料を払う読者を紙面で裏切り、捏造記事や自社の言動を正当化するためだけの新聞社、、経営難にさせたのは駒井のあさましい言動から、、そういえばわたくしの本のサンプルにも駒井及び羅府新報社の悪どさを数ページに渡り、、出版社もこれを外すなどとは考えられなかったようです。
📰
📰
駒井らが起こしたの問題の受け止め方の貧弱な発想が、廃刊へ、、自業自得ですわね。駒井が記事内で、経営難に至る理由として、家賃だの社員の給料だのと、、同情を引こうと、ただの経営者としての才能がなかっただけのこと、、、まあ本が世にでれば、、ますます羅府新報の値打ちなどは下がる一報ですかね、、新聞社と言う名の偽善社紙などはこの世に無いほうがまし、、こんな世界でも例を見ないケースの原因を作ったとも言える新聞社などは廃刊以外ありえませんしね。駒井はオンライン購読料を期待しているそうな、、6000人は必要と、、読者を騙すためにはなんでもする新聞社の記事など、見たいと思いますsign02廃刊に大拍手、、、12月にはそれが判明するらしい、、
📰
📰
得てして2代目とはそんなもの、、先代はそれこそ真実を記事にする本来の新聞社としての自覚を持ち、捏造なんて考えもしなかったでしょうが、、マイケル駒井が引くつぐと、先代のような苦労もいらず、次第にに名誉欲に走り、広告主へ媚、、、新聞社という自覚などはどこかへいき、、と、、ラフ新婦社と同様の最悪立場の交番勤務のBrian Kitouも先代からひきついだ3代目だそうです、、、2代目、3代目がこのケースの加害者に実に多い、、、ホンダプラザにあったミッキー世木時計店の加害者パトリック世木も親の代からうけついでの時計店、、そんな悪党が南加日系詩吟会長だと、、詩吟会員を騙し裏の顔を隠して、、まあ偽善者だからこそできるですけぞね。真の正直者に裏の顔などは本来ないもの、、いやはや驚きの、、偽善者の宝庫LAの日系社会、、、、April/18/16--------------------
ーーーーーーーーーーーー📰

2016年4月11日 (月)

「名誉毀損」CA州と日本国の法律相違

Hello again.

得てして
加害者とは自分の非常識な行いには見向きもしないが、わたくしがこうして実在名で、加害者名を記載すると、「それこそが名誉毀損だ」と言うお馬鹿さんがいますが、それをもうしたのがマルカイ人事担当の女性確か名前は星、、ホシの間違えじゃないのと言いたいくらいの粗末な次元者、、自分が採用したすべての人がこのケースの加害者に至る責任などはまるで考えず、、法律に関してなにもしらないのが人事採用担当社、。
📚
また
日本ですと、事実であってもなくてもこういう場合は名誉毀損になるそうですが、我が州CAでは事実であれば、それはTVや新聞報道と同じで、名誉毀損には値しないのです。またこれは表現の自由にも値しましてね。わたくしの出版同様に、、Blogでも実在名を書かれたと憤慨するのならば、自分でこのケースの加害者では無いことを、詳細に根拠を持って立証しなければ、、「あんたこそ名誉毀損だ」などというだけ、自身の愚かさを物語るようなものなのです。当地の弁護士でも、これさえもわからいボンクラ弁護士が沢山いましたが、また出版社では、このケースの内容とわたくしから加害者へのアドバイスという記載もありましたね。
要するに原稿をよめば、、このケースの原因と、それらの加害者へのアドバイスなんだよ`を理解して受け止められるということですね。
📚
しかし
まあ日本の刑法事態のお粗末さ、、何千十年前の刑法なのよというくらい、、刑法言葉とその使い方すら間違っていますからね。どなたが考えたのか、、事実であってもなくても、社会的地位を落としめられたって、、、クレッションマークが何十個も飛び出しますわよ。事件を起こさなければだれもなにもいわないし、報道すらされない、誰の言動で、、をかんがえれれば自分の言動、、事実なら報道と同じ、、事実とは違うのならば、、其の詳細なる根拠を自分で示せ、其の上で刑法がなりたつように、、、わが州の法律を基本にされませんよ、、化頭さん法律家が考えたのか摩訶不思議刑法ニッポンですかね、、とりあえず、我が州の場合、日本の名誉毀損とは全く違いますので、あんたこそ、、なんて無駄な努力は自身のおろかさを改めて世間に知らせるもの、、マルカイの人事担当者のように、📚April/11/16ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー更新がなかなかできないために、、今日は記載2でございまた、。、

出版の本のサンプルが届きまして

Hello there.

出版社より、
数日前にわたくしの本の見本が届きました。
さすが出版社とおもうほど膨大な資料からこれこそがこのケースにふさわしい内容だという資料をノミネートしてくれてました。後は削除ページと加えたいページをだし、今年には出版されるでしょうかね。本のタイトルだけでも、人々の興味を呼ぶことでしょう。サンプルを見てこれがわたくしの今まで受けてきた被害の概要なんだと改めて、、。さてどんな内容が陽の目をみることでしょう。ほぼサンプル道理で削除に加えたいページも殆ど無く、悪質弁護士名も実名で、、よくぞそんな程度で弁護士を名乗れるものだというくらいの辛口記載記載ですが、、
📖
また出版社がノミネートした中には、日本のタレントと呼ばれる男とその関係者の実在名資料も含まれていました。北野武漫才師兼映画監督と阿川佐和子、、出版社がこれは記載したほうが良いのではというノミネートですから、そのまま記載決定です。それに、北野武はこのケースの日本側の先頭者加害者立場でありながら、自身の犯罪行為には見向きもせずにHollywood映画に、、どこまでも自身の名誉欲のためならなんでも、、わたくし何がいやかといえばそういう上辺だけの姿勢、、、北野も自身の従兄弟横浜岡田屋LA勤務時代の深川から悪の輪に巻き込まれた側ではありますが、仮にも映画監督であれば、、事実確認を怠るのは問題でしょう、、なのでシュパン者がノミネートした資料同様にこれは削除する必要もなく、、日本の北野武とその一味は決定事項となりました、あしからず。、、April/11/16、、📖、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、📖

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »