« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月23日 (日)

告訴対象者ノミネート完了:今泉や元女優杉葉子、Brian Kitouなど

Hello there,

読者の皆さまおかわりございませんか? 告訴文章がまとまりました。その文章とは法的手段ですので、提出前には弁護士より頼りになる今の調停員さんに確認をしていただきますが。この問題を経て弁護士ほど悪質な職業は無いのと弁護力もまったくないことは確信できましたしね。今回は前回にもおしらせしたように、幾つかに分けて、、まずは資生堂1社、2つ目のグループは松秀二郎元マルカイ代表、Brian Kitou、杉葉子らと、この問題を最初に作った今泉等数名を刑事事件の容疑者としての告発です。ちなみに杉葉子のFacebookはこちらから
https://ja-jp.facebook.com/yoko.sugi73、杉は刑事事件の容疑者とも知らずにのんきに、悪質さは以前変わらず、自分で自分のずる賢い存在を浮き彫りにしてですかね、、。
以下は告訴書に名前を記載される対象者です。これらにもおのずと捜査の手は伸びるのは当たり前ですね。
●前回の裏取引に参加したすべての加害者とそれらの弁護士数名
今泉輝雄(この問題の最初の悪党)
=杉葉子(元東宝系女優、代表作:青い山脈)、
=Brian Kitou(風月堂店主、開業100年目とか、その後半20年を汚した男)
=David Y Kinoshita(元ヴァリグ北アメリカ総支配人)、
桑原豊(モントレーパーク在住)
駒野まさ子、(ビデオ屋勤務、OC市)
=柿本正子(元大和旅行社)、
=たちばなふさ子(2ND Street ホンダプラザフランセスコーヒー店)
=Mituso Seki (ホンダプラザ世木時計店主)
=Toshiko Roy (サンタモニカ在住元横浜岡田屋勤務)
=California Bank and Trust(元住友銀行、行員もそのまま引き継いだため)
=古木さなえ(広島県出身)など、、
=横山よしお(日本村フライングフッシュ回転すし職人)
=渋谷栄(元ヤオハンプラザ3階しぶ長店主)
=都ホテル&山中のり子(バーバンク在住)
●文化堂店主=小東京みやげ屋
●Minoru Motoyama=小東京小政店主(調停書を読まずに戻した男)
資生堂
Sushi Boy
House Food America,
松秀二郎(元マルカイ代表者)
●林店長(Mitsuwa Torrance市)
●飯沼信子(羅府新報、当地ではお金を積むと買える勲章類其の保持者です)
●弁護士Suzan K Hori 他、弁護士でありながら自身も加害者。
●Robert H Hori(ハンチントン図書館勤務、調停書を読まずに戻した男)
●リトル東京図書館、
●米国日系レストラン協会
●Union Bank of California (三菱銀行)
●Yoshinoya
●ファミマ(ファミリーマート)
●7&11(イトーヨーカドー系列)
●Kuragami花店 (Arameda Street 元ヤオハンプラザ1階)
●Mikawaya (故人フランシス橋本と従業員)
●松村けい子(元Michi Gift)
●込山仁&純子(元さぬきの里レストラン経営者)
●大黒ラーメン店(リトル東京、Takaaki Kohoyama代表)
●寿司勘八経営者夫婦
●NTT Docomo Torrance
●KDDI Torrance
そして、前回調停書を郵送してもお返事の無いすべての人々ら、Honda AmericaやDaiso-Japan社や国家資格保持者の伊藤仰一歯科医、総合内科、山下剛眼科医を含めた者達。
●介護会社
=CareLife リチャード宮里、
=Holly Service 中島淑子、
=Hope International、Home care (Torrance市)
●日系マーケット(日系社会一の偽善者Brian Kitou経由で加害者に)
=Nijiya
=Marukai
=Mitsuwa
=Gradana(W.LA)
=Ebisu(OC市)
もちろん告訴となれば、アメリカのニュースになりますしね。Honda社以外は、日系企業ばかりなので一般社会のアメリカ国内ではまったくの知名度は無いですが、これらの人々は今世紀の恥さらし男、今泉輝雄のホラ吹きに利用された立場としても、どんな話も事実確認はしなかったばっかりに、容疑者立場に自らが、、あさましい限り、そして見事なまでの偽善者の宝庫、LA日系社会の偽善者共の欲望と名誉や地位におぼれた人々の起こした問題は確実に表面化することでしょう。尚、告訴提出日は追ってここでお知らせ致します。ではまた、March, 23, 2014-----------------------------------------------------------------------------------------------□

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »