« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

吉野家の悪言動「安部修三社長の責任」⑤:南カリフォルニア州:LA郡:世界にふたつと無い日系社会:

早いものでもう日本は1日早く6月ですね、6月といえばアメリカでは卒業シーズンです。この問題の加害者達はいつになったら放置から卒業できるのでしょうかね?

さて、<吉野家の場合>ですが、吉野家の1号店が1899年に東京に誕生し、吉野家名の由来は創業者が大阪吉野町出身から付けられたそうです。1980年には米国内の狂牛問題が発生し輸入禁止を受け倒産し、輸入禁止が解禁と共に再建に尽くしたのが今の吉野家社長である安部修二だそうで、吉野家牛丼ファンにとっても再建できたことはそれはよございましたが。

吉野家は日本国内には1000店以上、米国進出は1975年から、そのわずか10数年後には,この問題の加害者立場となり、ファミリーマートやハウス食品などに比べたら、早くにアメリカ社会の環境を変える悪言動を優先してきたことになりますね。創業者の歴史を悪で変えたのも、安部修三社長の下とも言えるでしょう。再建を成し遂げげたことで2つの顔を持つ立場に、、。

一つは創業者の歴史を終わらせない再建、もう一つは再建したことで事業を拡大し、その結果利益ばかりを優先し海外店の従業員管理も放置したままの、その経営方針からアメリカ国を汚す立場に、、。 どっちにしても安部修三社長の責任範囲であることは間違えなく、、。安部修三とはアルバイトから社長にまで上り詰めた人だそうで、従業員経験もあるのなら従業員問題を放置したまま社長業を続けるその無責任さがかいま見れますね。安部修二社長業精神が吉野家米国社にも伝わり、、、続く。May/31/09----------------------------------

2009年5月29日 (金)

吉野家の悪言動④:南カリフォルニア州:LA郡:世界にふたつと無い日系社会:

昨日はパソコンの調子が悪かったので更新が出来ない分、この問題の原点であるリトル東京へ行ってきました。いまや韓国系が進出し、また韓国系企業が町の土地を管理したり、いまや日本人街というよりはアジア街と呼んだほうが早いような、当地の韓国系パワーはすばらしく、韓国人とは働き者ですからね、韓国系社会ではもちろんこの日系社会のような悪言動を優先し、アメリカ国の環境を悪くするような言動はもちろんのこと、一人に人間に対して異常な執念で集団ハラスメントケース事態無いですからね。

この日系社会が尋常でないという根拠は他の移民者を見れば分かるというものです。それにこの悪で腐りきった化石のような古臭い考えにしがみつく日系人達が、日系社会を支配しのさばるよりは、日系人以外の多国籍人が率先してビジネスを展開するほうが、町はクリーンになるでしょうし。そして今朝はマルカイパシフックマーケットにも行ってきました。

この支店も同じく異常な執念で長年に渡り従業員全員で関わり、何度注意をしても聞く耳をもたく、、、なぜならば今回大統領に通報したBrian Kitou(交番関係者でありながら悪言動を優先した日系アメリカ人)が経営する和菓子屋の商品をこのマーケット納入する際、品物だけでなく非常識な言動まで持ち込み、その男から離れられず、、、松秀二郎社長は従業員の管理ひとつまもとに出来ない次元の社長業を優先していますからね。

このマーケットには数店舗のテナントは入っていますが、Mammoth Bakery,お総菜屋&ラーメンの新撰組スシボーイなどほとんど加害者立場です。ミツワマーケットと同じでテナントを受け入れる体制が最初から間違ってますからね、テナント側も場を貸してもらっている以上は集団ハラスメントに加担しないとテナント契約が切れると思い込み、、ずるずると、、、。

このマーケットでは特に「みどりというカスタマーサービスの日本人女性、細身で長い髪で傍目には和人形のような物静かなイメージを受けますが、それとは反対に何度注意をしてもますます異常な執念で、、どんな親に育てられたらこんな外見だけの女性に育つのか?と思うくらい精神が汚れてます。はこの店舗から移動させられ、ガーディナ本店居るようです。この女性でもわかるように人間は外見では無い、また会社の大きななどは問題を起した時には何にも役に立たたないということ。

後日このマーケット社名も大統領とLAPDなどには通報し、アメリカ社会の環境を悪くする危険極まりない会社としてマークをしていただく要請をします。さてこのマルカイより早くからこの問題に加担していたのが吉野家です。この吉野家がある、Wilshire Blvd & Wilton地域は韓国人街でもあり、近辺の看板にはハングル文字が見えてきます、その一角にあるショッピングセンターの中に吉野家があります。またこの地域はビジネス街でもありますから、レストランやファーストフードもたくさんあります。

当時私のこの地域付近に住んでいた関係から吉野家Whilshire& Wilton店が加担しているのが確認できたわけです。吉野家を遡ると、韓国人児童が80%という小学校に行き着き、その学校の父母である池田姉妹(在日、この姉妹もまたすさまじい性格者で)によって父母に伝わりそれぞれが事実確認を怠り多方面に無責任な話が広まり、吉野家があるビジネス街にまで、、という図式に。 池田姉妹をさらに遡るとリトル東京はホンダプラザ2nd & Alameda街、そこでコーヒーショップを営む、タチバナフサコというそのプラザの歩く広告塔とあだ名がつくほどおしゃべりな女主人に行き着きます。

元女優の杉葉子が加害者立場を遡るとこの歩く広告塔のフランセスコーヒーショップに行き着きます。この女性も外見重視、そんな女主人ですからお客で来るのもやはり、外見重視の杉葉子のような過去の女優業にしがみつくだけの、人間としての中身が軽薄な立場に、、また日本の漫才師&映画監督北野たけしが加担した経路を遡るとやはりこのタチバナフサコに行き着きます。当地にあった横浜に本社がある横浜岡田屋が、、この問題から逃げるように閉店し、今横浜岡田屋がラスベガスにあるのみです。

その横浜岡田屋に駐在員として赴任してきた深沢という男性の従兄弟が北野たけし、北野も従兄弟の話の事実確認を怠り芸能界に無責任な話を広めた張本人です。しかし、2度と同じ言動をしなければということで許せる範囲ではありますが。日本のマスコミが界の北野たけしなどと誇大広告をしてますが、アメリカでは北野の存在などは知らないほうが多いです。世界のなんていうほどのはないということ。日本の誇大広告は見ているだけはも恥ずかしい。ましてこんな問題に加担しておきながら、世界のなんて、、,アメリカで有名な立場はイチロー選手です。「北野? 誰それ?」で終わるくらいで、知名度はありませんが、、。

末端の従業員の質を見るためには、その会社のTopの質をみればどんな種類の人間性が集まるのかおのぞと判明するように、お付き合いをする人間性や家族関係を見れば、だいたいその種類は判明できるように、。タチバナフサコと横浜岡田屋、杉葉子は裏取引の場に参加しています。ラフ新報の記事を書いたわけでもない立場がラフ新報の訴状内に,その簡単な矛盾も理解できず、、、。吉野家がこの問題に加担した経路を遡ればやはり原点であるリトル東京に行き着くということです。吉野家の悪事、本社とUSA社の体制⑤に続く。May/29/09/--------------------------------------------------------------

2009年5月28日 (木)

吉野家の悪言動②:南カリフォルニア州:LA郡:世界に二つと無い日系社会:

この問題に加担する企業のWebsiteを拝見すると、偽善度が鮮明にでているものです。吉野家もそれは同じで、良く恥ずかしげも無く堂々と公言できるものと寒いものを感じますが。吉野家では株価急落をしたとか、狂牛問題が無かったとしてもこれからもどんどんビジネスで急くだりになるか、非常識な言動をもビジネス向上の道具としていくか、のどちらかでしょう。

資生堂もアメリカ数社を処分したり、売上が落ちと、ますます不運続き、ハウス食品も売上が伸びず、、とこの問題に加担した日本企業のほぼ全社はこの先伸びるほうが奇跡でしょう。こうして私が実在名を出しても手も足もでず、一種のテロリストとして世界のTop国の大統領に通報されてたらますます手も足もでず、資生堂のようにひたすらそれには触れないようにと逃げの体制で、その不安を取り除くためには、CMで偽善行為に蓋をと、、、。

企業にとっては信頼が1番でしょうからね、1度ついた汚名はそうそうぬぐい取れず、ますます急落ですかね? 自業自得というもの。起した問題を放置などと非常識な会社が、急成長するほうが摩訶不思議という常識範囲です。吉野家の場合、、多くのほかの日本企業とは異なり、当地にあるリトル東京と同時期にすでに問題に深く関わり、十数年以上も放置したままの,,どんな親に育てられたらこんな悪質な会社の社長や従業員立場で居られるのか、また人の人生を変えておきながら、自分達は平然と暮らせるのでしょうかね アルバイトから社長に上り詰めたという吉野家の社長安部修二と現地責任者に続く。May/29/09,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

2009年5月27日 (水)

吉野家日本本社&吉野家USAの悪言動①:南カリフォルニア州:LA郡:世界にふたつと無い日系社会:

大統領への2回目の通報は一応終了後はその他の国家機関への通報を残していますが、Blogではアメリカ人関係者は登場してはきませんと大統領にもお知らせはしています。しかし、何度も注意をしても無駄な悪質なアメリカ人などは,それこそ非常識な日本人集団と同じで許す必要はまったくないので,後日3回目の日本人集団を通報する前に、大統領には伝える予定です。

つまりアメリカ人加害者の中にも自国であるアメリカの環境を悪くする言動を優先しそれすら気がつかない、、大統領の演説で掲げるチェンジとは反対の言動をしているということ、通報されたくなければ非常識な言動を止めれば済むという理論も分からないアメリカ人も実に多いですね。逮捕されたくなければ?犯罪を犯さなければ良いというのと一緒ですが、

の注意を聞いて損はないということです,注意を聞けないがために、、ということ。この問題の加害者全員とはいつも自分ではまったく事実確認をしないで聞いた話をそのまま信じ同じことの繰り返しそれではいつまでたっても加害者立場から卒業は出来ませんね。

依頼心が強いと自分で事実確認を取るのが恐ろしいということ、聞いた話だけを信じたい、つまり加害者立場ならではの精神構造ということです悪質な話題を持ち込む人から離れられず、どうしても聞いてしまう優柔不断がまねく最悪な状況。さて当地に日本から進出企業はたくさんありますが、庶民的な食べ物といえば安くて早い吉野家,当地にも各市内にて見かけるオレンジ色の看板、私は日本の吉野家の味は知らないので当地とは比べられませんが。

アメリカ人客層が多いのが吉野家です。ですから味付けもアメリカ人好みで甘いタレが中心ですね。従業員も日本人などはまったく見かけず、南米系が多く(ですからこの問題にいち早く敏感に反応する理由があれば、アメリカでの不法滞在国のTopが南米系ですから)そして吉野家はこの問題の発祥地と同じ位の長きに渡る19年の悪質な立場です。つまりファミマやハウス食品社などに比べたら早くからアメリカに進出したいたということ。

この会社も中身のその薄さがこの問題を通して判明しています。本社の社長はアルバイトから社長に上り詰めた人とか、、しかし、会社が大きくなればなるほど、利益のためならなんでもする、ハウス食品,ファミマ、資生堂などと同じように外見だけは一人前,中身は?、、、吉野家②に続く。May/36/09/----------------------------------------------------------------

2009年5月24日 (日)

バラク.オバマ大統領への通報②:南カリフォルニア州:LA郡:世界に二つと無い日系社会:

読者の皆さん1週間ぶりですね、アメリカでは5月の最終月曜日は「Memorial Day 戦没者を称える記念日」である国民の祝日に当たるため、オバマ大統領への2度目の通報は、月曜日以降に送るとお伝えしています。一応資料も完成し,後は祝日が過ぎるのを待つのみです。

またカリフォルニア州政府にも通報の予定です。なぜならばこの問題を最初に作った今泉輝雄とその悪事に加担した日系社会の中心人物立場達が州政府を騙して得た認可もありますから、州政府などは純粋にその組織が日系社会には必要だと考えた上での,認可を下したわけですから、この集団の素性とは本当に悪質ですからね。姑息な手段で作戦が上手くいったと思い込んでも、偽善者達の考えることなどはその場限りで将来性にも無意味な言動でしかありません。

本物の偽善者達の生きざまの詳しい資料もまとめ上げました。今回通報する立場は、泉輝雄とその妻今泉はる代豊とその妻桑原のぶ子ラフ新報社共同貿易&JFC食品卸業旭屋書店Brian Kitou(日系アメリカ人で悪の裏取引のために市民の税金でまかなわれる交番を悪用した男)、Nijiya Market(経営者在日)、米国日系レストラン協会(旧南加日系レストラン協会)組織とそのメンバーの一部、Japanese Association of Southern California略してJBA,日系ビジネス協会)、Japanese Chamber of Southern California(南加日系商工会議所)等。

日系社会の加害者立場があまりにも多すぎますから、3度目の通報にて,日本人&日系人全員を通報することになりそうです。資料にも記載したのですが、私が受けた被害はその壮絶なる内容と被害年数、そして加害者立場の多さから、世界にただひとつの集団ハラスメントとしてそれこそギネスに記載されそうなケースですと、、。 

尚、カリフォルニア政府とオバマ氏にもこのBlog先を知らせる記載もしています。直接アメリカ人が読めるわけではありませんから、それぞれの国家機関に日本語を解読する方も居ると思いますから、読めれば是非見てくださいと。また日本国の外務大臣にも知らせてあるということも記載し、尚、今後も一切、アメリカ人で加担した立場はBlogでも他の公開場でも記載しないことも書き添えました。こんな種類の日系社会が存在していなければ、アメリカ人社会も巻き込まれることは無かったのも事実ですからね、ここに登場するのは日本人集団、日本進出企業のみです。

では、念のため、今一度内容の再確認や誤字などの訂正に要する時間もありますから、May/26以降にまたお会いしましょう。(途中経過より) Sat, May/23/09/-----------------------------------------------------------

2009年5月15日 (金)

バラク.オバマ大統領からのお手紙②:南カリフォルニア州:LA郡:世界にふたつと無い日系社会:

私がアメリカ国内で受けた壮大なる被害問題にて、非常識な言動を繰り返し何年にもわたり起こした在米日本人集団を経て多くのアメリカ人も関わったことで、責任を感じてくださったオバマ大統領がすばやく動いてくださってますので、私も詳細なる資料を早急にオバマ氏にもお渡ししたいので、1週間ほど更新はお休みします。

尚、日本国の外務大臣中曽根氏にもオバマ氏からお手紙が届いたことはお知らせしてます。中曽根氏にはこのような在米日本人集団が存在することもお知らせしていますから、途中経過として、、、、。

May/23/09/以降から、また引き続き日本国内では一応名の知れた日本進出企業らの悪言動「吉野家本社とUSA社」「ホンダ」「三井住友」「住友生命」「松坂屋百貨店」「敷島製パン.パスコ」「山崎製パン」「イトーヨーカ堂系列7&イレブン」「横浜岡田屋」「旭屋書店」「伊国屋書店」「ニューオータニホテル」「都イン」等に続く。ではどなたさまも1週間以降までごきげんよう!May/15/09/-----------------------------------------------

2009年5月14日 (木)

バラク.オバマ大統領からのお手紙:南カリフォルニア州:LA郡:世界にふたつと無い日系社会:

昨日May/13/09にて、第44期アメリカ大統領のObama氏からお手紙をいただきました。大感激です。アメリカ人社会も関わった問題ですし、それにこんな問題は世界中捜してもありませんから。Obama氏はこの件を副大統領氏にも伝えたとのことです。後の内容は国家機関内に関することですから、詳しくはいえませんが、このようなアメリカの環境を汚す日本人集団が存在すると通報してから数日ですのに、すばやく動いてくださるObama氏には大感謝のひとことです。

Obama氏がこれからは変わると演説内でおしゃっていましたが、、国民一人々も常日頃から良くない言動を起こさないように心がけるのは常識範囲ですよね,この問題に関わる立場とはいわばObama氏を裏切ってアメリカ在住や,アメリカでビジネスをしているのと同じですね。就任後5ヶ月のうちにこのような通報をする状況になりとても残念ですしたがObama氏のすばやい行動はさすが世界のTopに立つにふさわしいお立場と感じました。

またObama氏はさらに詳しい資料などがあればくださいとおしゃってくださいまして。ですから資生堂,三菱銀行,ハウス食品,ホンダ,ファミリーマート、吉野家、白洋社、山崎製パン、イトーヨーカ堂系列7&11、松坂屋、安心堂(静岡本社)、三井住友、住友生命、敷島製パン(パスコ)、などの非常識な言動を優先してきた日本進出企業名や日本本社社長名&現地社名などはもちろんこの問題を最初に作った偽善者今泉輝雄と嘘で塗り固めた日系社会の加害者名などをお知らせするとお約束しました。

すでに大統領に通報済みの内容は共同貿易金井紀年や森乳Tofu会社の雲田社長による小泉元首相を自分達の悪事隠しのために利用し、小泉&Bush氏をも悪用したことなど、、悪質な日系社会に利用されませんようにと。*Obama氏のお手紙は額に入れて生涯の宝物にさせていただくつもりです*May/14/09---------------------

2009年5月13日 (水)

三菱銀行顧問弁護士の偽りごと:南カリフォルニア:LA郡:世界に二つと無い日系社会:

三菱銀行の代表者畔柳信雄とは一応東大出卒なのですね。東大を出ても本来の意味の「脅迫」も知らないとは、、また全国銀行協会会長とか、こんな悪質な銀行の代表者が会長となればどんなあさましいことでも目をつぶりですかね?まるで当地の日系社会のように。

さて三菱銀行からの矛盾だらけのお手紙をいただき、その後、三菱銀行弁護士という資料を経て顧問弁護士に連絡を入れるとKennth Tanakaという日系弁護士がご登場するのですが、E-,mailにて用件を伝え、メル配信スタイル公開日記もご紹介し,その後お電話にてお話を始めると、「自分は三菱銀行の弁護士ではない」と最初から逃げ腰で、調べればすぐわかる嘘を何故つく必要があったのか? 

この弁護士も一般人などは圧力でもかければと思っていたようで、ところが私の公開日記にてここと同じように加害者側の矛盾点を指摘している内容を見て、私には圧力などは利ないことを悟り、三菱の弁護士ではないなどと苦し紛れの嘘を言うしかなく、、。日本の企業の顧問弁護士とは企業の社員同様で、代表者には逆らえず系の体制なのが顧問弁護士に見られるものです。

悪質な大企業になればなるほど、代表者を差し置いてアドバイなどはなかなかできず、企業側の主張に口などは挟めず最低限度の法律アドバイスしか出来ない仕組みになると、Tanaka弁護士のように会社の先頭になってことを成し遂げるなどとは不可能に近く、本社の意向に従うしかない系の弁護士だと、まあ逃げ出したいでしょうね。

その根拠は? 当地の三菱銀行顧問弁護士が存在するのを無視して日本本社の畔柳信雄名を記してのあの矛盾だらけのお手紙ですからね。当地の顧問弁護士を本当の意味での弁護士として頼りにしているのであれば、最初にTanaka弁護士とコンタクトを取ってから文章という図式になりますよね、ところが三菱銀行とはいかに顧問弁護士の存在などは初めからたいして大きな存在ではなく、社員同様としか見てなく、三菱にしたら顧問などは本社の意向道理に動く存在であれば良いと証明をしているようなもの。

例えば、ファミリーマートの場合は、最初に私が東京本社にコンタクトを取り、その経由で当地のファミマUSA社が、顧問弁護士Kenji Tatsugiを伴い動きだしたように、もっとも顧問弁護士が動いたところで返ってファミリーマート本社共々悪質な体制をわざわざ知らせただけの次元でしたが、それでも三菱銀行顧問弁護士に対する構えとは明らかに違うのがおわかりになると思いますが、なぜならばTanaka弁護士は日本本社側とHeadのサンフランシスコ本社が動いていたのさえ知りませんでしたからね。

三菱銀行とは、これから見ても、いかに顧問弁護士や社員の存在なども、さして重要ではないと申しているのがお分かりになると思います。三菱銀行というTopとそれに君臨する役員らの独裁的な体制が判明し、代表者ともども平然と偽りごとを優先し、それには何も感じない存在ですから、銀行利用者には口先だけの愛想を言いそうですね。

根拠的に見てもそれは確かだと言えるのです。社員それぞれの存在を大切にできる銀行であれば、おのずと顧問弁護士の存在も大切にするように、そしてその体制はお客様にも反映しますし、、となれば何か問題を起せばその対応も嘘りごとなどで固めませんしねですからもはや三菱銀行とはどうあがいても、優良企業とはほど遠くという根拠です。、そうえば「三菱銀行被害者の会」なるものもあり、、May/13/09/-----------------------------------------

 

2009年5月12日 (火)

三菱銀行の悪言動&矛盾だらけのお手紙:南カリフォルニア州:LA郡:世界に二つと無い日系社会:

三菱系列 Union Bank of California head office→400 California Street 17th Fl San Francisco. Cheryl Robbins Assitant Vice President cc: Yukio Shiratori名で2008年1月23日付けのお手紙が届きました。それには三菱銀行代表者であるNobuo Kuroyanagi (畔柳信雄)名をありますから、代表者もこの問題を知っているという証拠ですね

悪質な企業ほど何も知らない」と言いながら「脅迫」だというものですが、脅迫の意味すら畔柳以下役員をご存知ではないということ。「何の事実に対して不安になるのか?」この理論はすでにご紹介していますから、省きますが、行員の管理も出来ない会社ほど簡単な矛盾が理解できないもの。

お手紙を訳すと、「あなたが東京三菱銀行の畔柳信雄宛に手紙を出た件ですが当社のリトル東京支店にて1989年から悪質な言動をしたと申していますが、当社ではBranch Managerである Yukio Shiratoriが事実確認をしたところそのような事実はございません。しかしあなたはリトル東京店の行員を脅迫をしています。ですから我々はあなたの手紙にある内容にはこれ以上お返事しかねます、しかし我々はあなたを脅迫訴えません」とこの短い行数の中だけでたくさんの矛盾点が見えますね。

少女雑誌の漫画に登場しそうなお名前の白鳥支店長の社員管理怠慢、悪事を働く社員の一方的な話だけにしがみつく、何も知らないと言いながら何の事実に不安なる感情が生まれるのか?非常識な言動をする行員自ら他人を陥れたなどとは口が裂けてもいいません。脅迫の意味すら理解できてませんしね。また反対に訴えないと、おかしな話ですね。何も知らないとそこで言えるのなら判事の前で宣誓しその何も知らないを言えますかれね。私は訴えていただいたほうが好都合。、

なぜなら三菱銀行は白鳥支店長が事実確認をしたとありますから、何の不安に感じる事実に対して脅迫だと感じたのか? 法廷で是非伺いたいですから、三菱銀行としては、交換条件を出してみたようですが、私はそんな矛盾だらけの交換条件には乗りませんと、矛盾点を項目状にして返送すると後は動き様がなく絶句状態でしたね。また畔柳信雄のお名前がある以上は日本本社と当地の三菱銀行ユニオンバンクは、悪の共謀をしたということです。私の人生を大きく変える言動を1989-2009の現在までしておきながら知らないといえば済むのなら警察も法律も必要ありませんと返送内容に、三菱銀行も外見だけは大企業その中身は?寒々しい位中身の薄さが畔柳以下海外支店の言動で判明。 

加害者とは自分に疚しさがある分、非常識な言動をしてきたという自覚だけはありますからね。どの加害者側が必ず言うことは、事実を指摘されると脅迫だというしか無いのです。悪言動を優先している人に誰でも注意するように、その状況に思い当たればこそ脅迫だと、、、。三菱銀行にも脅迫とはなんぞやと例題を差し上げ、、わざわざ三菱銀行が私になにをしたのか?と文章で認め、三菱銀行では完ぺきな内容だとおもえばこそ、お手紙で圧力を加えたつもりが、反対に矛盾だらけのお手紙内容にて、三菱銀行では私に何をしていきたのかと自ら認めて、、それすら気がつかず、畔柳信雄名を連ねてありがとうございましたと申し上げておきましょう。

後日、Obama氏に、再通報時にはこの日本本社の代表者名がある矛盾だらけのお手紙のコピーを含めて、もっとも悪質な日本進出企業として、、。畔柳信雄を見ればその海外支店の白鳥支店長の名前負けの姿も判明するように、末端の海外支店の現地行員を見れば、前後左右上下のお粗末さも見れ、そして三菱銀行ユニオンバンクの顧問弁護士は、自分は三菱の弁護士ではないと嘘を、もはや三菱銀行丸ごと悪質ですかね、、つづくMay/12/09/---------------------------------------------------------------

2009年5月11日 (月)

ファミリーマート社の悪言動⑦:南カリフォルニア州:LA郡:世界に二つと無い日系社会:

小沢氏が辞任そして鳩山氏までが、、とそれまでは辞任はされないと公言し、、私は2日前に小沢氏にこの問題をお知らせしています、メルスタイル配信時には鳩山氏にも,数名の民主党議員もこちらをご紹介していますから、何故急に辞任なのか? 実に興味深く。

さて、ファミリーマートが北朝鮮にまで進出していたという情報がありまして、どこのお国へ進出しようが各企業の自由範囲ではありますが、よりにもよって北朝鮮にまでとなればファミリーマート社の北朝鮮への本当の狙いが見えそうですね。日本やアメリカに限らずコンビ二とは一般人が気軽に利用できるところにその意義があるわけですから。北朝鮮といえば拉致問題、ミサイル問題と、強国をイメージするためにささやかな抵抗をするだけのお国ですから、そこへ進出しとなれば? そこには必ず意味があり、一種の売名行為的な部分もあるでしょう。

諸外国のコンビ二とは違い一般市民対象ではなく北朝鮮の兵士らが休憩場にするようでは,本来の意味のコンビ二とはまったく違いますからね。ファミリーマート社とは人様の気持ちを理解しようとしない体制なのがここでもまた判明ですかね?北朝鮮にも日本人は在住しているでしょうけど、それらの人々のためのコンビ二ではなく、、、、。

またファミリーマート加盟店被害者の会なるものもあり、自殺者まで出たとか、会社を興すとは何かとトラブルも起こりえることは想定はしているでしょうが、ファミリーマート社とは常に事業を拡大することにだけに全力投球なのが見えてます。店舗の多さを強調、しかしその中身は、、。北朝鮮のファミリーマートには何が売っているのでしょうかね? 国民のほとんどが食糧難といわれているようですから,,そのお国で日本スタイルのコンビ二などは、、、、、本当の狙いを紐解けば、、。May/11/09/---------------------------------------------------------------

2009年5月10日 (日)

オバマ氏&ホワイトハウスへの通報内容:南カリフォルニア州:LA郡:世界に二つと無い日系社会:

今日、こちらはMay/9/の土曜日なのですが、午後からこの問題の発生地であるリトル東京へ行ってきました。数年前までは頭の固い化石のような日系中心立場等がアメリカ企業が当地に入るとリトル東京の歴史が変わるとアメリカ系企業とのかかわりを避けてきたのですが、その分こんな問題の影響もあり人々がこの地を去り、数年前まではまるでゴーストタウン化していました。その理由をこの日系社会らはバブルの影響などと責任を転化していましたね。まあまさか自分達の言動で寂れた町にしてきたなどとはいえないでしょうけど。

しかし若い立場の意見を受け入れアメリカ系企業がビジネスを展開してくれたお蔭で、ぼちぼちと活気が戻り、、昔の風習にしがみつく立場とはリトル東京の地名が多国籍に汚されるのを嫌うものです。今日は元ミツワマーケットの後に韓国系マーケットが入り、韓国人のパーワーのすごさでしょうか、お客様は途切れることなかったですね。、ミツワなどこの問題から常にレジも2箇所だけで、いかにも閉鎖まじかという雰囲気が何年も続き、当地でのビジネスは不可能と考えこの町から去りました。

そしてミツワにこの問題を持ち込んだ従業員(ストック係り)はそのまま韓国系マーケットに居残り、まあミツワが18年にわたりこのような問題に関わるいきさつを作った女性ですから、閉鎖した後もミツワに居残るのは、さすが出来なかったようです。しかし同じく悪言動を優先してきた大吉寿司、新高屋、資生堂はそのまま店舗をあり、、またもや韓国系もこの問題に巻き込むようでは恥知らずになりますね。

いづれこの韓国系マーケットには、日本人従業員の中には危険人物が存在することをお知らせするつもりですが、またこのマーケットがある建物内の日本人商店のすべても加害者立場ですから、これらの人々とは反省心を持ち合わせていない精神者が多いので韓国系ビジネス社がまたひとつ悪の輪に巻き込まれないためにも、前もって通報したほうがよろしいでしょう。

さて読者からのご質問がありまして「Obama氏に通報した内容を教えてはくれないのですか?」と、、国家機関への通報ですからすべての内容は詳しくはいえませんが、ここで公開しているような内容ですから、おのずとおわかると思います。またObama氏の責任範囲ではないこともお分かりでしょう。どの加害者も成人した立場が自らの意志で悪言動を優先してきた以上は、小さな子ども立場とは違いますからね、Obama氏が就任後、どの移民者のアメリカを愛してアメリカに良い貢献をと各自なりに考えての毎日の生活をしてくれていると思っていたはずのObama氏ですからね。

ところが、この集団とは利用できるものは何でもそれが日本サイドの政治家だろうが、アメリカ社会だろうが、その精神もすさまじく、初のAfrican American大統領がご誕生しObama氏もチェンジと公言しているのも関わらず、この集団は一向に変わらずそこでも移民の意味にも値しない言動を優先しているように。日米の友好関係をと日本サイドでも協力し合っていますよね。 ところがこの集団はそれさえも妨害しているのと同じですからね。一般常識が無いのもこの集団の特徴でもあります。また移民の意味すら理解できない日本人集団が当地に存在している事実を日本サイドの首相官邸麻生太郎氏外務省、外務大臣中曽根氏宮内庁にもお知らせしておきました。非常識な言動をすると色んな方にも多大な迷惑や悪影響を及ぼすということです。May/9/0/----------------------------------------------------

2009年5月 9日 (土)

三菱銀行の悪言動③:Southern California:LA County:世界に二つと無い日系社会:

さてこの問題に関わる立場の特徴の中に、自己中心精神が見られます。私がメル配信スタイル公開日記時、悪の3大日系マーケットのひとつである会員制マルカイマーケットというのが当地にあるのですが、支店が増えるたびに悪言動者も増えるというネズミ講のような、採用する際にその人間性を見抜く力がなかったのは人事担当者の責任もありますから、その責任者がこのマーケットの主のようなせつ子。

マルカイの社長は松秀二郎といい、曲者でしたね。利益のためならなんでもするという存在です。この会社の本社は大阪にあり、兄弟経営ですがその兄弟もまた利益のためならという悪質さです。それを配信時代に取り上げていましたが、その時せつ子は自分の会社の社長が批判されても何も感じず、まるで他人事のように、、しかしひとたび人事にも責任がと記載すると、慌てふためいて「皆で訴える」とメルをしてきました。その全員とは公開日記に登場した他の加害者立場を意味するのですが、せつ子曰く

「あなたは私達に人権侵害だという割には自分もそうじゃないですか?」と逆切れを述べていましたが,「こんな問題を起さなければ公開日記などはすることも無く、公開日記をするまで異常な執念で悪言動から離れられない立場が人を批判できるのか?」と人材選択も間違えながらその責任範囲を掲げて言えることですかね?」と伝えると後は反論のしようがなく、どんな問題でも起こす人が居なければそれを記事にする側の存在しません。例えば消費者被害があればをニュースとして情報としてBlogやTV新聞などで公表するように、何が原因でどんな結果に行き着いたのか?などはまったく関係なく、結果論ばかりを強調したがるのが特徴ですね。

それに「皆でとはどなたのことですかね?」と伝えると絶句のみ、他人の起こした問題に便乗したがるのは加害者立場であればこそ、つまり他の登場者もせつ子の言動ですでに加害者(事実加害者ではありますが)だと決め付け、無断でそれらの立場を利用悪用し,自らの悪事を正当化するだけの次元。まあせつ子も他の加害者が存在することは承知ですから思わず「皆で訴える」とポロリと出てしまい、、。

日本進出企業も同じですよ。ファミリマがそうであったように、いわば自分のお尻も拭けない立場が他社を持ち出し便乗し利用悪用しと、ファミマ名が登場しない時代には、まるでひとごとのように配信記事を見ておきながら、ファミマ名も書かれるのは時間の問題だと知るや否やTatsugi弁護士の手紙にあったように、実在名を出すと、、と圧力をかけてきてですから、今日本の企業名を出しての公開ですから、出された立場同士がコソコソとしていそうですね。

自社名が出される前には読者気分で見ていながら、いざ自社名もとなればお互いの傷の舐め合いをし、他人の悪事に便乗し、、ですかね。そんなことは私には何の痛手でもなく、むしろそんな便乗作戦をするだけ悪質な企業と自ら名乗っているのと同じです。またせつ子のように皆で訴えると申したいのなら,各企業の弁護士の手並み拝見をしましょ。集団で私を訴えなさいませ。もちろん喜んで受けてたちますから。三井財閥の三菱銀行さんもどうぞ、、何も無かったといいながら、すでに加害者だ自らで証明をしたと摩訶不思議なお手紙をくださりありがとうございました、、、。May/9/09--------------------------------------------------

アメリカ国家機関に通報づめの一日:Southern California:LA County:

本日は、数箇所のアメリカ国家機関に通報に専念し。悪質な日本人集団が存在しなければアメリカ人社会も巻き込まれることは無かったのも事実ですが、日本の芸能人も同じく。しかし日本人ばかりが責められる必要も無く、何度も何度も注意しても非常識な問題を止めない立場はもはや在米日本人、日本在、アメリカ人に関係なく悪言動を優先する立場は同罪ですからね。

どの立場も私のアドバイスを聞いていれば今の悪質な立場は無いということです。この問題で関わったアメリカ人の中にも、何度も何度も注意をしても,日本人集団と同じで、自分達に都合の良い状況になれば反省をしたふり、都合が悪くなるとまた同じ言動,常に回りにあわせていないと不安でしょうがないと、いつも自分では事実確認をしないで伝わった話にだけしがみつき、どんどん悪質な立場に自分から身を投げるような。

ここ数年アメリカ人社会を悪の輪に誘いこんだのが、日本在の女性で私に異常な執念でまとわりつき、ストーカー歴5年目にはいる女性です。私が書き込み先々で、何の科学的証明と根拠という証拠も無い内容を掲げて「その女は」と私生活妨害行為を繰り返し、この問題にも便乗し、米国レストラン協会(旧南加日系レストラン協会に連絡しそこでも事実無根の話を持ち込み)両者共どちらも真実はありませんから,多勢の口にしか頼れないですからね,お互いに都合の良い相手ということです

その女性名は今は語れません、なぜならば日本の弁護士さんに彼女の異常な執念行為を依頼中ですから、弁護士さんいわくその女性名は出さないほうが無難と、またその女性の動向を常に監視してくださり、日本の探偵に依頼してその女性の住所勤め先顔写真などは確保できました。どこからかの帰りかその女性を生で見ることも出来ました。歩き方も何かに取り付かれたような、、。

その女性も、私の動向が異常に気になり(加害者の特徴)、また私の存在をこの世から抹殺したい立場と常に考えていますから、当地にあるVideo 店関係者らと日本に逃げ帰った加害者と手を組み、その経路から最近2008年からファミリーマートが加害者となり、、今回の通報に行き着きました。そしてアメリカ人で最近関わった人はこの女性経由で悪の輪に引き込まれ、ストーカー日本在女性、VideoJapan&Jun、資生堂、ミツワ、インド人男性(ATMマシーン業者)などを経路して、アメリカ人社会にも、、と言う図式です。

しかし同じアメリカ人でも私の根気よく続けた注意やアドバイスの本当の意味アメリカ人を責めているのではなく、悪質な日本人集団が起こした問題のかかわり家来などに利用されないようにというアドバイスだったのだと理解してくれた人々も居ましたね。その人々の中に物事を深く見つめられる人が居たからこそ、悪質な集団から離れられたということです。つまり加害者の多くは真の友人は居ないということです

本来の意味の友人とは悪言動を起こせば、それをまっすぐに見つめ注意ができる人ですから、「どうせ自分のことではないから」、「この関係を壊したくないし嫌われたくないから」、「口裏をあわせておこう」とその程度の人間関係を友人に持つといつまで経っても加害者立場からは離れられず,どんどん問題を複雑にし今の日系社会のように、、という根拠です、読者の皆さんには本当の意味の友人が居ますか? 

尚,日本の外務大臣中曽根氏及び外務省,LA在日本領事館伊原氏及び職員には何の責任もございません。同じくObama大統領にも何の落ち度はございません。こんな出来事がホワイトハウスや日本国から遠く離れたカリフォルニアで起こっていたなどとは夢にも思わないお立場ですからね。移住するお国が本当に好きな方はこんな問題の加害者立場に依存していませんから、アメリカ国を汚された立場としていわば被害者のようなObama氏でしょう。読者の皆さんが今のお住まい地域が好きなら悪言動を優先してその地域の環境を悪くする努力はしないように、、、三菱銀行の場合へ続く、May/9/09---------------------

2009年5月 8日 (金)

外務大臣中曽根弘文さま:南カリフォルニア州:LA郡:世界に2つと無い日系社会:

日本国外務大臣:中曽根弘文さま

私は以前配信メールスタイルで当地にある日系社会から受けた壮絶な被害を公開日記として中曽根氏にも配信していたものですが、覚えていらしゃいますか? 当地にある日系社会のあさましさはこちらのBlogからもわかると思いますが、残念ながら本日May/08/09/にて、大統領Obama氏にこの集団の存在と、多くのアメリカ人が巻き込まれた事実を通報いたしました。また後日企業名や個人名などをご報告するとお約束を致しました。

Obama氏大統領就任数ヶ月のうちにこのような通報をせざるにおえなかったことはとても残念です。Obama氏はこれからは変わると公言しましたが,当地に存在する日本人集団とそれに関わる日本進出企業のあさましい言動がもはやブレーキが利かない状態です。「移民」の意味すら理解できないこの集団は言ってみればObama氏の掲げた公言の足をひっぱっているようなものですね。

これでBush大統領時代とObama氏の2大統領にもこのような非常識な日本人集団をお知らせざるにおえなかったのは真に残念でございます。海外に暮らすことの本当の意味を理解出来ない日本人&日本進出企業の存在は恥ずべき立場ですね。当地にはこんな問題に関わらず、移民の意味を理解し清く正しく生活をしている日本人もたくさんいます。それらの日本人にもこんな集団のために肩身の狭い思いをしなければよろしいですが。アメリカ社会を動で巻き込みアメリカ国の環境を汚す日本人集団の存在を改めて中曽根氏にもお知らせしておきます。今後も日米の清く正しい友好関係にお力をお出しくださいませ。May/8/09--------------------------------------------------------------

2009年5月 7日 (木)

三菱銀行ユニオンバンクの悪言動②:南カリフォルニア州:LA郡世界にふたつと無い日系社会:

三菱銀行とはなにかと問題があるようですね。例えば暴力団に62億を支払い地上げなどで立ち退きを拒否した住人には嫌がらせをさせたとか読者から情報がありましたが、その情報があるサイトを教えていただき拝見もしておきました。お金に物を言わす系ではこの日系社会と同じような、、立ち退き拒否の住人とまっすぐ向き合わず、言うことを聞かないのなら暴力で決着などとは前代未聞の銀行ですね。

大きな企業ほど、その対処方法が、、とはこの問題を通してすで判明していますが、、銀行は三菱だけでなく、これから登場しますが、住友銀行、三井銀行(三井住友)も同じく加害者として深く関わる銀行です。この銀行の代表者は畔柳信雄(くろやなぎ)氏だそうです。三菱銀行日本本社にこの問題を伝えているわけですが、果たしてそのTopに伝わっての回答なのか?当地にあるマーケットのMitsuwaがそうであったように、大体末端の従業員とその支店の店長どまりで、その上の役員や取締役まで報告がいかない体制はよくあることですが、

しかし支店長どまりで判断をしても,その責任は企業のTopにも行き着くことはわかるとおもいますが、例えばLiveDoorケースでも堀江氏はいまでも何も知らなかったともうしてますよね。しかし企業のTopに何も知らされてないとなればその代表者はTopでありながら実はお飾り的な立場と申しているのと同じになることを意味しています本来のTopならば、どんな問題も報告をし、お耳のいれてこそ企業の代表者立場ですからね。

またTopには内緒で事業展開ができるのもまたおかしなことで、「何も知らなかった」というようでは、ご自分で本当の意味の社の代表立場ではないと公言しいているのと同じ。、また社員や役員には信頼されてない立場でもあり、堀江氏の問題でも役員立場が勝手にやったと申しても、そんな会社のTopで居たほうが恥ずかしい立場でしかなく、、社員が事業のTopの許可を取らなくても好き勝手に企画できるなどというのと同じですから。それなら社員だけの会社を目指せばよろしいでしょう。どんな社会にもそのリーダーが存在する意味は?

日本の企業体制とは前後左右の係わり合いを重視しますが、大事な問題をTopのお耳に入れないとなると、ますます複雑にして企業としては最悪な状況へ向かうだけです。さて三菱銀行では畔柳氏にも伝わっていたのでしょうか? Topにも伝わっていた経路で銀行側が判断したのならばそこでもまた三菱銀行という体制も判明し、Topには伝えず一部の役員と社員だけで決断した経由であれば、そこでも会社としての問題ありというのがおわかりになると思います。今三菱銀行から届いた手紙を見ているのですが、日本では三菱といえば大銀行ですよね、しかし手紙の内容が,,とても大銀行とは思えない慌てぶり&阻止系で、、、続くMay/7/09/------------------------

三菱銀行ユニオンバンクの悪言動:南カリフォルニア州:LA郡世界にふたつと無い日系社会:

この問題の発端地であるリトル東京の三菱銀行系列ユニオンバンクカリフォルニア1店が悪言動を優先してきた立場ですが、しかし本社の受け止め方によってサンフランシスコ本社と日本本社も加害者立場になりました。

Union Bank of California 120 S.San Pedro Street LA,CA,この銀行に非常識な話を持ち込んだのは、お金がらみで叙勲を得たた故上手亦男でした。国際ジャーナリスト藤原氏の論文にあるように、この日系社会とは中心人物にいくら支払うかで受賞者に推薦されると事実がありますから、私がこうして公開し始めた以前の受賞者は全員お金を払いその金額により推薦枠に入れるたと、、この日系社会では叙勲もいわばさまざまなオークションと同じでお金を出せば出すほど、受けられシステム。その中には作家飯沼信子(ラフ新報とは深い関係者)も同じく本当の意味の受賞者ではなく、お金がらみで得たというあさましさです。

この上手という男性も口から先に生まれてきたような男で、名誉欲の塊の生き様でしたね。そんな上手が持ち込んだ話となれば、この人が言うのだからと信じてしまい、行員全員でハラスメント言動の繰り返しでしたね。何度注意をしても無駄、、多勢の口に弱い体制とも判明、海外支店がそうであれば?おのずと本社も、、、それは本社からの手紙にて後から判明し、、、。

さて三菱銀行といって思い出すのが、1980年以前に人質事件がありましたよね。この場合は被害者立場は確かに三菱銀行であり、今でもそのニュース場面が頭に浮かびますが,銃を保持した男が来店し、行員を人質に暴れまくり、特に鮮明に覚えているのが、女性行員に男性行員の耳をそぎ落とすように指示した犯人、、当事者にとっては30年前の事件とはいえ、壮絶な後遺症が残りますよね。その事件を思い出してみると三菱銀行とは被害者の立場は、理解できるはずと思いますが、しかし残念ながら昔の教訓は今の三菱銀行には生かされて無いようです。

リトル東京店の支店長のお名前がいかにも清い系,少女雑誌に出てきそうな、しかしご本人の精神は?「白」イメージにはほど遠く、まあ支店長の一存ではお答えできない組織の前後左右立場もあるでしょうが、清い企業体制なら別ですが、、、、その支店長のお名前とは?、そしてファミマ同様に日系弁護士もご登場、その弁護士が偽りを申し、「自分は三菱銀行の弁護士ではない」と,,調べればすぐにわかることを何故偽ったのか?等々に続く。May/7/09-------------------------------

2009年5月 6日 (水)

米国日系レストラン協会現会長上地勝也氏の場合:南カリフォルニア州LA郡:世界にふたつと無い日系社会:

そもそもこの問題が起きたのは元南加日系レストランに祭りあげられた本物の偽善者今泉輝雄(東京都出身)なる日本人男性の金銭不正行為が発端で、リトル東京近辺から日本人が集合する各町ぐるみで、ハラスメント行為を繰り返して来たのが始まりですが、、自分達の悪事そのものを無かったことにするにはと、偽善者を会長にすることで一般市民には、そんな話は存在しないとと思いこませるために捏造情報を、、とこれらのいきさつはバックナンバー4月号を見ればお解りになるとおもいますが。

その非常識言動に便乗した加害者という日系社会に、日本へ逃げ帰った加害者らとそれに賛同し便乗した日本在の精神のおかしいストーカー女性などが無い知恵をしぼりそれぞれで真実がない分、唯一多勢の口しか頼れませんから、それぞれが他人の起こした問題に便乗し、そして元南加日系レストラン協会も同じく便乗し、。私がBlogを公開した後、南加日系レストラン協会名を変更せざるに、、今回は米国日系レストラン協会と改め、その新会長が上地勝也氏(沖縄県出身)ファミマUSA社の糸数剛一代表者も沖縄県出身、まあ偶然でしょうけど。

この上地氏にもこの問題をお知らせしていますが、米国日系レストラン協会では欲深いメンバーや役員が揃ってますからね、またもや一方的な話を真に受けた上地氏でしたねメンバーの悪事を放置のまま、ご自身は講演だ、アメリカで活躍などとこんな協会に属していたらやはり心の無い立場に染まるのは時間の問題でしょう。良いことに一丸とならず、組織名だけを変更しても、それこそ資生堂、ハウス食品、ファミリーマートの体制と同じで、中身は? 

ファミマUSAの顧問弁護士Tatsugiが物事を深く考えられない種類の弁護士である以上、糸数剛一&井上史郎代表者、今西役員らも、その次元の弁護士を頼りにしている以上は,ファミマが何度も際調査をしたいと申しても、結局は時間の無駄でしかなく、私はこれまでにファミマに何度もアドバイスを差し上げましたが、深い意味を理解するだけの素質がある代表者や社員が一人もいなかったことがこんな結果になり、よくそれで会社の代表者になれたものと思うくらいでしたね。 

そして資生堂に続く悪体制が、、それが日本では有名な三菱銀行ユニオンバンクでしたね。本社からの手紙は矛盾点100%のみの寒々しい内容が届きまして、加害者の特徴である「何も知らない」といいながら「脅迫だ」と、さらに、、摩訶不思議な矛盾満載だらけの、、続く、May/6/09/-------------------------------------------

2009年5月 5日 (火)

ファミリーマート、資生堂,ハウス食品各社へ:南カリフォルニア州LA郡:世界にふたつと無い日系社会:

ファミリーマート&ハウス食品社も企業名を出していますから、見ているようですが、この問題に関わってきた一応有名な企業はこの3社だけではないです。これからも名の知れ渡る企業名が続々登場しますが、、人の人生を大きく変える言動を優先してきた末端の従業員の教育も出来ないうちから、社会貢献だ、会福祉だと、様を幸せにできる姿勢ではありません。身内の悪事を隠した上での貢献などは、それを受ける側を騙しているのと同じですよ。市民はあなたがたが心身ともに優良企業と信じてWebを拝見しているわけですから。

その意味はおわかりになりますかね?どちらかが本当の会社の姿ということです片方では末端の従業員が人を陥れる言動をし、本社共々現地社はそれには何も感じず放置のまま、、もう片方では各社のWebにあるような社会のために、子ども達のために、被災地に援助だと本心から思う気持ちがあれば、さまざまな人の痛みや苦しみは理解しているということですから、人を陥れる社員が存在したら、あなたがたは放置などは絶対にしませんからね。

となれば、どちらが本当の企業の顔なのか?を見た時に、後者は作られたご活動になるのはお分かりでしょう。あなたがたのされていることは、そもそもこの問題の原因を作り出した偽善者今泉輝雄という日本人と言動がまったく同じですけど。バックナンバー「今泉の悪言動場合」をお読みになれば、あなたがたがされてる今の言動を知ることができるでしょう。

社員の悪言動には何も感じず、代表者と役員らが一丸となり放置、それであの各Websiteですか? あなたがたには「恥」という精神は持ち合わせてはいないのでしょうかね?会社の名誉だけのために作り出した社会貢献などは、やらないほうがましです。心身ともに優良企業だと信じている市民のためにも、、、May/5/09----------------------------------

ハウス食品、資生堂、ファミリーマート社の共通点:南カリフォルニア州:LA郡:世界にふたつと無い日系社会:

資生堂の前田新造氏ファミリーマートの上田準二氏ハウス食品の浦上博史氏この3社長に共通するのが、社員を統一できない管理者としての能力不足。一般に見て社長の姿勢を見習うべき役員以下社員などは、美学や社会貢献と歌いたがる姿勢に,真正面から信じては無く、企業のイメージアップを狙うためと解っていればこそ、社員の質が悪いもの。

社長や役員らが社会貢献などと名乗る前にひっそりと個人で、先に行動を開始していれば末端の社員や支店長などもその行動を見習いますからね、その結果どんな悪言動も起こさず、、例えば社会貢献だと町のゴミ広いを積極的に行っていると、そもそもゴミ拾いなどは一般常識範囲ですよ。自分達が食べたランチは自分達でかたずけるように、なにもそれで環境を考えているなどと大げさに会社を美化する必要はどこにも、先に公言しないと消費者が認めてくれない会社などは、そちらのほうが恥ずかしいですけどね。

「消費者のほうから環境を考えてくれてありがとう私達も参加させてください」と、思うまで宣伝などで美化を強調する気恥ずかしい主張をすると、こんな問題を起したら最後、誇大広告だったことを自ら認めるもの。小さな犬ほどよく吠えると一緒で、一般常識範囲をわざわざ自社のHPに載せる意味は?こんなにすばらしい社会貢献をしているという作りでしかなく、その経営方針が末端にも伝わり、どの社員も口先だけの社会貢献を知ればこそ、こんなスキャンダラスな問題ひとつクリアできず。

ゴミ拾いなどは地球上に暮らす一人々の責任範囲、どこかの危ない系の宗教教祖が、これと似たことを掲げ、ゴミ拾いを毎年などと歌い、しかしその裏では信者を騙して安物の壷を数百万円で売り、、と、、本当の親切心からの行動ではなく、組織名を引き立たせるため、、純粋に真心からのゴミ拾いならばわざわざ公言しなくても消費者のほうから口コミで各社の社会貢献度を認めてくれますよ。

いわば先入観作戦、名誉欲の塊ほど、社会貢献などといいたがるもの、社会をも悪用利用立場。本当の親切とは一々公言しないでひっそりと、なぜなならば、誰かに認められたくて、するわけではありませんからね。例えば町の清掃を買ってでる市民などが、いちいち新聞社に我々は毎日こんなことをしているとわざわざ記事にしてもらいに行きますかね? 本当の清掃の目的が、これらの企業とは別なところにあればこそという根拠です安全食品や安全化粧品などと消費者に思い込ませるために、口コミ等は待たずして先に会社を美化したい作戦があればこそですね。

消費者に優良企業と認めてほしいのなら、認めてくれるまで本来のビジネス内容を地道に努力をする事が先、会社体制に問題があることもにも気がつかず、あれここれもと手を出すのは、社長以下役員の名誉欲が、一般常識範囲を飾り立て、消費者目線を利用し、、その暴露をこの問題から各社がそれぞれでしてしまったように、、公言と中身がいつも噛みあわず、、この3社も包装紙だけは豪華、中身は上げ底、それを必死に隠したい企業ほど、美や社会貢献などを強調ししたがるもの。May/5/09------------------------------------

2009年5月 4日 (月)

ファミリーマート&ファミマの悪言動⑥:南カリフォルニア州:LA郡:世界にふたつと無い日系社会:

日本ですと弁護士立場に「先生」などと摩訶不思議な祭り上げ方で例えるますよね。一般的にアメリカではそんな持ち上げ方はしません。Tom何々ならそのまま下のお名前だけで呼びます。弁護士は法律に熟ししているからとその存在だけでビビる人も多いですが、。弁護士とは資格保持者ではありますが、ピンからキリまでその弁護士としてのお力には差がありますからね。弁護士とはいわば町の商店主のようなものと思えば、法律事務所へ行くのも敷居が高いなどとは感じない立場になりますよ。

例えばケーキ屋さんにお誕生日ケーキを頼む場合、あれこれと注文をしますよね、名前を入れてほしいとかロウソクは何本で、、とかいわばケーキ屋さんもその道の専門家ですから、後はお任せしてと、、ケーキの御代はいわば法律事務所では依頼費用を支払う側ということで、弁護士にも色々と注文を言える立場が依頼人でけどね。当地の日系社会でも日本風に弁護士を先生などという方がいますが、依頼費用を出している以上はなにも媚び言葉で祭り上げる必要などは無いです。また弁護士のほうも先生なんて呼ばれると、たいしたお力も無いのに、上から目線で、、さらにまた先生呼びに慣れている日本の弁護士に「さん」呼びをすると怪訝な顔をされたり、

当地にも弁護士に先生呼びをする事務所スタッフが居る法律事務所ほがあり、スタッフが率先して先生と呼び、依頼人が弁護士を名前で呼ぶと機嫌が悪くなると、、そんな事務所の弁護士ほどお力はまったくないです。依頼費用だけ受けとり後はお力がないぶん動き様が無い、、そういう弁護士には依頼者が強く言わないと腰さえあげませんからね。相手は法律家だからなんてビビる必要はまったくありません。この問題の加害者側の弁護士全員も私から見たら、よくそんな程度で資格がとれたものとまたよくそんな程度で弁護士と恥ずかしげもなく名乗れるものと、詐欺師資格もちと断言したほうが早い!、どんな資格でも勉強さえすれば誰でも取れると、、あとはその実力が伴うかで本当の弁護士が決まりますからね。

ファミマ社の顧問Tatsugi弁護士も、、私に圧力をかければ黙るはずだと、、一般人はそうでも、私は弁護士であろうと間違えは間違えと正し指摘しますからね、Tatsugi弁護士にしてみたら今まで受けた依頼も圧力で阻止しのそのやり方1本だったんでしょうね。ファミマ社も弁護士なんだからなんとかしてくれると思い込み、依頼人が悪質ならその顧問とやらも同類でしかなく,優秀な弁護士とは依頼人の暴走を阻止できる立場です。まして依頼人にがあればなお更、無意味な暴走に付き合うと弁護士としての質も疑われて、、現地社のファミマとその顧問弁護士そして本社であるファミリーマートまとめてHPにある誇大広告有り、外見だけは一人前、中身は社会に貢献だという立派な包装紙を貼り付けた薄いベニヤ板並、、、、。May/4/09/---------------------

ファミリーマート&ファミマUSAの悪言動⑤:南カリフォルニア州LA郡:世界に二つと無い日系社会:

今アメリカ政府と州政府の2箇所がこの問題で動いているのですが、そのすばやさはすばらしく、通報した翌日にはStateと名乗る方がすぐさま私の住まいに来ましたからね。その方々に提出する資料も半端ではなく、そもそも1989年まで遡り偽善者今泉輝雄とそれに加担したすべての人の資料をまとめるのもまた大変で、膨大な資料の厚みです。

どんな被害でもそうでしょうが、被害を受けた方は一部始終頭の中にあるように、私もこの壮絶な集団ハラスメントの一部始終は頭の中に,後は日記帳と照らし併せて間違えが無いか日付などを確認をし最終段階中。日本では事件にならないと警察も政府を動かないとか、アメリカを見習ってほしいですね。事件にならなくても被害を受けている方が存在すればアメリカのようにその管轄がすぐさま行動を開始すべきですね。

読者にお伝えしたいことは、どんな小さな被害でも常にメモすること、また領収書などはその日になにをしたかと行動範囲を知ることもできますから、記憶力の弱い方にはお薦めですよ。まあこんなすさまじいハラスメントを受けるなどとはそうそう日々有ることではないでしょうが、私などは録音機を持ち歩いていたお蔭で証拠も100%です。例えばMitsuwa Market Santa Monica店、中国人従業員達が私の目の前で中国語で、事実無根の中傷を、、。録音機を持っていることも知らず、中国系アメリカ人に通訳をしていただいたところ、このMitsuwaで何が合ったのか判明しましたしね。

それをMitsuwaに告げるとその中国人女性はすぐさま辞めました。Mitsuwaにも第1法的対処をしています。その際渡辺社長と日系アメリカ人の店長は謝罪に伺うと申していたのですが、この問題に関わる人とは横のつながりを常に気にしていますからね。Mitsuwaでは特にSanta Monica店の従業員が異常な執念でハラスメント行為を繰り返していたのですが、この問題に関わる人々の特徴とは自分達が責められる番になると、自分達の言動を正当化するために前後左右の立場に、今の現状を伝えるものなのです。

物事を深く考えられない立場になるとそのような行為は自らでMitsuwaという会社内部の状況を(悪言動を起こした)会社と公表しているのと同じだとも気がつかず、そしてそんな末端が存在する従業員がいる会社とは、その多勢の口に弱く、その末端の従業員にも悪用された渡辺嘉也社長も,謝罪には行かないと、、悪用利用されてしまい、Mitsuwaでは各支店の店長も加害者ですから、自分達の悪言動は店長どまりで、社長には知らせず、

渡辺社長は第1法的対処時点ではこんなことが起きていたことさえ御存知ありませんでした。またこの社長の親御さんはウォルター渡辺氏といい、国際ジャーナリスト藤原氏の論文にある日米文化会館の経理不正問題に対して訴訟まで起こしたメンバーだったのが解りましたね。その尊父の影響は最初の時点では渡辺社長にも受け継がれ、起こした問題ならばと謝罪に行くと最初は申したのですが、とにかくSanta Monica店の従業員が悪質すぎたため、今のMitsuwaの存在があり、、最悪な状況に、、。

資生堂はこのMitsuwaから加害者立場になり、テナントを受け入れる側とは、テナントの安全なビジネス環境を提供する側ですが、受けいる側が最悪な精神者ですと、間違ったテナント体制に、1度目の法的対処で謝罪をしていればMitsuwa全店の資生堂を含めてテナント立場も終わりにしまほうと言うつもりでいたのですが、村八分に遭いたくない一心から、、それがファミリーマートのアメリカ社であるファミマも同じでしたね。ここも法的第1処置を、、しかし簡単な矛盾も理解できないTatsugi弁護士もまた,日系社会に生きる人ですから、村八分に遭いたくないと、、粗末な内容の文章で圧力を、、。

私がBlogでこの問題を公表する前にメル配信スタイルで公開していたのですが、もちろん加害者でインターネットをされている方HPのある会社などにはお知らせしていましたが、ファミマにももちろん、Tatsugi弁護士の文章には、実在名を出して公表すると、、といわば阻止をしたかったのですが、それは何故だかおわかりになるとおもいますが、、糸数剛一社長や井上史郎などにしてみたらいづれ自分達の場合も公開されることだけは解っていますからね、他人に便乗して公開阻止をと思ったようですが、

私がどこで何をしようが私の自由範囲なのですよ。この問題に深く関わった立場とは常に私の行動が気になり、こんな問題に無関係な人は、私がどこでなにをしようがまったく気にないませんよね。私がどこでどんな食事をしようが私の自由であるように私がこうして公開日記をしても、私の自由です。それを異常な執念で阻止したい側は,加害者立場しか居ないということです。その矛盾さえも気がつかないのがファミマの弁護士でしたね。

私はどなたからも訴えられようが痛くも痒くもないですから、実在名を記載し公開しています。例えば資生堂は大企業ですからアメリカで裁判を継続するだけの費用などはすぐご用意できるでしょうから、いつでも訴状を送りなさいと申してますが、公開されたことが事実ですから、手も足もでず、アメリカの法律では公開されたことが事実であれば名誉毀損にはなりません。新聞記事などで例えれば解ると思いますが、となれば後は訴えられるといえば営業妨害ですかね、、それも受けて立つと申していますが、動き様が無いということ。何が原因でどんな結果に行き着いたのか資生堂自ら証明をしない限り、、ということ。

加害者とは真実がない分、私の言動が常に気になり、ビクビクと、、それがTatsugi弁護士の手紙でも、、ファミマ社は人様の心配をしている場合ではなく、自社の問題を棚に上げて、、ファミマ社なんぞに味方されたほうが、、哀れですよ。他人様を引き合いに出さないと動けない立場は? 加害者であればこそ。「あなたは何年弁護士をしていますかね?」と伝えればそれにも応えられず、、依頼人であるファミマの代表者糸数と井上の暴走に付き合ったために、顧問であるTastugi弁護士の中身も見えてしまい、、、。

その後、ファミマ社では、弁護士と立会い人抜きで私とコンタクトを取りたいと、、何度も手紙をよこしてきましたが、その手紙の文面がTatsugi弁護士と瓜二つ、しかし弁護士の矛盾点を指摘されたので、弁護士名は何処にも無く、、、それも伝えるとと、、続く。May/4th/09-------------------------------------------------------------

2009年5月 2日 (土)

資生堂本社の悪言動⑤:南カリフォルニア州LA郡:世界にふたつと無い日系社会:

読者からの資生堂に関する情報がありましたので、皆さんにも、その読者の方が資生堂社に連絡をいれてみたところ、資生堂では「それについてはお答えできません」と申したどうです。それも声を荒げて、、だそうです。社会の厳しい風あたりは受けているということですね。

この問題の大手企業の資生堂ではいえば前田新造代表,各役員、そして問題を起した現地社員がひとまとめであって,中間に位置する各デパートや商店の資生堂美容部員や事務社員などは,自分の会社がこのような悪質な問題を抱える会社で、アメリカ社会を悪の言動で汚した一種のテロリスト立場として、Bush元大統領やFBIに通報された会社などはまったく知らず、それこそ社の利益のために日々働いていると思いますよ。

また資生堂以外の有名社もこの問題があったことなどは中間に位置する社員には告げませんからね。ですから、もし幹部ミーティングや各会議などで資生堂の売上が下回りなどと本社から通達を受けても、中間に位置する立場は単の自分達の努力が足りないだけだと思うでしょうが、実は責任を感じる必要はなく、本社体制の責任範囲で利益が落ちたことを主張できる側です。有名な企業ほどスキャンダラスな問題には弱く、隠し通しますから、それは何故か? 社員が裏切られたと感情を持てば、社員達にはどのように対処報告をすればよいかと、、その心配が先に来て、、必死で隠そうとするものです。「なんだ売上が落ちたのは会社の責任じゃないか~」と抗議の矛先を向けられる恐怖感と社員らのやる気を失うのを恐れて、、。

本来企業で大事なことは、問題が発生したら全社員に知らせること。それによって社員全員が一丸となりその問題に取り組めば2度とそのような問題を起さないよう会社全体で身を引き締めたり、それを課題にしてよりよい企業作りを目指せますからね。会社にとって不都合な問題は社員には知らせないなどは、社員を騙しているのと同じですからね。社員として入社する側は、そこが名実共に一流だからとおもえばこそですから、信用して入社する以上は、隠されたという時点で、社員は会社によって騙され,信用度という被害を受けたと抗議できる側という根拠です。

得てして大企業になればなるほど、スキャンダラスには本当に弱いもの。この問題を通して資生堂が、いかに見栄と体裁主義なのかが判明していますからね。例えば、Livedoor問題が発生した際、堀江氏と役員は何が起こったのか当事者ですから知っていますよね、ところが一般の社員は何が起こっていたのかまったく知らず、それこそ会社のためにと働き、いざことが公になり、会社がひたすら隠し通したことで、中間に位置する社員は、初めて問題を知り社長や役員に裏切られたとほとんどが転職をしたように。

日本では資生堂などは化粧品部門では日本のTopを走る企業ですよね、それを継続させるためにはこんな問題があったことなど中間の社員には絶対に知られてはならないと間違った守りに入りますからね。Livedoorのように社員が離れていけばそこからも悪評が立ちと、、大企業であっても中身は体裁や見栄感情が先に立ち、、その不安を取り除くためにもと今売れどきの芸能人を起用してCMとなり、この問題から目をそむけたい感情が、その声を荒げての対応にもなるのでしょう。

また反対に資生堂社員らに初めから、この問題を全社員に報告し、まあ最初は動揺もするでしょうけど、本社としては、それも恐怖と言う思いもあったのでしょうね。しかし本社がしっかりした体制を持ち合わせていれば社員の動揺は一時のものですぐさま収まりますけどね。資生堂社の代表者をはじめ役員らにしてみたら会社創立以来の不祥事でしょうからアメリカという海外で美を売る側が美とはかけ離れた言動を14年間もしてきたのですから、いかに大きな問題には弱いと申しているのと同じですよ。大企業の割には、、その次元の低さには驚かせれましたが、、。

私が資生堂社に問い合わせをして、当事者同士ですから資生堂が私に感情的になっても然りですが、読者が問い合わせてそれに対して資生堂社が、感情的な対応になるなどは次元の低い体制もそこでも判明ですね。どんな問題をいかに冷静に受け止められるか、、それは電話応対担当者でも判明するもの。第3者に怒りの矛先を向けるようでは、、せめて「ご心配をしてくださいまして~」ぐらいいえないのか?ってことです。

またハウス食品、ホンダ、白洋社、ニューオータニホテル,山崎製パン、敷島製パン(パスコ、盛田淳夫氏取締役社),三菱銀行、三井住友,住友生命、都イン、イトーヨーカード7&イレブン、ファミリーマート社、吉野家、そして日本ではまったくの無名の安心堂(静岡日本社がある宝石店)などもその会社体制は優良企業と自社で宣伝する割にはそれとは異なるほうでは折り紙付きと、、まあ資生堂よりはすこしはましではありましたが、、ファミリーマート編に続く。May/3rd/09/---------------------------

ファミリーマート&ファミマの悪言動④:南カリフォルニア州:LA郡世界にふたつと無い日系社会:

者からの質問がありましたので、皆さんにもご紹介をしましょう。「今でも被害に遭っているのですか?それはどんな風な、、」と現在は非常識な日本人社会を経由してアメリカ人社会から、それらは許してあげるとは申してもその数は半端ではないですから、州政府のお力をお借りしてそれらには注意を促していただくとかしていますが、この問題を経て私の顔や名前が日系社会だけではなくアメリカ社会にも広がりましてね。

仕事を探したくても、、生活権まで奪われています。今人材派遣会社に登録しているのですが、その派遣会社の責任者も、、と言うくらいにその被害は多大なものですから,当然のことながら、いくつかの悪質な立場には訴訟も考えていますしアメリカ出版社からも本にしましょうとお話もあり、こんな社会ならだれでも驚愕ですよね。州政府を騙して得た米国日系レストラン協会やLAPDを悪用した日系アメリカ人が存在し、Bush氏名もでれば、、またアメリカでも有名な企業ホンダが関わり、出版すればベストセラー間違えないと出版社の方は申してくれてますが、、今は2カ所のアメリカ国家機関が動いてますからその後に,,何かが待っています。

アメリカとは移民のお国ですからね。その少数民族の日本人集団がアメリカを汚す言動をとなれば、アメリカ人とは愛国心が強い国民性ですから。、あの911後には自ら戦場へと若者が志願したように出版となれば、、、題名のようにまさに世界には2つとはない日系社会なのは確かですね。1989年から2009年の長きに渡り、加害者らは1人々は何もできず、集団化することでなんとか、私をギャフンといわせたい集団は入れ替わり立ち代り登場してきて、それでもびくともしない私にさらに逆切れをし、、それなら法律家が登場すればと、悪質な種類の弁護士も入れ替わり立ち代り、しかしそれでも圧力も効き目が無いとなれば、、

日系メディアが一丸となり捏造記事を記載したり、さらに無駄足とわかれば今度はアメリカ人や他の移民者を味方にと、、その低次元発想には軽蔑ものですね。自分達の悪事には一度も振り返らず、逆切れだけの努力は惜しまず、、もはや当地の日系社会とは精神のおかしいお化け屋敷ですかねと、、辛口ではありますが伝えたい気分ですが、日本サイドが知らなければどんな悪事も集団で一丸となり、どんな親に育てられたらこんなあさましい集団に依存していられるのでしょ。

また日本進出企業も同じく、従業員の管理ひとつまともに出来ず、大会社になればなるほどその対処の薄さも判明し、、。この問題にて当地にある某日系会社が謝済みなのですが、そこは資生堂やホンダ社などとは比べ様がないくらい小さい会社で当地でも無名中の無名ですが、顧問弁護士も立てず自ら社長が問題に向き合い役員とともに丁重な謝罪をしていただきました。このような種類の社長の会社に勤務できた方は幸せですね。なぜならばその会社が悪くなる道しるべはその先には無いということですから

本当の優良企業や一流企業の意味をはき違えていると、、建物の大きさや社名の上にあぐらをかき、、また代表である社長の姿勢を拝見すると、あなたには代表者の資格は無いと申したい位の、、しかしこの問題を通して各有名企業の社体制を見れましたから、それはよございました。社会貢献とはうわべだけのファミリーマート社の場合も必見です。続くMay/2md/09/--------------------

2009年5月 1日 (金)

ファミリーマート&ファミマの悪言動③:南カリフォルニア州:世界に2つと無い日系社会:

ファミマUSA1号店は日本人が集合する場所ではなく、当初はアメリカ人社会でビジネスをされたことが事実といえるWest Hollywoodでした。私も見にいきましたが、お客様もアメリカ人がほとんどでしたからこの分ならこの会社はこのすさまじい悪質な日系社会には交わることはないかもしれないと思っていましたが、、悪の組織へのお誘いの手はやはり伸びてきてしまい、、加害者側には何の真実がない分,多勢の口だけが必要ですからね。家来になりそうな会社と見れば、見逃すわけも無く、、、。

W.Hollywood店はこの問題とは無関係ですが。何号か店後のCulverCity店が残念ながら悪の輪に引き込まれ、10704 Venice Blvd Culver Cityの男性従業員が深くかかわりました。この辺も日本人商店はほとんどなく、アメリカ大手企業がほとんどの地域です。Culver店を遡ると、やはり日本人集団に行き着き。この地域はW.LAにも近い地域でし、あの日系3大悪マーケットであるMitsuwaサンタモニカ店も車で5分程度のところにありますが、Culver一体のアメリカ人社会が巻き込まれその非常識な話を広げたのが同じくVenice地域に住んでいたインド人男(ATMマーシン業者)です。

この男が日本人とはビジネス関係にあり、一方的な話だけを信じ、事実確認を怠り多方面に話を広げたわけですが、この男のライセンスプレートは確保済み、そしてインド人男をさらに遡るとハウス食品社が異常な執念でハラスメント行為をしたレストランがある同じモール内のVideoJun元従業員の男性で、日本へ逃げ帰った人に行き着きます。どんなビジネスでもそうでしょうが、同業者とは横のつながりがありますよね。当地のVideo店でもそうですが、Sawtell地域からかなり離れたTorrance市にて同じくVideo店を経営するVideoJapanという名のお店があり(経営者は在日)、その従業員とこのインド人男が間接的つながり、

VideoJapanはミツワに繋がり、と必ずこの問題の悪質な立場に位置する人々へ行き着きます。さらに日本へ逃げ帰った加害者とそれに同調した日本人女性に行き着き、その女性は私に約5年間もストーカー行為を繰り返し、何の科学的証明の出来ない妄想内容で、日本国民を悪の輪に誘い込み、芸能界を悪用し、法曹界を悪用しましたがすべて私の根拠ある説明にて味方に引き入れることに失敗し、そこでも真実がない分、多勢の口だけが必要と、今度は今こうして私が世界中から見れるBlogにて公開していますから、その女性は私に対しての異常なストーカーですから、当然のことながらここを見ていると思います。

研ナオコらもこのストーカー女性に悪用利用され関わり、、しかしだいぶ反省しているのが確認できましたので、記載が罰ということで、同じくアメリカ人社会もこんな日本人集団が存在しなければ加害者立場にはなえりえなかったということで研ナオコも許して差し上げましょう、ただし3度目はありませんから、起こした問題から何かを学んでくださいませ。間違った日米の掛け橋にはならないようにこの日系社会の集団のように。

そして日本サイドの悪の頂点に立ちながら、アメリカ側の加害者とコンタクトを取り、加害者側の一方的な情報を鵜呑みにして、日本国内で偽情報を背負って、単純そうな立場を見抜くのだけはたけてますから、ここで実在名を出された会社などを家来にするために奔走していると思います。すでに日本の探偵社に依頼をし、この精神が完全に壊れているストーカー女性の住所氏名顔写真と、私も実際のお顔をも拝見してきました。後は日本の弁護士さんにお任せしてますが、ここで会社名を出された立場がもしこの日本女性の家来にでもなっていたら、日米の問題の加害者となりますのでご注意ください。

その女性はいままでにいろんな立場を悪用利用してきました。そして利用できるものはでなんでも誰でもと一人では何も出来ない立場だからこそ、家来は不可欠ということです。そもそもこの問題の原点である今泉輝雄もこの女性に利用悪用されましたからね。まあどっちもどっちですが、真実がない分、お互いに多勢の口は不可欠、質より量と便乗型の典型でしょう人数が多ければ捏造妄想内容もそれらしく見えると思いたい一心ですね

ファミマもハウス食品社ももしこの女性の何の科学的証明も無い妄想次元の内容を信じても、実はもともとはこの女性から悪の輪に巻き込まれた経由もありますからお笑いぐざになりかねませんね,味方とおもった立場に実は悪の輪に、、、ということ。これも巡回スタイルということになりますね。どんな場合でも加害者とは味方や同調者が存在していないと何も出来ないのが特徴です。私は一人で十分、味方などは一切不要、味方などいたら返ってわずらわしいですからね、量より「質」が真実に行き着くということです。その違いがわかる方はこんな問題の加害者立場には陥りませんね。

ファミマ→アメリカ企業→インド人男→VideoJun&VideoJapan→日本在住の妄想次元のストーカー女性インド人男→ミツワ→ニジヤ→ハウス食品→という悪の巡回が成り立ちます。折角アメリカ人地域でビジネスを展開したにもかかわらず、とうとう悪の日本人集団の輪に自らで飛び込んだファミマ。そのの顧問弁護士も糸数や井上史郎の暴走に付き合い,矛盾だらけの手紙の内容に、、、何処の社にも一人は必ずいる本気で問題に取り組もうと思う側を阻止する立場それが井上史郎でした。糸数今西社員達はその立場にはむかえずファミマも奈落の底に、、アメリカに来てまで楯横社会を優先したために、、つづく。May/1/09/---------------------------------------------------------

ファミリーマート&ファミマの悪言動②:南カリフォルニア州:世界に2つと無い日系社会:

ファミリーマート社名もいかにも消費者に家族団欒をイメージさせるような、しかしこの問題を経て会社体制の蓋を開けてみると、上田準二社長をはじめ役員のその素顔には驚くばかりですね。この会社も悪言動を隠し他の企業とビジネス関係を結び、契約を結んだ側などはもちろんファミリーマート社はそれこそハウス食品社と同様にまっすぐ伸びた樹木と信じてでしょうが、

ビジネス関係を結ばれた社などはこの会社がアメリカ社会を汚す悪質な会社として国家機関に通報された会社などとはどなたもおもいもしないことでしょう。つまり知らない間に関係者にされてしjまったということです。、当地のLA在日本領事館に赴任されてきた伊原氏が知らない間に関係者にされたのと同じですね。企業名だけで優良企業と判断すると、知らない間に、落とし穴に突き落とされていたといえそうとです。

ファミリーマート社内では他にも不正行為などの問題を抱えていたそうですが、家族とはかけ離れた体制なのは確かですね。、一般に健康だの社会貢献だのと拘る立場とは、社長をはじめ社員もその精神がそれにはついていけず、外見重視社に多く見られます。例えばカルト宗教教祖が社会貢献だと外見的には名誉市民風、しかし体制を見ると、信者に安物の壷を売りいわば霊感商法で信者を被害者にさせてまで、組織の本質が貢献などとはかけ離れているために社名だけは、、HP内容だけはと、、これは明らかに捏造、誇大内容に値するもの

さてファミリーマート社ファミマは最近この問題にかかわりました。悪の輪にどっぷりと漬かった日本人集団から関わった立場ではなくアメリカ企業経由で加害者となり、まあアメリカ企業に関しては元Bush大統領とお約束したように2度と同じ言動をしなければ,こんな日本人集団が存在しなければ加害者などと呼ばれることはなかったですからと一応許してあげてますが、その経路がアメリカ人でなくても誰でも知るアメリカの大企業経由でかかわりました。

この問題を日本本社に通報するとハウス食品社同様にすぐさまアメリカ社に連絡をいれてくださり、その時点では一応常識ある対応でしたが、、。しかし現地会社ではハウス食品社と同じで、日本サイドに知られたという面子が先に立ち、逆切れをする場合がたたあみられましたね。優良企業とは大小の問題に関わらずでおきた問題は本社に知らせることは当然のことですよ。

例えば私が各企業を訴えた場合、企業を訴えるとなればどこの国でもニュースになりますからね、ましてこんな問題ですからたちまち世界中のニュースになりますでしょ。その際アメリカ社が何故日本本社に報告をしなかったのか?という体制問題にも発展していきますから。隠したがるのは? 疚しいことがなければ堂々と報告ができるということ。し大体こんな問題に関わる会社などは、都合の悪いことはすべて隠すという体制等は初めから解っていますから、当地にあるミツワマーケットの各店長が社長には隠しとおしてきたように。

例えアメリカ駐在員でもこの種類の人間性なら大体同じ言動をするのは鼻からわかっていたということです。自分達から本社に報告をするべきことをされないで棚に上げたまま。ファミリーマート系列ファミマもそれは同じでしたね。ファミリーマート社も社会貢献をする前に社員の教育や会社体制を見直すのが先、自社の問題を棚に挙げておきながら、そんな立場が社会福祉,青少年育成だと乗り出しても、まともな貢献などは出来ないでしょう。

いわばベニヤ板に黄金の用紙を貼り付けたようなもので風が吹けば粗末なベニヤ板だけが残りと、まるで、この問題を作り出した当地にある日系社会のような外見だけは一人前中身は? それがファミリーマート社にも言えること。日本本社に知られたといういわば、事業的の汚点となったことに根に持ち、が、しかしアメリカ社もしぶしぶ動き出し、そして2008年中に第1法的手段をとりましたところ、顧問と名乗る弁護士から圧力の手紙が立会い人のもとに届きました。

真実がない分圧力で阻止次元、Tatsugi弁護士は会社経営専門弁護士ですから、民事範囲の矛盾点などはわかるわけもなく、、、。尚各弁護士には私がこうしてインターネットから公開中だとそれぞれの弁護士にもお知らせしていますが、手も足もでません。動けば自分達でどんな弁護をしたのかと自分で証明するしかなく、自分の悪言動を自分で公言するだけですから、ここで悪的な弁護士と言われても黙っているほうが無難ということです。

ちなみにファミマのTastugi弁護士も資格剥奪申請中です。ファミリーマート社&ファミマの現地社員の粗末な体制がアメリカの弁護士問題にまで発展させたということです。ちなみに真実がない側の弁護士で滑稽だったのは紀伊国屋書店の1番はじめの弁護士でしたね。これもまたファミマの弁護士と同じで、その便箋は「全米各州に事務所があるとこの弁護士全員があなたと戦うことになる」と文章にしてきて、ですから私はその支社があるという州に連絡をし、「あなたも私と戦うそうですがカリフォルニア州まで来るのは大変ですよね」と伝えるとその州の弁護士は「そんな話は聞いていない」と、、

紀伊国屋の弁護士に告げると嘘がバレ、自分はもう紀伊国屋の弁護士ではないから,,と逃げましたね。アメリカ全土に法律事務所の支社がいくつあろうが何人弁護士が存在しようが、私から見たら「だから?」でその感想は終了なのですけどね。真実がない側の無意味な圧力は加害者だと述べているのと同じです。さてファミマの顧問弁護士の手紙の内容は、、、井上史郎&糸数剛一支社長の棚上げが次元が弁護士の文章にて、、続く。May/1/09/--------------------------------

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »