« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月28日 (月)

資生堂刑事告訴にて:、「資生堂社以外の個人名も必勝」

Hello there.

現在、弁護士より法律に詳しい方のアドバイスを受けながら、資生堂刑事告訴状作成途中ですが、資生堂社がテナントとして入るMitsuwa Market Place社も告訴状には必勝だそうです。渡辺嘉也、(死亡説がありますが、)Kamei North America Co.Ltd(元Wanoba Group Inc)、Torrance店の現在の店長岸本、Bruce R.Bailey名,などが告訴状記載の候補に上がっています。つまり資生堂Torrance店とSanta Monica店資生堂社がこのケースに関わる立場に至ったのは?、
Mitsuwa Market Placeは欠かせない存在ですからね。Mitsuwaをさらにさかのぼると1997年に集団訴訟をした裏とり取引の実行委員だったBrian Kitou(風月堂、交番勤務の偽善者)らに行き着きますから、今回は資生堂以外には刑事告訴はしませんが、、全加害者も同罪です。これらを加害者をさかのぼると全員が、裏取引をしたBrianと羅府新報、今泉輝夫とその悪質な弁護士らに行き着きます。このケースは世界的に見ても、とても珍しい刑事事件です、一つのケースに全員で加担となれば、、資生堂とのビジネス関係者の登場も必勝ですからね。
Shiseido Corporation New York
資生堂Torrance店
他、告訴状には欠かせない立場は以下の通り
Kamai North America Co.Ltd -Bruce R. Bailey
Mistuwa Corporation Torrance-Yoshiya Watanabe,& Kishimoto 店長
Daikichi Corporation
等はすべて同じ住所内です。
1815 West 213th Street #235
Torrance, CA 90501
刑事告訴を作成方法も、実に勉強になります。
わからないことは聞く調べるは常識範囲。この加害者達のように自分の力では一切調べない、事実確認はしないでは一生加害者立場ですから,そうなるとおのずと何も学べませんしね。近況ご報告まで、、Sep/28/15-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------◆

2015年9月27日 (日)

資生堂日本国本社への手紙

Hello there.

当地は暑い日がいまだに続きますが、さてこのケース、この問題を最初につくった
●張本人のTeruo Imaizumi(今泉輝雄)を始め、
●Rafushimpo、
●前代未聞の偽善者交番勤務のBrian Kitou、
●其の捏造を手伝った元LAPDアジア特捜部、所属のJimmy Sakota
などの姑息な低次元オンパレードでしたが、それらの尻拭いをするのは、日本に本社をもつ進出企業の資生堂社のみとなりましたが、ただし
●その重要書類を盗んだ連邦職員郵便局員には窃盗罪という新たなる犯罪も生まれ、当然の事ながら、政府には通報済み、いづれ警察にも被害届をだします、確たる証人もいますしね。
このケースの悪党共のすさまじいさは、世界的にも歴史的にもこの世に残ることでしょうね。こんな日系社会がどこにあるのか?。さて加害者の皆さんは、この先、資生堂が逆ギレをしましたら、すべての加害者たちは自分の意志ではこのケースに関係してきた以上は避けては通れません。こういう事実を伝えうと、逆切れをし脅迫だと騒ぐ低能児がいますが、脅迫?、其の意味すら理解できず、加害者一人が脅迫だといえば右へ習い、ではあなたがたは、「スピード違反をしたらチケットを切られますよ」「人を殺したら刑務所いきですよ」という事実に、だれがそれに対して脅迫だといいますかね? それも事の流れを事実にそって公表しているのみ、わたくしが受けた被害もこうしてBlog内でことの流れを公表していることにだけ、わたくしの情報にだけ敏感に反応して脅迫だとぬかすとなると、おかしなことになりますけどね。脅迫と申した時点でそれらの加害者は自分たちの犯罪行為を自分たちで認めたのと同格ですね。脅迫だと騒いだ方には感謝です。このケースが実際にあったと言う証明をしてくれたわけですから。
それに脅迫と感じながら警察には被害届けをだしのですかね?、前回のカナダ大使館員勤務のGrahamもおなじことをいいまして逆ギレですよ、ですのでわたくしは「どうぞ警察に言いなさい、ただし逮捕されるのはあなたのほうですけどね、これは刑事事件範囲ですから、あなたが公にしてくれれば、このケースの加害者全員がど動員されますから、喜んで受けてたちますので、」と伝えましたら絶句していましたが、、そんな次元の低い圧力で怯むわたくしなら、Blogや出版で事件のあらましを公表などはいたしませんけど、カナダ国関係勤務者でもそれですから、もはや自国へにげるしかないですね。アメリカ国外では住所確認は取れませんから。今は資生堂のみの刑事事件として書類つくりをしている最中です。其の重要書類を盗んだ連邦職員にも当然の事ながら資生堂とは別に責任はとっていただきます。何度も何度も、、まるで資生堂のように犯罪行為を繰り返す連邦職員、、冗談じゃないよです。
では
全加害者の中の最も悪質な種類の資生堂美容部員とそれを管理監督する立場の会社としての責任に注目してくださいませ。このケースの今回の刑事告訴は日系及びアメリカ企業を含めての其の責任を一手に引き受けるのは「資生堂のみ」ですが、ただしこの先も執拗な言動を続ける側には今後も資生堂のように、刑事告訴はありえますので、低次元の加害者とは、「資生堂が受け止めるから今後も執拗な言動をしても自分たちは訴えられない」と考えそうですが、そんな都合の良い考えなどは通らないのは常識範囲ですのでご注意をくださいませ。
●資生堂と平行し
●連邦職員
●Fedex社の窃盗事件がまちかまえていますし、
●その他の日米企業にも、
●日本の変顔の代表者歌手研ナオコらを含めて、
●日本国現役悪党弁護士などにも、それなりの、責任をうけさせますが。、加害者が無傷で済む世の中はございませんから。さて、日本国本社の資生堂の反応は? Sep/27/15-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------●

2015年9月20日 (日)

カナダ大使館勤務家族の逃げ情報

Hello there.

さて、
資生堂1社に対しましては、刑事告訴を起こすため、今はその最中ですが、他の加害者の中にはそれを加害者同士のつながりから聞いたんでしょうね、それがこのケースの加害者立場であるカナダ大使館勤務という属に言われているエリート家族の脱落絵図です。大使館、領事館勤務者といえば、自国の宣伝も兼ねている立場ですから、それこそ移民者と同じく、正しい姿勢でアメリカ国と共存して、さらにカナダ国を多くのアメリカ人に観光やビジネスで来てほしいという宣伝も兼ねていますよね。
その、Graham Familyが暮らすPlaya Del Reyの自宅を売りに出しています。証拠は(住宅に関する雑誌Digsにて)他人に多大な被害を与えておきながら、謝罪もしないで逃げ出すとは、、、さすがトラブルを持ち込んだ張本人立場、この男の妻は。、自身の犯罪行為を隠して、息子の学校(私立、Marina Del Ray)のAidをしているというから驚きです。学校も、児童の保護者も欺き、カナダ領事館職員も欺き、、後はさっさと自宅を売って逃げ出し、という考えなのでしょうが、そこが甘い加害者心理、今やインターネットにて住宅保持者は名前を入力すれば、どこに住んでいるか?などはすぐ判明しますから、こういう自分のことしか考えないようなずるがしこい家族は徹底的に、、。この男の妻の母親がトラブルメーカー、毎年NY州から孫会いたさにCaliforniaへ来ていたのですが、娘が無類のおしゃべりなのは母親譲り、母親がこのケースを娘夫婦や近所に持ち込んだ張本人です。家族の中に一人でもトラブルメーカーが存在すると、其の家族は加害者立場になるのも時間の問題ですね。カナダ領事館勤務夫婦とその義母によるのスキャンダラスな私生活と題して「本」ができそうです。エリートと呼ばれる立場にありがちな裏の顔、、「自分たちだけ逃げるだと?冗談じゃないよ」、、です。トラブルを撒き散らし、Playa Del Ray近所にも加害者立場を生み出し、それがバレたら、近所の人の今後の迷惑さなどは考えず、家族だけは逃げるだ~~~?、、どういう神経だとこういう絵図にたどりつけるのでしょうね。
個人や企業が、なにかしら問題を起こし、それを受けめる時期には、2パタンがあります。
★一つ目は、このケースの加害者側だった某会社ですが、加害者とは一切、歩調を合わせず、、逆ギレをしないで謝罪をすることを選んだ結果、今後は読者の皆さま同様に、第3者としてこのケースを拝見できる立場を選んだ側。
★二つ目、どこまで逆ギレをし、資生堂のように、濱田屋(Mitsuwa Torrance店内のパン屋、パンは日本風な味でおいしいけど、経営者と従業員が資生堂美容部員と同格)悪のリーダーの顔色を伺い、常に右へ習い、其の言動は自分で加害者と公表しているのと同じという簡単な理論も気が付かず、資生堂社と道連れになる覚悟だけはあるようですね。
さて、
またもやこのケース絡みのアメリカ連邦職員(郵便局員)による窃盗事件がございました。この件の加害者でもある日本の弁護士紀藤正樹(第二東京弁護士会)と山口貴士(東京弁護士会所属に関する資格剥奪書等の種類関係)および、資生堂社に関する書類を不正に届けませんでした。其の犯罪行為を犯したのがWestchester局員達です。この件は当然の事ながら、アメリカ合衆国連邦政府に通報します。この郵便局は最初このケースには無関係でしたが、2名の弁護士の資格剥奪書類などを配達するに当たり、日本の弁護士会からも、書類の関する手紙わたくし宛にとどきますよね、それに注目し、興味を持ち、私情を挟み、犯罪行為まで犯し、わたくしの手紙等を配達しない、郵送しないなどの行為は立派な犯罪行為です。尚、このケースの加害者にはたくさんの郵便局が加担しています。
以前、謝罪した会社とのやり取りの手紙等を配達しなかったり、無断で開封したり、原稿を盗んだり、これが世界一を誇るアメリカ合衆国を代表する連邦職員による言動か? とおもうほどのすさまじいハラスメントを受けてきました。(その他の州の郵便局やその他のCalifornia州内にある郵便局はこのケースには無関係ですが、大統領Obama氏も、ご自分が管轄する連邦職員は全員犯罪行為などには無縁と思っていたでしょうから、これらの郵便局は大統領も州政府も欺いていた卑劣な立場です。)加害者郵便局員が一丸となり、一個人のすさまじいハラスメントを繰り返すなどは言語道断、もちろんその当時もわたくしは州とアメリカ政府に通報し、政府関係者からのそれらの郵便局には警告をされ、あのすさまじいハラスメントはおさまりましたが、受けた傷は生涯忘れるものではございません。そして今回、新たなる郵便局員による不正をうけましたので、当然の事ながら制す関係者に通報します。その際にはこのケースの加害者でもあり遠隔操作で不正行為を繰り返す弁護士紀藤正樹とその犯罪行為を手伝った山口貴士と事務所所在地なども記載しての通報になります、、。
加害者側がどんな手段をつかって加害者同士をかばい合っても無意味、資生堂社のみに刑事告訴と考えてあげても、加害者とはあわてるもので、、逃げ出せば自分たちの犯罪からも逃れられるとおもったあさましさが、今やカナダ領事館勤務家族にも刑事告訴をしたいところ、大使館、領事館勤務者は犯罪行為を犯しても、それをのがれるてだてはあるようですが、義母と妻は民間人ですから、容疑者になりえますし、トラブルを撒き散らされた近所の人々ももはやこのケースから逃れることはできませんね。せっかく資生堂社のみにと考えて上げても、それを逆手に取り、、住宅を売りさっさとにげだす、、改めてカナダ国政府期間にもこの家族の悪言動を通報します。アメリカ国民をトラブルに巻き込みながら、解決する努力はしないで、逃げ出す努力だけは一人前とは、、こんな非常識な親や祖母の元に生まれた子供がお気の毒です。
新たなる犯罪行為を犯した郵便局です。
Westchester Station 
Los Angeles California 90045
カナダ領事館勤務の夫婦が自宅を売りに出した「情報誌Gigs-Sep/4号」より、この情報誌社もこの家族がこのケースの容疑者立場とは知らないでの、依頼を受けたのだとは思いますが、尚この情報誌は、Marna Del ReyのRalphsの外の無料情報誌ラックにあります。当地に在住の方はカナダ人夫婦の家がどこにあるかを見ることは可能です。
7*** Earldom St
Playa del Rey, 
California
この地域にもこのケースの加害者がたくさん在住していますが、トラブルメーカーの妻家族が越せば、住人も2度と加害者にはならないように気をつけるとは思いますが、住宅を選ぶコツ、近所に無類のおしゃべり人が住んでいないかどうか?、これ一つの見逃すと、このようなケースに巻き込まれるのは時間の問題、「無類」の意味は、どんな話題でも持ち込むという意味ですから、良いお話だけではなく、他人の私生活を覗きこむような話題から、人のイメージを下げるこのケースのような話題もなんでも、、無類」の本当の意味す。わたくしがこのカナダ人家族と出会ったのは2009年、仕事絡みから、当時からわたくしは、この妻には警戒をしていましたね、とにかくよくしゃべる、毎年1回、裏庭で子供の保護者を集めて、どんちゃん騒ぎ、それが夜中まで続き、他人の迷惑を全く考えないのはその時から感じていましたし。このケースの張本人である今泉輝夫の話を一番先に聞いて事実無根の話を広めたのが文化堂(小東京の日本風な土産屋)に勤務していたけい子、自分の息子はホンダプラザの2階にある伊藤仰一歯医者(加害者立場ですが)で、、と、、この女性も無類のおしゃべりタイプ、なので、このカナダ人加害者夫婦にはとくに注意をしていたのですが、、
とりあえず、
資生堂社には告訴、アメリカ連邦政府には新しい連邦職員加害者の存在を通報し、カナダ人妻と其の母親の住所も確保しているので、それにも、、日本の昔の標語で「慌てる乞食はもらいが少ない」とありますが、まさにこれですね、慌てた分、自分が損をするのは当たり前=自業自得、、それも他人を巻きこんで他人にも損をさせる、、、、これでも巻き込まれた方は2重の災難ですよね。、、またまた、いそがしくなってきました、、ではまたの更新時までごきげんよう、、。Sep/20/2015ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

2015年9月13日 (日)

資生堂社への刑事告訴開始時 「アメリカ資生堂と日本本社」:Part 3

Hello There.

酷暑のCalifornia州ですが、今日は風もあり、数日前の湿度付き暑さはいくぶんやわらぎました。
さて
資生堂日本本社の企業役員が判明、其の中には企業弁護士名もありますが、弁護士といえど、企業内においては、役職はあっても、社員と同格のようなもの、力を発揮できない、、このケースの最初からの加害者立場だったリトル東京にある「Union Bank of California≒三菱銀行」社の企業弁護士がいましてね。当時、其の弁護士が登場して、問題を受け持とうとしたらしいですが、悪質な銀行というのは、顧問弁護士の言うことなどはまともには受け入れず、「お前はだまってろ」的な圧力で押しつぶされてしまい、其の弁護士はこの件からひきずりおとされた形になりました。当時の顧問の指示道理にうごいていたら、Union Bank of Californiaは、刑事告訴状や原稿には記載されませんでしたが、得てして企業内弁護士とは企業の顔色を見ながら的な面もありますしね、顧問や監査役といえどこういうケースの加害者社となると、やはり他の加害者と歩調を併せるために右へ習いみを優先するものです。加害者ならではの言動ですね。
さて
資生堂日本本社の社員管理体制も有名企業にありがちな、会社名に溺れすぎて中身はカスカスな社員教育だったのも判明しているように、其の弁護士ももはや動きようが無いでしょうね。過去の顧問弁護士は「麦田」と言う男性でした。今回は「原田明夫弁護士」のようです、さてこの弁護士の資生堂社内での「力」はどのくらいなのでしょうか?お手並み拝見といきましょう。 1997年の集団訴訟で裏取引きに参加した横浜岡田屋の渡辺支店長は、苦しい言い訳に「当社は神奈川県横浜市にある岡田屋とはなんら関係がなく別会社だといいわけをしてきましてね、、そうなるとおかしなことに、、同じ社名で同じ商品を販売、お客様が購入した商品に何かしらの問題が発生した場合は横浜岡田屋店にて受けたまりますと、、パンフにはあり、、すでに手遅れですから、今やと当地から逃げラスベガスにビジネスを移動させています、、。現地法人である以上は米国社には違いがありませんが、同じ商品を売り資生堂社を名乗る以上は、無関係というだけあさましく無意味。簡単な矛盾が理解できないのが企業の支店長に抜擢されるとは、、社員を見抜く力もなかった横浜岡田屋です。未だに加害者のままから避けては取れず、、。
その渡辺支店長を補佐していたのが深沢というマネジャーを名乗る男、この男と日本の漫才師の北野武は従兄弟同士で、深澤経由で加害者立場に、こんなのが映画監督で、、この男も世界の映画界を欺いてきた立場ですが、、。まあいいでしょう、捜査員は日本国まで手が伸びないでしょうから、原稿には北野の名前は実名でありますが、刑事告訴状には名前はないです。日本側加害者の歌手研ナオコ名ももちろん刑事告訴状にはないです。この研ナオコも相当の狸でしてね、、。ドラッグ常習者としての犯罪者の前歴がありながら、救世主を語る、ライトハウス誌社の込山洋一経由で知らない間に家来として操られた立場とも知らず、、哀れな歌手です、自分の立ち位置がまるで理解出来てない、、この歌手も自身の器を過信したために加害者となりましたが、もちろん北野も研ナオコも動きようがないです。どんな種類の弁護士がたとえついたとしても、、。告訴時には米国内でもニュースになると思いますが、告訴したのはわたくしの名前も出るでしょうし、顔もでてもおかしくない状況ですしね。ただしアメリカ読売、アメリカ朝日新聞社もこのケースの加害者立場ですから、それらの新聞社からは取材はこないでしょうが、、。
以前
America Honda社の代表取締役の男は秘書にセクハラをしたとニュースでは、其の被害者の実名と顔が新聞に掲載されたように、多分わたくしの顔も名前も誌面やマスコミに登場すると思いますし、加害者の多くは、わたくしの現在の住所を知り得ていますし、わたくしの地域にも加害者が存在していますしね、それら経由からも、わたくしの住まいまでニュース関係者がくるとおもいますしね。いよいよ前代未聞の集団ハラスメントケース刑事告訴スタート時になりました。告訴状を受け取った資生堂であれば、また其の情報をこちらから読者に皆さまに逐一詳細にお伝えいたしますね。
どんな話も聞くだけならOK、ただし、その話によって他人のイメージを下げつづけ、他人の生活を脅かす内容であれば、その事実確認を怠り、1回でも他言すると刑事事件となり告訴&容疑者&逮捕になり得ることをどうぞお忘れなく。ただし耳にした話が事実であれば、それは新聞記事の報道と同じ範囲ですから、何ら問題はございません、事実確認は必ず取りましょう。トラブルにまきこまれないためにも、、。例えばこのケースの加害者たちは、自身の旅行の日程などは旅行会社などに確認をとれますよね、しかしこのケースだけは其の確認を怠り、、今があるように。なんでも事実確認は必勝です、自身の安全を守るためにも絶亭的に忘れないようにしてくださいませ。
刑事告訴後、其の成り行きをこちらから記載致します。では読者のみなさま、告訴にかけるタイムを優先し、しばしく更新はございません。また会う日まで。Sep/12/2015ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー▲

資生堂美容部員の悪言動経由で詐欺事件発生:★パート2★

Hello there.

さて
当地で発生した「前代未聞の集団ハラスメントケース」こんなすさまじい名誉欲の塊どもが集結し、世界中にある日系社会の中でもダントツの悪質な種類がリーダー各なのは当地だけでしょうね。皆で犯罪行為を隠せばって、、それしか頭に無く日系新聞社RafushimpoLAPD管轄内の交番勤務のBrian Kitouが自身らの犯罪行為を隠すために、ひっしになり、州政府や、LAPDまでも利用悪用の世界、さらに加害者である無料誌社の捏造記事を欠かせと、浅ましい限り(*Koubanという日本語がそのまま使用されています。)そこまでしても、わたくしには無意味な言動でしかなく、、悪が栄える時代などはありませんのよ、このケースにてどんな種類の弁護士が集結しても、全加害者が一丸となってもわたくしを黙らすことなどは不可能、、すでに姑息な手段で悪のかぎりをつくしてきてもそのすべてに寄って加害者達が自身の犯罪行為を自身で物語っただけのように、、、真実にまさるものは無いことをを自分たちで証明したようなものでしたね。ちなみに名誉とは自分の努力で得るものですけど、、悪の限りを尽くしてニセの名誉を得たところでそれがすべて枯れ木のごとくくすれ落ちた以後は、、人々から軽蔑の目でみられ、、家族&子供を含めて裏切り、、と、、自分のまいた種は自分で刈り取るだけのこと。
さて、このケースを完全に終わりにするためには
★加害者の中の1社が、そのすべての責任を取ってもらうか?、
すべての大企業全社に対して刑事告訴するか
のどちらかですからね。其の全加害者の中でもっとも悪質な企業の代表者資生堂社、「美」とうらはらな言動を何年にも渡り執拗に繰り返しおこなってきたのは資生堂美容部員でした、、美を歌いながらこのザマですから。もはや誇大広告のようなもの、まあしいていえば資生堂社の他の社員は、心身ともに美を意識しながらの生活や勤務態度を優先していたとは思いますが、得てして大企業や名前が世に出ている個人の中には自分の「器」を勘違いをする立場もいますが、、
こういう種類の問題を起こすと、其の会社体制や個人の「質」がはっきりと白黒ときまるものです。自分は世にも知られている会社だ、個人だと恥ずかしい勘違いをする側は、恥を知らない分、問題を放置してすませようとする、しかし被害を受けたほうは、其の放置でさらに多大な被害をうけつづけるとなれば、許せる範囲ではなく徹底的に追求をしてやろうじゃないのとなりますから、そうなれば加害者側にとっては、ひたすら深みにハマるだけしかなく、、自業自得の世界に自分から落ちていく、、こうなると誰の責任でもない、資生堂がMitsuwaMarketPlace経由で加害者立場に立ったとしても、、もはやMitsuwaという悪質な会社をみぬけなかったのは資生堂社の誤りでしかなく、Mitsuwaの従業員に「これを資生堂のお客全員に広めて」と言われたわけでもなく、美容部員が自分の意志で広めた以上は、、誰の責任でもないそして資生堂アメリカ社に通報すれば、其の粗末で貧弱な体制で、更にわたくしの被害が拡大となれば資生堂企業の管理にも行き着きますからね。
さて
資生堂アメリカ本社と日本本社資生堂社の受け止め方ひとつで更に大事件に発展ですね、資生堂美容部員の家来第1号を買って出たのはHobar City在住のKeiko MarumuraこのKeikoの夫Yasumichi Matumuraは当地の著名な音楽協会メンバーでしてね。名のあるアーテストと共演したなどと、それらのアーテスト名を実名で自身のBlogに載せていますが、、しかし、それらのアメリカ人をも、妻とともに欺いていたことが判明したら? 日系ミュージシャン偽善者第1号になりますね。このYasumichiは世界的ギターの名門社も語っていますから、まさにわたくしがいう恥を知らないとという項目にも当てはまりますね。Keiko経由で、アメリカ連邦職員も刑事告訴状には登場します,アメリカ国きっての大企業Bank of Americaや日系アメリカHonda社名も登場です。資生堂社が告訴状を受け取った時点でもはや動けませんし、対処するしか無いですね。アメリカ国初めてのケースが告訴状にて誕生です。その上、アメリカ人2名による小切手詐欺事件も発生していますから、アメリカの法律関係者にも興味を呼ぶケースになると思いますよ。わたくしは、自分一人でこのケースが事実であることや、その根拠を述べられますし、Lawyerを名乗りながら依頼費用だけ受け取り、あとはなにもしないで、逃げる次元の能なし弁護士なんぞは、わたくしにとっては只のお荷物で不要ですから。さて資生堂社はいかに、、ですね。
尚、Old Torrance市内で非常識な言動をしてきた日本人夫婦のKeiko &Yasumichi Matumuraには、他の方法で責任を取らせます。Keikoも、当然の事ながらもはや動けません。このKeikoの白人男弁護士も告訴状には記載しています。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーSep/13/2015★

2015年9月12日 (土)

資生堂美容部員の言動経由で詐欺事件発生:刑事告訴■Part 1■

Hello there

California州は酷暑中、ななな~んと90~100度は当たり前の毎日、このごろは動かなくても汗がダラ~と出て、、湿度もあり、まるで日本並みの暑さの今日このごろ、外で働く人はホントご苦労様ですと言いたい。LAの道路は交通量がひどくいたるところで陥没は当たり前、そこでは働く人々は本当に大変と、運転席から見てて思う日々でございます。
さて、資生堂本社のみに対しての告訴状も100%完成sh,後は法的目線の方が最終的に作成していただくだけとなりました。なぜ資生堂のか? 資生堂になった経緯を述べましょう。本来ならば資生堂がどこ経由でこのケースの加害者立場に至るのか?
■MitsuwaMarket Placeだろう?と思う方もいるとは思いますが、
Mitsuwa内にテナントとして入る中で名の知名度があるの資生堂であり、
■美学とは正反対の言動を長年に渡り継続してきたこと、、
資生堂にお客として店に訪れたすべての人に
■わざわざ加害者を増やす努力だけは怠らなかった事
1度でも事実無根の話を広げたら刑事告訴対象者ですよ、
■それが現在まで謝罪がないということは?
今も容疑者立場
■この美容部員は自分が他言すればお客の中には自分の思うとおりに家来かし
更にわたくしのイメージを落とすために他言する人がいるだろうと
■そこまで予測したからこそ、お客にわざわざという根拠がみえてますしね。
Mitsuwaなどは日系では一応名のしれている会社ですが、アメリカ本土で見たらMitsuwa?と全くの無名立場、資生堂名はアメリカの大手デパートでもブースがあるところあり、女性であれば聞いたことがある名前と、、s日系企業の中でも悪質極まりない言動をしてきたことが、このケースはをニュースにすることが刑事告訴の一番の要因でもあります、ニュースにもなれば、一方的な話しだけを未だに信じている加害者にも、それは知り得ますからね。聞いた話しとはちがっていた、、事実無根の話を広げると容疑者になり得ると知ればいいのですよ。
1997年に最初に訴えた約50人と其の無能弁護士らが、本来それをする立場でしたが、日系社会にためになる情報を世におくりださず、自分たちの悪言動を裏取引で、という経緯がありましたように。その尻拭いをするのは資生堂1社ということです。だれのせいでもない、資生堂美容部員の言動がもと、本来ならば美を売り物にする職業であれば、、たとえMitsuwaからそんな話を聞かされたとしても、自分の職業を常に考えていたら? ふかいりはしないようにしようと思ってしかりmそれがその辺のおばはん化し、べらべらとお客を悪の輪に巻き込み、、謝罪もない、、どういう神経で日を売っているのよ、、でしょうが。自分の職業さえも利用悪用したとはこれまた前代未聞でしかありませんね。自分の職業を意識していれば、いわば資生堂社もこの美容部員にあくようされた側ですけど、今までにも何度も本社には注意やけいこくをしていますが、全然治らず、、調停書を送れば右へ習い、、自社では何も考えずひたすら、、廻りと歩調をあわせ、問題をおきざりにしてきた会社です。
例えば
老人介護をする人が裏では自分の親や施設入居者に暴力をふるっていたら?
■法を守る警察官を名乗る人がが殺人をしていたら?
被害者を守るはずの弁護士だと名乗りながら遠隔操作を世間にバレなぇればと延々としていたら?
■教育者がドラッグや生徒に性的暴行をしていたら?
売上=給料に響くマーケット従業員がレジから売上を猫ばばしていたら?
というように自分の職業を常に意識している立場ならば、このようなケースの加害者には成り得ません。しかし資生堂はそれを得ねんとし続けた社員がいますし、それを監督する管理対応がお粗末すぎてことで、さらにわたくしの被害が長期化かしたのも事実です。せp・12・15-------------------------------------------------------------------------------------------------------■

2015年9月 7日 (月)

ほぼ完成◆「Mitsuwa Market Place内の資生堂に刑事告訴状」◆

Hello there.

California州はまたまた暑くなり、ムシムシしそうな気配、この暑さは、Oct/31頃まで、ハロインのお祭り当たりまで、、この陽気が続くこともあります。日本ですと、秋の気配で、お月見ですかね?、さて、刑事告訴状はほぼ完成、後は法的目線でチェックをしていただき、いよいよ、、第二法的手段が始まります
1度目は1997年にこのケースの張本人である今泉輝夫に対して、
◆其の流れで、Brian Kitou, 杉葉子、Rafushimpo等日系社会の偽善者達
と約50人へのの集団訴状を起こしましたが。、彼らには真実はないですから、
◆裁判で戦うわけもなく、悪質な種類の弁護士と、ロス事件担当のJimmy Sakotaらが裏取引の場を提供し、さらに真実がない分、戦う勇気などはこの先もないですから、50人のみに対しては民事では訴えられないように、そこまで姑息な作戦で、、しかし、このケースは刑事事件でもあることも知らず、裏取引をしたおかげでわたくしに確かなる証拠を提供してくれて、、ありがとうといいたいですね。これらの裏取引をした約50人の問題もそのまま第二段階へ行くということも知らず。要するにこれら加害者の弁護士全員は自分の依頼人を守れなかったということです。
◆◆
◆◆
◆◆
日本の大手化粧品会社である資生堂ですがそのアメリカ本社とMistuwa Market Place Torrance内に、、そもそもこの支店の販売員の非常識な客商売姿勢で起きたも、Torrance市内にまで汚名を付けられましたので、はっきり言って何度も何度も冗談じゃないよ気分ですから。今回は資生堂のみ徹底的に。資生堂美容部員から加害者立場に至る加害者は全滅ですね。もともとこのケースでは誰一人として動くことは不可能ですから。資生堂も裏取引をした50人の尻拭いを受け持つ立場となり、しかし誰の責任でもない自分の言動で起こした以上は、張本人今泉輝夫やBrian Kitou等の責任ばかりはしてられません。ただ唯一言えることは? Mitsuwa社の対応の悪さが招いたといえます。Mitsuwa社がビジネスのためにテナントトとして借すのなら、それらのテナントのビジネスが安全な環境で商売ができるように勤めるのが本来、スペースを提供する側のこころへですが、、、其の反对のことを長年続きてきた前代未聞のMarketといえますしね。、、要するには資生堂が刑事告訴されるのは、MitsuwaMarketPlaceの会社体制の酷さが原因です。
◆◆
◆◆
◆◆
資生堂刑事告訴状を「さかのぼる↑」 &、「下ると↓」と分類して、Torrance地区の各加害者企業名が「証人」として名をつられています。またいまだ異常な執念でハラスメント行為を続ける、黒人女性←(わたくしが住む地域の加害者)や資生堂美容部員の無責任な言動で「加害者&証人」にされたの主な企業名は?
MitsuwaMarket PlaceはTorrance市の一番の悪質な立場です
Shiseidou
21515 S. Western Blvd
Torrance CA 90501
Keiko Matsumura & Yasumichi Matsumura、Old Torrance市内にトラブルをばらまいた資生堂の客、Hobar City 在住
資生堂
NTT Docomo
KDDI
山本山
America Honda
◆Marukai
◆Nijiya
Tokyo Central
◆松秀二郎 元Marukai社長
小東京図書館
元Yaohan USA
寿司屋のかんぱち
Famima
Yoshinoya
新選組当地のラーメン屋
ひろの屋当地のレストラン
えびすラーメン
火頭山ラーメン本社北海道
スーパーヘルス健康食品店
Sumitomo Insurance
器の館ータジマ
濱田屋
三省堂(閉店)
CarelifeーRechard Miyazato (1度目は謝罪、2度めの加害者立場)
Sushi Boy
など多数
◆◆
◆◆
◆◆
そしてアメリカ系企業名は
Bank of America
99Cents only
Torrance Post office3箇所(連邦職員)
All States Insurance
など、他数のアメリカ企業名です。
この資生堂美容部員の無責任な言動で、小切手詐欺事件にも発生しています。告訴状チエック前の枚数が数十枚になりましたね。これを法的に見ると何枚になるかは、わかりませんが。資生堂の受け止め方で、これらの加害者たちはさらに2重のトラブルに巻き込まれる可能性があるということです。資生堂美容部員の非常識な言動がなければ、Torrance市内の企業らは加害者だなんて指摘されませんでしたから、このケースにて、これらの証人がなにか言いたいことがあれば、トラブルをばらまいたMitsuwaMarketPlace内の資生堂美容部員にどうぞ。Sep/7/15ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー◆

2015年9月 5日 (土)

日本の弁護士名も登場=「資生堂1社のみに刑事告訴」

Hello there
当地、
California州ではLabor Day~Indian Summerまでが一番暑いのですが、今年はすでにそれ以前に真夏日が延々と続きちょっと天候負けをしてしまいましたが、今週の日曜日&祭日には資生堂の刑事告訴状を作成し、法目線でチェックをしていただき、その後、いよいよ告訴です、残念ながら資生堂販売員経由で加害者となったすべての米国系&日系企業名は記載します。またそれを順に遡ると、日系社会の偽善者Brian KitouやRafushimpo等の実在名も登場しますが、、。要するに資生堂1社のみが、このケースにて1997年に集団で訴えた裏取引をした50名の尻拭いをするということです。資生堂も何年にも渡り執拗にまるでストーカーのようにわたくしの事実無根の話だけを信じてイメージを下げ続けてきた責任はとって当たり前ですけど。
さて
このケースには日本国の弁護士も加害者立場として加担しています。一人はなんどかその卑劣な犯行手口をこのBlogでも記載してきたましたが。この男、あぐら牧場被害者弁護団を名乗りながら、被害救済が完全に終わっていない時期に丁度都知事選が始まり、それにこの男のファンが都知事は紀藤さんでしょうと、おだてられたらその気になり、すぐさま立候補しようとしました、普通に考えて都知事とは分刻み機のスケジュールですよね、状sh気ある弁護士であれば? 被害者を置き去りにしてまで立候補などは考えられないとたとえおだてられても、それを理由にことわりますよね。ところが名誉欲の塊男は、おせいじも本気も理解不能、自分の名誉獲得なら被害者を置き去りにもできる、、あきれましたね、この程度が弁護士なんですよ。一般常識がない弁護士が、なぜ弁護団を名乗り出たがるのか? それはただひとつ、被害者も自分の名誉獲得のための道具でしかなかったとこの都知事選でも判明、非常識な男だからこそ遠隔操作で不正入力もできるわけですが、、。こんな男に最初から被害者救済なんて頭にもないです、すべて自分のため、、、それを自分の言動で証明していることさえ気がついていませんしね。 こんな程度が弁護士先生呼び。
第二東京弁護士会所属紀藤正樹、東京03-3515-6681
この山口は紀藤正樹の後輩弁護士、紀藤が無能なら後輩弁護しも同じ穴のムジナで簡単な矛盾も理解不能、弁明書がそれを物語、何も知らないと言いながら、矛盾点を指摘した以後、わたくしには反論すらできません。簡単な矛盾が理解不能弁護士に依頼したところで依頼費用を溝に捨てるようなもの。
東京弁護士会所属山口貴士、東京03-3515-6681
紀藤正樹と山口貴士とは懇意にありながら、このケースにて、急に懇意ではないといいだした男は、大阪弁護士会所属、この男と紀藤正樹のBlogには、自身らでお互いに親しい間柄と記載していますが、大阪弁護士会ではそれすら調べようとしない無能さ。壇俊光の言い分を100%信用した調査が届き、わたくしはまたもや、「早々日本の弁護士会とはこんな程度なのよ」と、改めて感じましたが
大坂弁護士会所属壇俊光など、
世間にバレなければと延々と、遠隔操作で被害を与え続ける紀藤正樹と、そしてそれを日本弁護し連盟が一眼となり庇うだけの次元、まるでこのケースの今泉輝夫を日系社会の悪メンバーが一眼となりかばったのとまるで同じです。弁護士会とその会長達が作成した粗末な調査結果、が、、紀藤正樹の犯罪行為があったことを物語ってしまいましてね。、こしかしそれを作成した会長は自分が作成した文章の矛盾点も理解不能でしたが。弁護士会会長というからどんなに頭脳明晰なのだろうかとおもいきや、、おやま、、こんな簡単な矛盾が理解できないのか、、と、、。寝言次元のお粗末さでした。
大阪弁護士会会長松葉知之
第二東京弁護士会長山田秀雄
日弁連春名一典など↓
自分で印鑑付きで作成した文面に何ら不自然がないとおもって郵送したらしいが、わたくしが見たら、あらまあ、、わざわざ、証拠を提供して下さりありがとうございましたとお礼を言いたいくらいです。自身が作成した文章の矛盾がまったく理解できない。要するに弁護士ほど当てにはならない職種をこれらが証明したようなものでしたね。たとえ日本のこの程度の弁護士全員が集結しても、日本国の弁護士会のお粗末さは闇に葬られません・加害者が考える作戦などは真実がない分隙間風だらけ、、その隙間風を防ぐためにさらに、この程度の弁護士どもが、粗末な知恵を絞り出して考えても、隙間風が更に大きふき、其の家はボロボロ状態、、尚、この弁護士会も各弁護士も動き用がないです。さていよいよ、、日米にまたがる加害者の数の多さと、、前代未聞のケースが、、、刑事事件として、この世にお目見えします。もしニュースになったら、その被害者はわたくしだとおもってくださいませ、多分告発者のわたくしの顔もニュースなど出てくることもありえますが、、、、このケースの被害者はこのひとだったんだと、読者にもお分かりになると思います。、ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーSep/5/2015☓☓☓

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »