« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月27日 (土)

.(大企業の割には)

この問題を通して各社の企業体制も明るみになっています。たとえば日本国民ではほとんどの人が知る三菱銀行、資生堂、住友銀行等は大企業ですよね。(これらの企業はアメリカでは一握りの人しか知りません、つまりアメリカでは無名社ということ)、大企業だからすべてが良質などとはいえず、この問題に加担した大企業、大企業になればなるほど受け止め方もお粗末で貧相でしたね。

1)

たとえば資生堂、本社は東京銀座になりますが、資生堂が加害者となった経由は、当地にあるMitsuwa Market Plaseなる会社でして、その会社の前身はYohan(静岡県)にあり、私はこの問題が発生するまではこんな会社名があったことさえ知りませんでしたが。(静岡県では有名とか)そのYohan時代からの加害者歴です。Yohanが破産宣告をし、当時Yohanに勤務していたという元従業員がYohanを買い取りMitsuwaとして事業再開、しかし悪質な従業員はそのまま継続していますから、Mitsuwa名に改名しても、会社体制は最悪。そのMitsuwaに入店している資生堂のメガネをかけた中年の日本人女性販売員が、お客様を悪の輪に巻き込み、この資生堂経由でHonda AmericaTorrance市内のアメリカ人社会を悪の輪に巻き込んだ張本人立場です。

本来美を売る職業とは、化粧品の美だけではなく販売員の精神も美を伴って始めて販売できるものでしょう。ところがこの資生堂部員は、他人のイメージを平気で落としいれ他言し、この問題が公になるまでそれには何も感じなかったのですから、驚きです。

2)

この問題に加担したすべての人は自分がどんな職業についているのかなどは考えたことは無かった立場ばかりでしたね。資生堂の話だけを真に受けたお客様というのがHobar City在住のKeiko Matumuraという日本人女性。(Nijiya PCH店でたまに見かけます、私の顔を見ると必ず下を向き、やましさがあればこそ、私とは以前ビジネス関係者でしたが彼女の異様な精神が問題で決別しましたが) 資生堂もMitsuwaから加害者の輪に巻き込まれた立場で、Mitsuwaからの被害者ともいえるのも事実です、本来テナントブースを貸す側とは各店舗のビジネスの安全を確保する立場にありますよね、しかしMitsuwaはそれとは真逆の環境を優先してきた以上は資生堂を含め各店舗は、Mitsuwaに裏切られたといえる立場ですが、各テナントが貸す側を庇うことが、Mituswaとのビジネス関係を友好にすると者本気で信じ、Mitsuwaの家来になることしか各店舗は考えられなかったのです。

3)

資生堂とは、日本では大企業で上場にも登場する立場ですが、その受け止め方はこれが資生堂か?とおもうほどの貧相な体制でしたね。まあ本社としてもまさかこんな問題が当地で起きていて、従業員が加害者たなんて寝耳に水だったのはわかりますけどね、資生堂という大きな包装紙の中身は最低だったの事実です。いわば上げ底菓子折りと同じで、中身はまったく無く本社としての厳しい姿勢まったくないわけですから、それが資生堂アメリカIncにも伝わり、問題を起こしたの資生堂部員の悪事を増大させたのも事実です。きわめつけは銀座本社当時の社長や幹部社員が、「資生堂USAなる会社はわが社とはまったく無関係な立場です」と、、、。偽の資生堂化粧品なら、同社名を使用し側に訴訟を起こしなさいませよ。焦った本社の実態がこんな次元で逃げられるとおもった軽蔑に値する大企業資生堂でした。これと同じ発想をしたのが、全国的には無名のデパート(神奈川県では有名なとか) 横浜岡田屋は最初の50人訴訟時代に「何も知らないと言いながら裁判になることの恐怖心から裏取引」に参加していますが。

4)

住友銀行は最初の50人訴訟に含めれ、裁判を阻止したいがために裏取引に参加した最悪な企業です、現在はこの問題を経てLA郡からは撤退し、住友を買収したCalifornia Bank and Trustに改名し、Yohanと同じで会社名は変わっても引き続き行員はそのままですから加害者のまま現在に至っています。 三菱銀行は当地ではUnion Bank of Californiaとして、現地の弁護士姿勢の意味のない圧力で、すでに加害者立場を強調したことさえ気がつかず、そもそも現地社の弁護士などは三菱銀行にとってはただの行員立場でしかなく、その弁護士の存在すらしらなかった三菱銀行本社でしたね。つまりこれは本社とUSA社の間にも密接な企業体制がないという意味です。

5)

そもそもどんな問題でもその受け止め方ひとつで個人の本心や精神が判明するのです、ただひたすら逆切れをし加害者立場を維持するようではその人の本質も判明するように。また企業でいえば大小の問題に関わらず各問題が企業側に非があれば、それに逆切れなどをせず対処できる態勢ならば本当の優良企業といえますからね、また他の社員も安心して業務をこなせますが、社員を不安にさせる体制などは本当の意味の優良企業や大企業とは言えません。

6)

大企業とは会社名という外見の大きさでだけで判断すると間違えの元。なんでも中身が一番大切、人間の大きさも社会的地位や名誉欲におぼれるような精神者ほど、一般常識が無く、一番大事なそのが空っぽのように。Aug/27/2011---------------------------------------------------------------------------------------

2011年8月23日 (火)

「島田紳助と研ナオコ」

読者の足跡を拝見していると島田紳助と和田アキ子の記載分に足跡がたくさん残されていましたので日本側のニュースをオンラインで見ると、この問題の加害者である島田が芸能界引退だと、引退したところで加害者立場は変わることはなく。暴力団と交際していたことを隠して芸能活動とは、一般人への裏切り行為ですね。世間にバレ無ければよい良いという姿勢。この男TV番組にて法律問題を考える番組の司会者をしていたというから驚き、自身がアメリカで起きた非常識な問題の加害者という立場も隠していたわけですから。悪事は必ず暴かれる時期が来るもの、日本国の橋下徹、八代英輝、紀藤正樹弁護士らも加害者立場です。

研ナオコも世間にバレなければよいという悪質な体制の芸能人の一人、人を落としいれおきながら自身が不都合になると脅迫されている歌手仲間に正当化を計りそれに巻き込まれたのが、歌手美川憲一であり、男女の歌手仲間の多くや、吉本芸能事務所所属芸人多数も研ナオコ経由での加害者立場です。 事実を指摘すると逆切れをし、脅迫だというしか反論するすべがなく、一方的な話だけを真に受けて事実確認を怠り人を陥れるような間違った姿勢を直しなさい」という意味は「まっとうな人になりさい」というアドバイスですから、それを脅迫だという日本語自体間違っており、それすら理解できませんからね。研ナオコなる歌手は到底日本人とは思えないまるで宇宙人のような異様な顔をしており、その上に厚化粧で素顔を完全に隠し、、言い訳もまともではなく、、。

たとえば、スピード違反をしたらチケットもしくは逮捕されますよと注意をし、それにだれが脅迫だと騒ぎますかね? 研ナオコも最悪な加害者の一人と自分で証明をしたことさえ気がつかず、、。異様な顔と寒さ々精神が完全に同化、こんな人が親というからさらに驚き。島田紳助は暴力団と交際、それを一般人に隠し、そしてアメリカで起きた集団ハラスメントの日本国側の加害者立場も隠し、、どこまでも悪質体制。Aug/23/2011------------------------------------------------------------------

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »